テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報

新着情報

研究PC関連更新情報

2019.02.12

【新着事例】構造格子系汎用ソフトウェア向けWS例 (予算60万)new


テグシスWEBサイトに、
「構造格子系汎用ソフトウェア向けWS例 (予算60万)」の事例をアップしました。


pc-6596.jpg

お客様より、流体解析ソフトSTREAM での
解析用途のワークステーションのご相談を頂きました。

CPUについてはコア数よりクロックが重要で、
またメモリ容量は多いほうが良い...というお客様のご要望を満たすため、
ご予算60万円以内で、CPUクロックの高さとメモリ搭載量の
バランスを取った構成でご提案しました。

クロックを重視した場合には他のCPUも候補にあがったのですが
その場合メモリ搭載量の上限が64GBとなってしまうため、
メモリを128GB搭載可能な以下の構成でのご注文をいただきました。


【主な仕様】

CPU Core i9 9900X (3.50GHz 10コア)
メモリ 128GB (16GBx8)
ストレージ M.2 SSD 512GB
ビデオ NVIDIA Quadro P2000
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +850W
OS OS無し


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
構造格子系汎用ソフトウェア向けWS例 (予算60万)

研究PC関連更新情報

2019.01.25

【新着事例】マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例 (予算200万)


テグシスWEBサイトに、
「マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例(予算200万)」の
事例をアップしました。


pc-6523.jpg

お客様より、使用ソフトウェア STAR-CCM+(将来的にはparticleworks)を
使用するためのワークステーションPC(予算200万)のご相談を頂きました。

コア数は出来るだけ多く、ストレージは最低10TBの容量、
かつ、将来的にGPUを追加できるよう、拡張性も残したいとの
お客様のご希望を満たした構成でご提案しました。

20コアのCPUを2基(合計40コア)搭載しており、
メモリに関しては、コア数が多い構成なため、
CPUへのメモリ帯域を優先し、192GB(1CPUあたり6枚構成)としています。

GPUについては、計算用兼用として、将来的にQuadroの上位モデルを
増設可能となっております(*TESLAの増設には対応できません)。

【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6148 (2.40GHz 20コア) x2 (合計40コア)
メモリ 192GB (16GBx12) ECC REG
ストレージ システム:SSD 1TB
データ:HDD 10TB (SATA)
ビデオ NVIDIA Quadro P2000
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行 647 mm) + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例(予算200万)

研究PC関連更新情報

2018.11.19

【新着事例】2次元データ画像解析用PC例


テグシスWEBサイトに 「2次元データ画像解析用PC例」の事例をアップしました。

pc-6329.jpg

画像解析ソフト ImageJ および、
お客様自作のMATLABを用いたソフトウェアを用いての
X線CTの二次元データ画像解析を行うためのPCのお問い合わせを頂きました。

X線CTのスライスデータをImageJを用いて読み込み、
スタックして3Dで表示することを主な用途としてうかがっています。
また、X線散乱の時分割2次元検出器データから
MATLABを用いた自作ソフトウェアにて 散乱強度を読み出し、
その時間変化を抽出したいというご要望もいただきました。

処理する画像データの容量、枚数が多いため、
高性能なCPU、ビデオカードに加え
メモリは64GB以上をご希望いただいておりましたので、
ご希望のご予算50万円以内でご希望のメモリ64GBを搭載し、

CPU、ビデオカードのバランスを取った仕様でご提案しました。


【主な仕様】

CPU Core i9 9900K (3.60GHz 8コア)
メモリ 64GB (16GBx4)
ストレージ M.2 SSD 1TB
ビデオ NVIDIA Geforce RTX 2080
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +850W
OS Windows 10 Professional 64bit


処理の性質上、メモリ容量は重要となることが推察されますが、
今回ご提案の構成は
64GBがメモリ最大搭載容量となります。
メモリ容量を後に追加することも想定される場合は、
CPU、ビデオカードのスペックを落とすことで、ご予算内で
後にメモリ容量を追加することのできる構成に変更することも可能です。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
2次元データ画像解析用PC例 (予算50万)
研究PC関連更新情報

2018.11.09

テガラのスタンダードPC「TEGSTAR」のプロフェッショナルモデルの仕様を更新しました


手軽にご購入いただけるテガラ製カスタムPCのスタンダードモデル
TEGSTAR」シリーズのプロフェッショナルモデルの仕様を更新しました。
CPUに第9世代 Intel Core プロセッサ
Core i5 9600K / Core i7 9700K / Core i9 9900K を選択できるようになりました。


tegstar_pro_logo.jpg

TEGSTAR Professional は、
「デスクトップで快適に使える高性能PC」が欲しい方におすすめのモデルです。
コンパクトながら拡張性も高いミニタワー筐体を採用しています。



mini_tower.jpg

TEGSTAR Proffesional モデル


標準仕様: 116,000円 (税別)

OS : Microsoft Windows 10 Professional 64bit
CPU : Core i5 8400 2.80GHz/9MB 6コア
チップセット :  Intel H370
メモリ : 8GB DDR4-2400 4GB ×2
HDD : HDD 1TB S-ATA
グラフィック : on board (DVI-D×1 VGA×1 HDMI×1)
ネットワーク : 10/100/1000Base-T x1
外部I/F : USB2.0 x2 / USB3.0 x2 / USB3.1 x1(TypeA) / USB3.1 x1(Type-C)
内部I/F : PCI-E Gen3.0x16 (1) / Gen3x2 (1) / Gen3x1 (2) / S-ATA 6G x6
筐体/電源 : ミニタワー型 / 400W電源搭載
外形寸法 :  幅180x高363x奥行370(mm)
入力デバイス : スクロールマウス / USB日本語キーボード
保証期間 : 1年間(延長保証サービスあり)

tegstar_pro_1804_backpanel.jpg
※バックパネル




TEGSTAR シリーズは、
WEB上で主要な仕様の構成を変更した場合の金額目安をシミュレーションでき、
またそのままフォームからお問い合わせいただくことができます。

詳細はこちら↓
tegstar_series.png
研究PC関連更新情報

2018.10.29

【新着事例】VR利用に適したマシンの例 (予算40万)


テグシスWEBサイトに
「VR利用に適したマシンの例 (予算40万)」の事例をアップしました。


pc-6249.jpg

VRヘッドマウントディスプレイ 「HTC Vive Pro」を用いて
VRを利用するのに適したマシンのお問い合わせをいただきました。

ご相談をいただいた時点での弊社よりご提案可能な最新スペックとして、
Core i7 9700K や Geforce RTX 2080 を搭載することを想定し、構成をご案内しました。

快適性を高めるため、VR利用のみのスペックとしては高めでのご提案としております。

なお開発環境としてもご利用される場合は、
環境に合わせてさらにスペックを上げた構成でのご提案も可能です。


【主な仕様】

CPU Core i7 9700K (3.60GHz 8コア)
メモリ 32GB (16GBx2)
ストレージ M.2 SSD 512GB
ビデオ NVIDIA Geforce RTX 2080
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +650W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
VR利用に適したマシンの例 (予算40万)

ページの先頭へ