テガラ株式会社 ホーム > ニュースレター > その他 / カゲトーーク > カゲトーーク - 番外編:美味しいレシピ その2 角煮

ニュースレター

カゲトーーク

2013.06.01 [第48号]

カゲトーーク - 番外編:美味しいレシピ その2 角煮


久しぶりのKAGE'S キッチンのお時間です。
今回は角煮に挑戦です。

kagekitchen.jpg


またまた大量に作ったので、材料の分量がハンパないです...。

角煮
【材料 (10人前?)】
-----------------------------------------------
・豚バラ肉ブロック:1500g
・醤油 :大さじ10
・砂糖  :大さじ8
・日本酒 :500cc
・昆布 :50g
・水  :2000cc
-----------------------------------------------


1. 豚肉を食べたい大きさに切り、醤油を加えてよく揉み、10分ほど放置。
(叩いてやわらかくするのもあり!ただし形を意識して)
kage1.jpg


2. 豚肉の各面をフライパンで弱火で焼く。美味しそうな焼き加減でOK!
kage2.jpg


3. 焼いた豚肉を鍋に移す。
(圧力鍋は我が家にない! [ドン!!] )


4. 「1.」で使用した醤油を鍋に加え、10分ほど粗熱を取る。


5. その後弱火で醤油がトロリとするまで、肉と絡ませながら炒める。


6. 醤油がトロリとしたら、日本酒を加え、
10分ほど中火にかけ、アルコールを飛ばす。
kage3.jpg


7. アルコールの香りが無くなったら、砂糖と水を入れる。
水は肉がかぶるくらいまで加え、蓋をするように昆布で覆う。
kage4.jpg


8. 沸騰後、灰汁と脂を丁寧にとりながら、とろ火にて90~120分ほど煮込む。
灰汁とりはお玉で底から汁をすくい、少し冷めると灰汁がまとまるので、
汁を鍋に戻しつつ灰汁だけ捨てる。


9. 今度は肉をひっくり返し、また90~120分ほど煮込む。


10. 十分煮込み終えたら、常温に戻すため、火を止める。


11. 熱がとれたら、再度肉をひっくり返し、冷蔵庫で寝かせる
(時間はお好みで!私は一晩)
ここで昆布を取り出してもよいが、そのまま入れておくと昆布にも味がついて美味!


12. 冷えると、ラードが浮いているので、これを丁寧に取ると、身体に優しい。
( 取り除いたラードの使い道はいろいろだが、結局使わないケースが多い...)


13. 弱火でコトコト煮込みなおし、お好きなように召し上がれ。



ということで、普通の角煮、角煮丼、角煮のお刺身(?)...と
角煮パラダイスを堪能しました。
kage5.jpg kage6.jpg

めちゃくちゃとろとろ!!...とはなりませんが、
歯ごたえも残しつつやわらかく仕上がり、
尚且つ昆布の味が利いている、コクのある角煮に仕上がりました。
昆布は後日のご飯のお供になり、これだけでもご飯が進む進む!!

他にも、スパイスから作ったココナッツミルクカレー、
鍋で作ったパエリア、二度揚げねぎ塩から揚げなどに挑戦してみました。
もしリクエストがございましたら、挑戦し、ここに載せたいと思います。
効率・コスト・時間関係なし。手間の掛かる料理大歓迎です!


ページの先頭へ