テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス

新着情報

海外製品調達ユニポス

2019.02.15

「TekBox製 EMCプリコンプライアンステスト関連製品」を追加しましたnew


ユニポスWEBサイトに、
TekBox製 EMCプリコンプライアンステスト関連製品 のページを追加しました。


tekbox_img.jpg

製品開発におけるEMCプリコンプライアンステストに関する製品を開発・製造する、
シンガポール TekBox Digital Solutions 社の製品を取り扱っています。


近磁界プローブ やLISN(電源インピーダンス安定化回路網)、
RFアンプなど、様々な製品ラインアップがございますので、
お問い合わせの際にはご希望の製品名や型番をお知らせください。




【取り扱い製品の一例】

TBPS01-TBWA2_img.jpg

TBPS01-TBWA2/40dB
- EMC Near-field Probe Set + 40dB Wideband Amplifier

放射エミッションのEMCプリコンプライアンス測定のための
4種類の磁界/電解プローブ(H20, H10, H5, E5)と40dBの広帯域アンプのセット


TBCP1-150_img.jpg

TBCP1-150
- RF Current Monitoring Probe

TEKBOXのEMCプリコンプライアンステスト製品の範囲を拡張する固定しぼりのRF電流監視プローブ。
およそ150MHzの3dB帯域幅をもっており、
10kHz~250MHzの周波数範囲に対し特徴づけられ使用可能です。



こちらでご紹介した製品は取り扱い実績のある製品の一例です。
この他の製品につきましても、お気軽にお問い合わせください。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
TekBox 製品 / EMCプリコンプライアンステスト関連製品
メーカー (TekBox Digital Solutions) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.02.15

XAFS, XANES 等のX線吸収スペクトル 第一原理計算プログラム「FEFF9」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
XAFS, XANES 等のX線吸収スペクトル 第一原理計算プログラム
FEFF9 のページを追加しました。


feff_img.jpg

FEFF9 は、
米国 ワシントン大学のJohn J. Rehr教授の研究グループにより開発されている、
XAFS(X線吸収微細構造)やXANES(X線吸収端近傍構造)、
その他様々な原子クラスタのスペクトルに対する
第一原理(ab initio) 多重散乱計算のための自動プログラムです。

Linux, Mac, Windows に対応し、最新版であるFEFF9 には GUIが付属しています。


最新版FEFF9 について
Includes manypole self energy, RPA screened core hole, k-space calculation,
EELS, NRIXS, JFEFF GUI, and improved Debye Waller treatment.



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
FEFF9|XAFS, XANES 等のX線吸収スペクトル 第一原理計算プログラム
メーカー (The FEFF Project - University of Washington) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.02.13

ラジコンカー向けDIY自動運転プラットフォームキット「Donkey Car Starter Kit」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
ラジコンカー向けDIY自動運転プラットフォームキット
Donkey Car Starter Kit のページを追加しました。


donkey_car_starter_kit.jpg

Donkey Car Starter Kit は、ラジコンカーなど小型自動車向けの
オープンソースのDIY自動運転プラットフォームである
Donkey Car を利用するのに適したパーツ一式のキットです。

Pythonで書かれた自律運転ライブラリとカメラ付きのRaspberry Piにより、
これらを搭載したラジコンカーが走行パターンを学習し、自律走行を実施します。

Donkey Carでの動作確認がされたラジコンカーベースや
Raspberry Pi、組み立てに必要な細かいアクセサリも含まれているため、
Donkey Carの入門セットとして最適です。

Donkey Car についての詳細はこちら





Donkey Car Starter Kit - Full Kit

セット内容

・HSP 94186 Brushed RC Car
...An RC car fully tested with the Donkey Car platform
・3D Printed Top Cage (in White)
・Laser-cut Base Plate (in White)
・Raspberry Pi 3B
...The brain of the self driving RC car
・Wide Angle Raspberry Pi Camera
...The eye of the self driving RC car
・16GB Micro SD Card ※
...Storage for the Donkey Car platform and enough to hold training data for autonomous driving
・Servo Driver PCA 9685
...Controls the throttle and steering of the RC car
・DC-DC 5V/2A Voltage Converter
...Provides power from the RC car battery to the Raspberry Pi
・All other accessories
...Wires and screws to build the Donkey Car

