テガラ株式会社 ホーム > ニュースレター > 巻頭特集 -旬の話題をお届け- / 産業用PC / 研究用PC > よくニュースサイトで見かける、「Windows ○○のサポート終了」って何?

ニュースレター

巻頭特集 -旬の話題をお届け-

2012.05.01 [第35号]

よくニュースサイトで見かける、「Windows ○○のサポート終了」って何?

ネット上のニュースサイトなどで、
よく「○年○月でWindows ○○のサポートが終了する」という記事を目にすることがあると思います。
しかし実際のところ、サポートの内容がどんなものかご存知でない方も多いのではないでしょうか?
サポートが終了すると何が困るのだろう?と...。

テガラのお客様にはWindows XPをはじめWindows 2000、NT、98など
旧世代のOSを利用している方も多いため、
ここであらためてWindowsのサポート終了とは何なのか?を解説します。


まず、Windowsには「メインストリーム サポート」「延長サポート」という
2種類のサポートが設定されています。
原則として、製品発売から5年間はメインストリーム サポートが、
その後5年間は延長サポートが提供されます。

自動車の保証でも一般保証と特別保証に分かれていますが、
考え方としてはそれに近いかもしれません。
それぞれの内容は以下の通りです。


メインストリーム サポート

メインストリームサポート期間には、提供されているすべてのサポートを
受けることができます。具体的には以下のような内容です。

・セキュリティ更新プログラムの提供
・セキュリティ以外の新しいコンポーネントやService Packの提供
・無償サポート
・有償サポート
・セキュリティ関連以外の修正プログラムのリクエスト


延長サポート

延長サポート期間に入ると、セキュリティ以外の新しいコンポーネントや
Service Packの提供がなくなり、以下のサービスに絞られます。

・セキュリティ更新プログラムの提供
・有償サポート
・セキュリティ関連以外の修正プログラムのリクエスト



おそらく無償サポートや有償サポートを利用している方はそれほど多くなく、
多くのユーザーに影響するのはセキュリティ更新プログラムの提供ではないでしょうか。
延長サポート期間が終了するとすべてのサポートも終了し、
その後はセキュリティ更新プログラムも提供されなくなります。

ただし、その後もWEBサイト上にサポート情報が掲載される
「オンラインセルフヘルプサポート」期間が設定されており、
その期間中であればマイクロソフトのWEBサイトよりサポート情報を入手したり、
過去の更新プログラムをダウンロードすることが出来るようになっています。
「オンラインセルフヘルプサポート」の期間は製品のサポート終了後、
最低12ヶ月となっています。(最長は不明)


top1.jpg
タブレットへの適合を前面に出した「Windows 8」の発売も秒読み段階に入ってきました。
デスクトップOSとしての使い勝手は果たしてどうなのか?
今後のWindows 7やWindows XPの扱いはどうなるのかが気になります。





もしサポートが終了したら...

Windowsのサポートが終了してもそのWindowsが使えなくなるわけではありません。
ただし、新たなセキュリティ上の脅威が発覚したとしても、基本的に対応されなくなるため、
特にインターネットに接続して使用することはあまりおすすめできません。

産業用PCなどで、ネットワークに接続せず完全なスタンドアロンマシンとして利用する場合は、
それほど神経質になる必要はないでしょう。


おもなWindowsのサポート期間

top2_2.jpg






ページの先頭へ