テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋

新着情報

研究PCおてがら屋

2018.02.21

【新着事例】TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例new


研究PCおてがら屋に、
「TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例」の事例をアップしました。


pc-5562.jpg

ディープラーニングWS - TITAN Xp 3枚搭載事例 をご覧になったお客様より、
TITAN V を4枚搭載した構成の
ディープラーニングWSのお問い合わせをいただきました。
100V 電源でのご利用をご希望で、ご予算は300万円ほどとご要望をいただき、
これに沿う形で構成を提案させて頂きました。

GPUの入手状況がシビアな状況が続いていることもあり (2018年2月時点)、
早めの部材確保・ご依頼をいただきました。


【主な仕様】
Core i7 6950X (3.00GHz 10コア) / メモリ 128GB / SSD 500GB /
GigabitLAN x2 / TITAN V 12GB x4 / キューブ筐体+1500W /
Ubuntu 16.04 64bit / CUDA Toolkit インストール


ベースは

CUDA ToolKit & DIGITS インストール済 ディープラーニングWS ですが、
GPUがTITAN Vの場合、CUDA Toolkit 9での対応となる関係上、
DIGITSのインストールに関しては別途ご相談となります。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例
研究PCおてがら屋

2018.02.16

【新着事例】TESLA P100搭載ディープラーニング用WS例


研究PCおてがら屋に、
「TESLA P100 搭載ディープラーニング用WS例」の事例をアップしました。

pc-5363.jpg

お客様よりDeepLearning用のワークステーションのご相談をいただきました。
ご利用環境のヒアリングの結果、
半精度計算、ビデオメモリの容量に優れた
TESLA P100搭載のマシンにてご提案いたしました。

【主な仕様】
Xeon E5-2680v4 (2.4GHz 14コア)x2 / メモリ 128GB ECC REG
システム:SSD 960GB + データ: HDD 2TB / GigabitLAN x2
TESLA P100 16GB +GPU Kit / 4Uタワー筐体+2000W冗長電源 (100V時1000W)
Ubuntu 16.04 64bit / CUDA Toolkit インストール


注意事項として、
冷却機構の問題により、P100とGeForce等のビデオカードとの混在は
基本的には不可となります。

また、本マシンに搭載しているTesla P100は
Ubuntu 16.04との組み合わせではGUIでログインすることができません。
GUI環境での作業が必要な場合は別途ビデオカードが必要となります。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
TESLA P100搭載ディープラーニング用WS例

研究PCおてがら屋

2018.02.08

【新着事例】BrainVoyager向けPC例


研究PCおてがら屋に、「BrainVoyager向けPC例」の事例をアップしました。

pc5513_img.jpg

ユニポスで取り扱いのある、
脳機能イメージングソフトウェア BrainVoyager の購入と合わせて、
ソフトウェアをインストールし使用するためのPCのご相談をいただきました。
PCに割り当て可能なご予算は40万円ほどということで、
ご予算内で出来る限り適した構成とさせていただきました。

【主な仕様】
Core i7 7820X (3.60GHz 8コア) / メモリ 32GB /
システム:SSD 500GB + データ: HDD 2TB / GigabitLAN /
Geforce GTX 1080Ti / ミドルタワー筐体+650W / Windows 10 Pro 64bit


BrainVoyagerは、
マルチコア・GPU計算が有効なソフトウェアですので
ご予算次第ではさらなる速度アップも見込めるかと思われます。
お客様のご予算、ご要望に合わせてご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
BrainVoyager向けPC例

■ BrainVoyagerについてはこちら
BrainVoyager | 海外ソフトウェアの購入なら「ユニポス」

研究PCおてがら屋

2018.01.27

CPUの脆弱性( CVE-2017-5754(Meltdown)/CVE-2017-5715および CVE-2017-5753(Spectre) )対応についてのお知らせ


【お知らせ】

投機的実行機能を持つ CPU に対してサイドチャネル攻撃を行う手法が
複数の研究者によって報告されています
(JVNVU#93823979(CVE-2017-5715、CVE-2017-5753、CVE-2017-5754)





脆弱性の概要
今回指摘された脆弱性をついた攻撃を受けた場合に、
対象装置内のメモリのデータを不正に取得されてしまう可能性があります。

※悪意のあるプログラムがシステム上で実行されない限りは、本脆弱性による被害に遭うことはありません。
※本脆弱性によるデータの改ざんの可能性はありません。




当問題に対する対策
当問題への対策が行われたBIOSバージョンへのアップデートと、
ご利用のオペレーティングシステムのセキュリティパッチの適用が必要になります。

ご利用中のマシンのBIOSリリース状況に関しましては、
下記マザーボードメーカーのリリース状況をご確認ください。

BIOSアップデートに関するご注意:
BIOSアップデート作業はお客様自己責任による作業とさせていただきます。
基本的にBIOSアップデート後はBIOS設定が初期化されますので、
必要に応じ、BIOS設定のバックアップ、再設定をお願いいたします。
万一、書き換えに失敗した場合、有償での修理または修理不可となる場合がございますのでご注意ください。

アップデートによる影響につきまして:
今回のアップデートを適用することにより、お客様環境によりましては
処理性能の低下といった影響が発生する可能性がございます。
適用に当たりましては、お客さま環境での運用状況、ご判断のうえ、適用お願いいたします。


Supermicro製品:
https://www.supermicro.com/support/security_Intel-SA-00088.cfm

アップデート手順はこちらをご参照ください (PDFダウンロード)
https://www.tegara.com/download/SupermicroBIOS_flow_tegara.pdf


■ASUS製品:
https://www.asus.com/News/8IAtizQDZJOryjPh

アップデート手順に関しましては、PC同梱のマニュアルをご参照ください。
マニュアルはメーカーサイト(https://www.asus.com/jp/support/)よりダウンロードも可能です。




ご利用いただいておりますPCのマザーボードの型番が不明な場合や、
上記メーカー以外のマザーボードをご利用のお客様につきましては、
下記ページご参照の上、シリアルナンバーのご確認をいただき、弊社サポートまでご連絡ください。
https://www.tegara.com/tegstar/support.htm




研究PCおてがら屋

2018.01.23

【新着事例】地殻変動データ解析用高速ストレージPC例 (予算100万)


研究PCおてがら屋に、
「地殻変動データ解析用高速ストレージPC例 (予算100万)」の
事例をアップしました。


pc-5395.jpg

地殻変動データの解析および図版の作成のルーチン処理のための
マシンのお問い合わせを頂きご提案した事例です。

CPU・メモリの性能は必要ではないが、
サイズの小さなファイルが多数作成されるため、
IO(入出力)が高速な仕様で、
ストレージは使用可能量として6TB以上、可能な限り大容量にしてほしい
...というご要望をいただきました。


こちらの構成では、
パフォーマンスと単一のストレージ容量 (6TB以上)の条件を満たすため、
データバックアップを前提に、データ用のストレージをRAID0 としています。
また、RAIDカードを利用することにより、処理をCPUより切り離すことはもちろん、
カード側のキャッシュにて小サイズのIOをバッファリングすることでの
スループット向上を想定しています。



【主な仕様】
Core i5 8400 (2.80GHz 6コア) / メモリ 32GB / GigabitLAN
システム:SSD 250GB + データ:SSD 1.9TB x5 (RAID0)
MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / ミドルタワー筐体+650W / Fedora 27


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
地殻変動データ解析用高速ストレージPC例 (予算100万)

ページの先頭へ