※付属の Micro SD Cardは Donkey Car(stable version)のコードがロードされた状態でお届けします



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Donkey Car Starter Kit / ラジコンカー向けDIY自動運転プラットフォームキット
メーカー (Robocar Store) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.02.11

Dual IR 3Dステレオカメラ「MYNT EYE S」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
Dual IR 3Dステレオカメラ MYNT EYE S のページを追加しました。

mynteye_s_img.jpg
MYNT EYE S は、
グローバルシャッタータイプのデュアルIRデプスカメラです。

IMUを搭載し、モノクロ140°の広い視野角での
752×480@60fps 撮影が可能なため、ドローンへの搭載をはじめ
マッピング用途やAR/VRアプリケーション向けに適しています。

メーカー提供のMYNT EYE SDKにより視差画像(get_disparity.cc )、
デプス画像(get_depth.cc)、ポイントクラウド(get_points.cc)、
IMUデータ(get_imu.cc)を出力可能です。


【MYNT EYE S 仕様】

・Resolution :
- Stereo 752 x 480 @ 60 FPS
- Depth 752 x 480 @ 60 FPS

・FOV(D×H×V) : 140°×120°×75°

・Range : 0.5 ~ 18 m +

・Motion
- Six Axis IMU
- 100/200/250/333/500 hz Frequency
- IMU&Frame Sync <1ms

・Dimensions :
- PCB : 149 x 24 mm / 85g
- With Casing : 165 x 31 x 30 mm / 200g

・IR Light : Quad Module
・Output : Raw Data Interface USB 3.0
・Power : 3.5 W @ 5V DC by USB



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
MYNT EYE S / Dual IR 3Dステレオカメラ
メーカー (MYNT EYE) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.02.07

【ワークショップ情報】Song Meter / Kaleidoscope Pro @ 米国/カナダ


野生動物の音声や超音波を記録するレコーダー Song Meter シリーズを開発する
Wildlife Acoustics 社主催のワークショップ情報です。

本ワークショップでは
Song Meterで取得したコウモリの超音波や音響データの分析ソフトウェア
Kaleidoscope Pro での音響分析や高度な機能について取り上げられます。


■ 該当製品の詳細はこちら
Song Meter / 野生動物の音声や超音波を記録するレコーダー (ユニポス製品ページ)
メーカー(Wildlife Acoustics, Inc.) WEBサイト


wildlife_acoustics_ws.jpg


場所 : Gainesville, FL, USA
日程 :
2019年3月6日 : Kaleidoscope Pro 5 for Bat Research
2019年3月7日 : Kaleidoscope Pro 5 for Non-Bat Research


場所 : Toronto, Ontario, Canada
日程 :
2019年3月27日 : Kaleidoscope Pro 5 for Bat Research (満席)
2019年3月28日 : Kaleidoscope Pro 5 for Non-Bat Research (満席)
2019年3月29日 : Kaleidoscope Pro 5 for Bat Research


■ Kaleidoscope Pro 5 for Bat Research ワークショップについて

- Introduction to the basics of sound and ultrasound.
- Full spectrum and zero crossing technologies.
- How to use Kaleidoscope Viewer to analyze full spectrum and zero crossing recordings.
- How to use bat auto ID classifiers, p-values, and powerful manual verification workflows and tools for presence/absence surveys.
- How to use ultrasonic clustering to survey bat acoustic diversity.
- Understanding how Kaleidoscope clustering and classification works.
- Meta data sources, customization and applications.
- How to use Kaleidoscope Managed Cloud Accounts for searchable databases, storage and computing.


■ Kaleidoscope Pro 5 for Non-Bat Research ワークショップについて

- Introduction to the basics of sound.
- How to use Kaleidoscope Viewer to analyze recordings.
- How to use acoustic clustering to survey site diversity.
- How to build and tune acoustic classifiers.
- Understanding how Kaleidoscope clustering and classification works.
- How to use the noise analysis module to measure sound pressure levels.
- Meta data sources, customization and applications.
- How to use Kaleidoscope Managed Cloud Accounts for searchable databases, storage and computing.


Wildlife Acoustics 社によるワークショップ情報は下記リンクをご参照ください
Upcoming Training Courses | Wildlife Acoustics



テガラではこういった海外メーカーの実施する
ワークショップやセミナー、トレーニングへの
申し込み・参加費の支払い手続きのお手伝いもいたします。

ご興味のあるワークショップ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