テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報

新着情報

研究PC関連更新情報

2019.12.29

冬季休業のお知らせ 12月29日(日)~1月5日(日)new


拝啓

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながらテガラ株式会社は、下記の期間、年末年始のお休みとなります。


2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)

※休業中も、FAX・メールは休まずお受け致しておりますが、
お問い合わせへのご返答は1月6日 (月)以降となります。



来年もテガラをどうぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

研究PC関連更新情報

2019.11.14

【新着事例】電磁界解析用ワークステーション例(予算200万)

テグシスWEBサイトに、
「電磁界解析用ワークステーション例(予算200万)」の事例をアップしました。


pc-7243_img.jpg

お客様より、RSoftを用いた電磁界解析、特に計算負荷の大きい
FDTD(時間領域差分)をより高速に計算し、
かつLightTools、Zemax、MATLAB、FloTHERMといったソフトウェアも
並行で利用することを想定したワークステーションの導入を検討している
とご相談をいただきました。

マルチプロセッサ(並列)処理に対応している、RSoft FullWAVE を
お使いになられる前提で、コア数を重視した構成としております(※)。
またWindowsの場合、プロセッサグループの関係上、64スレッドまでの対応
といったソフトウェア (今回ご利用のソフトウェア候補である Zemax等)
もあるため、使用想定ソフトウェア全体を加味し、
今回は64スレッド付近での動作クロックを優先した仕様といたしました。

スレッド上限を加味せず、最大コア数や、データ用のストレージを
増やすことも可能ですので、別途お問い合わせください。

※マルチプロセッサ(並列)処理対応ソフトウェアは、
 コア数が多いほうが計算効率が上がり、結果を取得するまでの時間が
 短くなる(早くなる)傾向があります


【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6254 (3.10GHz 18コア、36スレッド) x 2 (合計36コア、72スレッド)
メモリ 384GB ECC REG
ストレージ SSD 1TB S-ATA
ビデオ Quadro P620
ネットワーク GigabitLAN x 2
筐体+電源 ミドルタワー筐体(幅200x高さ430x奥行560mm ※前面パネル含まず)+1000W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
研究PC関連更新情報

2019.10.29

【新着事例】特定用途向け開発用マシン例(Windows 10 IoT)

テグシスWEBサイトに、
「特定用途向け開発用マシン例(Windows 10 IoT)」の
事例をアップしました。


pc-6334_img.jpg

お客様より、制御用拡張カード(PCI-Ex1)を使用するためのスロットがある
Windows IoT を使用した組み込み開発用のデスクトップ型PCを検討している
とご相談をいただきました。

ご指定の要望を満たした仕様にてご提案させていただきました。

特定用途に向けた長期サポートと、固定バージョン運用に最適な
Windows IoTライセンスも、もちろん取り扱っております。
ぜひ、お気軽にお問合せください。


【主な仕様】

CPU Core i3 8100 (3.60GHz 4コア)
メモリ 8GB (4GB x 2)
ストレージ 1TB ニアラインHDD (S-ATA)
ビデオ NVIDIA Quadro P400
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミニタワー筐体 (180x363x370 mm) +400W
OS Microsoft Windows 10 IoT Enterprise LTSB 64bit Value


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら

>>全文を読む

研究PC関連更新情報

2019.10.22

【新着事例】HSPiP向けワークステーション例


テグシスWEBサイトに、
「HSPiP向けワークステーション例」の事例をアップしました。


pc-7225_img.jpg

ユニポス事業部で取り扱っている ハンセン溶解度パラメータソフトウェア
HSPiP (Hansen Solubility Parameter in Practice)」 とセットで
ご利用いただけるワークステーションのご提案事例です
(2015年に掲載した事例、PC-3433 の後継版となります)。

HSPiPはヨーロッパで開発されたソフトのため
OSは英語版としておりますが、日本語版での構成も可能です。


【主な仕様】

CPU Core i9 9900K (3.60GHz 8コア)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 500GB (S-ATA)
ネットワーク GigabitLAN x1
ビデオ NVIDIA Quadro P620
筐体+電源 ミニタワー筐体 (幅 180 x 高さ 363 x 奥行 370 mm) + 400W
OS Windows 10 Professional 64bit 英語版


HSPiP ソフトウェア自体のバンドルも含め、
ご案内を承っておりますので、お気軽にご相談ください。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
HSPiP向けワークステーション例

■HSPiPの詳細、お問い合わせはこちら
Hansen Solubility Parameter in Practice (HSPiP)
開発者 (Charles M. Hansen) WEBサイト


研究PC関連更新情報

2019.09.01

【重要】消費税率変更に関するお知らせ


logo_tegara.png


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2019年10月1日より消費税率が10%へ変更されます。
それに伴いまして弊社では
改正消費税法に基づき、以下の通りに対応させていただきます。


2019年9月30日までに納品・検収完了
→ 旧税率 8%でのご請求

2019年10月1日以降に納品・検収完了
→ 新税率 10%でのご請求


なお、納期遅延の発生等により、
2019年9月30日以前に納品予定であった商品が
2019年10月1日以降の納品となった場合につきましても、
同様に新税率 10%でのご請求となります。

また、商品代金を2019年9月30日以前にご入金頂いた場合であっても、
商品の納品が2019年10月1日以降となる場合には、
新税率 10% と 旧税率 8% の差額を別途ご請求申し上げます。

恐れ入りますが、何卒ご承知おきのほどお願い申し上げます。


今後とも変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。

2019年9月 テガラ株式会社


ページの先頭へ

月別アーカイブ

2019
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2018
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2017
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2016
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2015
12
11
10
9
8
7
6
5
4
2
1
2014
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2013
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2012
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2011
12
6
  • TEGSYS 研究用・産業用PCの製作・販売サービス
  • テガラの研究開発向け海外製品調達・コンサルテーションサービス「ユニポス」