テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報

新着情報

研究PC関連更新情報

2018.04.24

【新着事例】4Kビデオ編集用ワークステーション例new


テグシスWEBサイトに、
「4Kビデオ編集用ワークステーション例 (予算200万)」の事例をアップしました。


pc-5801_img2.jpg

お客様より4Kビデオ編集用ワークステーション導入のご相談をいただきました。

・コア数は20コア前後
・作業領域のR/Wは
できるだけ高速なもの
・外部接続用に
Thunderbolt3、10GbEに対応している必要がある
・パラメータシート希望

といったご要望を頂きましたので、これらご指定のスペックを満たした構成としています。


またデータ用のストレージはシステムと別にし、
速度を重視したM.2のNVMeの3枚構成としています (RAID0で約6TBとなります)。
構成的には4枚まで取付可能ですので、予算が許すようでしたら+1枚で
さらに高速化、容量UPも可能です。

なおビデオ(Quadro P4000) に関しましては4K出力用としては問題ありませんが、
GPU性能を要するソフトウェア等をお使いになる場合は
さらに上位のモデルがお勧めとなる可能性がありますので、ご相談下さい。


【主な仕様】

CPU Xeon Processor W-2195 (2.30GHz 18コア)
メモリ 128GB  (REG ECC 32GB × 4)
ストレージ システム:SSD 500GB (SATA)
データ:SSD 2TB Samsung 960PRO × 3  (RAID0/約6TB)
RAID HighPoint SSD7100 NVMe M.2 RAID controller
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA Quadro P4000 8GB
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) +850W
OS Windows 10 Professional  64bit
I/F Thunderbolt 3.0 PCI-E 追加カード
Intel 10Gbase-T PCI-E 追加カード
その他 パラメータシート発行



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
4Kビデオ編集用ワークステーション例 (予算200万)

研究PC関連更新情報

2018.04.12

テガラのスタンダードPC「TEGSTAR」のプロフェッショナルモデルの仕様を更新しました


手軽にご購入いただけるテガラ製カスタムPCのスタンダードモデル
TEGSTAR」シリーズのプロフェッショナルモデルの仕様を更新しました。


tegstar_pro_logo.jpg

TEGSTAR Professional は、
「デスクトップで快適に使える高性能PC」が欲しい方におすすめのモデルです。
コンパクトながら拡張性も高いミニタワー筐体を採用しています。



mini_tower.jpg

TEGSTAR Proffesional モデル


標準仕様: 116,000円 (税別)

OS : Microsoft Windows 10 Professional 64bit
CPU : Core i5 8400 2.80GHz/9MB 6コア
チップセット :  Intel H370
メモリ : 8GB DDR4-2400 4GB ×2
HDD : HDD 1TB S-ATA
グラフィック : on board (DVI-D×1 VGA×1 HDMI×1)
ネットワーク : 10/100/1000Base-T x1
外部I/F : USB2.0 x2 / USB3.0 x2 / USB3.1 x1(TypeA) / USB3.1 x1(Type-C)
内部I/F : PCI-E Gen3.0x16 (1) / Gen3x2 (1) / Gen3x1 (2) / S-ATA 6G x6
筐体/電源 : ミニタワー型 / 400W電源搭載
外形寸法 :  幅180x高363x奥行370(mm)
入力デバイス : スクロールマウス / USB日本語キーボード
保証期間 : 1年間(延長保証サービスあり)

tegstar_pro_1804_backpanel.jpg
※バックパネル




TEGSTAR シリーズは、
WEB上で主要な仕様の構成を変更した場合の金額目安をシミュレーションでき、
またそのままフォームからお問い合わせいただくことができます。

詳細はこちら↓
tegstar_series.png
研究PC関連更新情報

2018.03.22

高性能ワークステーション RADICのGPGPUモデルの仕様を更新しました


計算・実験・解析といった科学技術用途にて最高の性能を求める
研究者・開発者さま向け高性能ワークステーションシリーズ「RADIC」の
GPGPUモデルの仕様を更新しました。


【GPGPU モデルのポイント】

- 200万円台のご予算で、GPGPUでの計算をお考えの方に適したワークステーション

- CPUの選択肢の多い2CPUモデル。コア数は最大56コアで、GPGPUが苦手とする計算でも十分な性能を発揮

- 通常のワークステーションなどでは利用できない、専用の冷却機構を必要とするパッシブクーラータイプの
TESLAシリーズを最大4枚まで搭載可能

radic_gpgpu1803.jpg

RADIC GPGPU モデル
- インテル Xeon スケーラブル・プロセッサシリーズ

GPGPUによる並列演算に最適な超高速ワークステーション。
CPUも2個搭載し汎用演算にも力を発揮。

標準仕様: 2,397,000円 (税別)

OS : Ubuntu 16.04 プリインストール
CPU : Intel Xeon Silver 4116 2.10GHz 12コア × 2 (TurboBoost時 3.00GHz)
チップセット : Intel C612
メモリ : 192GB DDR4 2666 REG ECC (16GB×12枚)
SSD : SSD 500GB S-ATA
HDD : HDD 1TB S-ATA
GPU : TESLA P100 16GB × 1 (GPUは最大4枚まで搭載可能)
外部I/F : USB2.0 x2 / USB3.0 x2 / シリアルポートx1
内部I/F : PCI-E (x16スロット) x6 / (x4スロット) x1 / S-ATA x10
筐体/電源 : タワー型 / 2200W電源搭載 (100V利用時は1200Wまで)
外形寸法 : 幅178x高さ462x奥行673(mm)
入力デバイス : スクロールマウス / USB日本語キーボード
保証期間 : 1年間(延長保証サービスあり)
備考 : Linux OS選択の場合は、NVIDIA CUDA Toolkit をインストールしてお届けします



RADICシリーズのワークステーションは、
WEB上で主要な仕様の構成を変更した場合の金額目安をシミュレーションでき、
またそのままフォームからお問い合わせいただくことができます。

詳細はこちら↓
radic_logo.png



研究PC関連更新情報

2018.03.13

【テグシス】研究用・産業用PCの製作・販売サービス WEBサイトをリニューアルしました


平素は格別なお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

このたび、テガラ株式会社は運営WEBサイト
「研究PCおてがら屋」「産業PCおてがら屋」の2つを統合し、
研究用・産業用PCの製作・販売サービス「TEGSYS -テグシス-」として
WEBサイトをリニューアルいたしました。

tegsys_top.jpg


新WEBサイトURL : https://www.tegsys.net


PCの提案事例という形で
弊社のご提供するサービスをご紹介するというスタイルは変わらず、
情報をより探しやすく、見やすく再構築し、
ユーザー様にとってより使いやすいWEBサイトを目指しました。

是非一度、生まれ変わったWEBページをご覧いただけますと幸いです。


今後も一段とサービスの質を高め、
お客さまのご期待にお応えできるよう鋭意努力していく所存です。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


2018年3月13日
テガラ株式会社


研究PC関連更新情報

2018.03.13

【3月のおすすめ情報】高性能ワークステーション「RADIC シリーズ」に RADIC DeepLearningモデル が追加となりました


recommends_mar2018_eyecatch.jpg

【3月のおすすめ情報】

高性能ワークステーション「RADIC シリーズ」に
RADIC DeepLearningモデル が追加となりました!



計算・実験・解析といった科学技術用途にて最高の性能を求める
研究者・開発者さま向け高性能ワークステーションシリーズ「RADIC」に
新しく ディープラーニング向けのモデルが追加されました。


【DeepLearning モデルのポイント】

- ミドルタワー筐体に最大3枚のGPUを搭載可能で、
 ご予算・ご用途に合わせてGPUの種類、枚数を選択していただけます

- 代表的な利用環境であるNVIDIA社のCUDAの利用環境としてCUDA Toolkit をインストールしています

- メモリは最大512GB (64GB×8)搭載可能です

- CPUは4コア~18コアのXeon
を選択していただけます


define_r5_tegsys.jpg

RADIC DeepLearning モデル
- インテル Xeon W プロセッサシリーズ

GPUを3枚まで搭載可能なディープラーニング向けワークステーション。
CUDA Toolkit をインストールしてお届け。

標準仕様: 1,002,000円 (税別)

OS : Ubuntu 16.04 プリインストール
CPU : Intel Xeon Processor W-2135 3.70GHz 6コア (TurboBoost時 4.50GHz)
チップセット : Intel C422
メモリ : 128GB DDR4 2666 REG ECC (32GB×4枚)
SSD : SSD 250GB S-ATA(OS、アプリケーション用)
HDD : HDD 1TB S-ATA(データ保存用)
GPU : NVIDIA Geforce GTX1080Ti 11GB ×3枚
外部I/F : USB3.0 x4  USB2.0 x4  USB3.1 x2
内部I/F : PCI-E (x16スロット) x3 / PCI-E (x4スロット) x1 / S-ATA(6) / M.2 x2
筐体/電源 : ミドルタワー型 / 1500W電源搭載
外形寸法 : 幅232x高さ451x奥行521(mm)
入力デバイス : スクロールマウス / USB日本語キーボード
保証期間 : 1年間(延長保証サービスあり)
備考     NVIDIA CUDA Toolkit インストール済



RADICシリーズのワークステーションは、
WEB上で主要な仕様の構成を変更した場合の金額目安をシミュレーションでき、
またそのままフォームからお問い合わせいただくことができます。

詳細はこちら↓
radic_logo.png


recommends_mar2018_bana.png

※ユニポスWEBサイト内のバックナンバーまとめページへ移動します


ページの先頭へ