海外製品調達ユニポス

2019.07.22

3Dセンシング技術を搭載した低コスト(屋内向け)のデプスカメラ「Intel RealSense Depth Camera SR305」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、
3Dセンシング技術を搭載した低コスト(屋内向け)のデプスカメラ
Intel RealSense Depth Camera SR305 のページを追加しました。


depth_camera_sr305_img.jpg

「SR305」は、薄さが僅か12mm(※)と省スペース型で、短距離屋内用途の
Intel社の Coded Light Camera です
(※マウントブラケット除く)
前面カメラとして設置し、被写体の光(明暗)をコード化し、顔や手の動作といった
ユーザー自身の 三次元データの認識に特化したカメラです(SR300の後継機種)。
顔の分析と追跡、スキャンとマッピング、シーンのセグメンテーション、
手と指の追跡、 AR(拡張現実)などのアプリケーションに最適です。


Intel RealSense Depth Camera SR305

デスクトップPC、ノートPC、タブレットPC用の前面カメラ。
顔や手の動作といったユーザー自身の三次元データの認識に特化。

セット内容:

・ Intel RealSense Depth Camera SR305
・ ミニ三脚
・ 三脚用ブラケット(1/4"20 UNC、ネジx2)
・ USB A-Male to Micro B ケーブル (ケーブル長: 1m)

主な仕様:

・ 本体サイズ: 139mm x 26.13mm x 12mm (** 20.80 mm with the mounting bracket)
・ Depth Technology: Coded Light
・ Sensor Shutter Type: Rolling Shutter
・ 対応範囲: 0.2m ~ 1.5m
・ Connectors: USB3.0 (USB* 3.1 Gen 1* Micro B)


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
3Dセンシング技術を搭載した低コスト(屋内向け)のデプスカメラ
メーカー (Intel) WEBサイト

>>全文を読む

海外製品調達ユニポス

2019.07.18

2つのカメラ(深度/RGB)を搭載した開発者向けキット「Azure Kinect DK」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、2つのカメラ(深度/RGB)を搭載した開発者向けキット
Azure Kinect DK のページを追加しました。


azure_kinect_dk_img.jpg

Azure Kinect DKは、被写体の色や深度を測ることができる
2つのカメラ(深度センサーカメラ(ToF方式)、RGBカメラ)による充実した
画像機能に加え、円形に配置された7個のマイクにより遠距離での会話や
音声の集音にも優れている開発者向けキットです。

視覚・音のデータ・IMU(慣性計測ユニット)と、
Microsof社のクラウドサービスAzure上のAIサービス( Azure Cognitive Services、
Azure Machine Learning service )を連携させることで、
より正確に人の存在、顔、表情を認識し、また、音が発された場所を特定するなど、
ビジョンモデルやスピーチモデルを構築がスムーズになります。

Azure Kinect DKの活躍の場は、ロボット工学、ヘルスケア・ライフサイエンス、
流通、物流および製造業など、ユーザーのアイディアによって無限に広がります。

Azure Kinect DK

セット内容:

Azure Kinect DK device*
Stand
USB-A to USB-C data cable
USB-A to DC barrel-jack power cable
Power supply
Wrench
*Azure Kinect DK is a PC peripheral
*USB-C to USB-C cableは含まれておりません


主な仕様:

・本体サイズ: 126 x 103 x 39(mm) / 440g

・センサー
- 深度カメラ: 1MP TOF(Time-of-Flight)/ ISSCC 2018
- RGBカメラ: OV12A10 12MP CMOS sensor rolling shutter
- IMU: 3D digital accelerometer and a 3D digital gyroscope
- マイク:7-microphone circular array


海外製品調達ユニポス

2019.07.12

4K対応の IoT対応小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi 4」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、4K対応の IoT対応小型ボードコンピュータ
Raspberry Pi 4 のページを追加しました。

raspberry_pi_4_img.jpg
英ラズベリーパイ財団の開発するプログラミング学習やIoT開発に最適な
シングルボードコンピュータ、4Kに対応したRaspberry Piの最新モデルです。
CPUは64bitのARM Cortex-A72クアッドコアを搭載し、メモリもLPDDR4となり、
x86デスクトップPCと同等のパフォーマンスが期待できます。

USB2.0、micro-HDMIがそれぞれ2ポート用意されるなど、Raspberry Piならではの
インターフェイスも充実しています。
HDMIは、2種類のコーデック(フルHD対応のH.264とH.265エンコード/デコード)から
選択することができ、デュアルディスプレイだけでなく、
より鮮明でシャープな高画質な画像をRaspberry Pi 4でもお楽しみ頂けます。
無線LAN(Bluetooth)は、Raspberry Pi 3 B+ の4.2から5.0に性能がアップ、
電源も USB micro BからUSB-Cタイプへ変更となり、より便利になりました。

【Raspberry Pi 4の主な仕様】

- 1.5GHz Quad core Cortex-A72 CPU
- 4kp60 HEVC decode
- Gigabit Ethernet
- 2 x USB 2.0 / 2 x USB 3.0 ports
- 2 x micro HDMI, 4K video (1x 4kp60 or 2x 4kp30)
- 5V/3A (via USB-C) or 5V/3A (via GPIO)


研究PC関連更新情報

2019.07.11

【新着事例】Metashape クラスタノードPC例


テグシスWEBサイトに、先日記事を公開した
「Metashape」のクラスタ構成での処理速度測定と傾向検証 に用いた
クラスタノードPC例を掲載しました。


pc-6968.jpg


こちらは単独クロックの高いCPU (Core i9 9900K 3.60GHz) に加え、
ハイエンドGPU (NVIDIA Geforce RTX 2080 Ti) を搭載しているため、
単体ワークステーションとしても活用可能な構成です。

Metashapeでのクラスタシステム構成は
管理サーバーとストレージを兼ねることもできますし、
運用の方法によってはストレージは別としたほうが場合もございます。
お客様の運用の方法にあわせたおすすめの構成をご案内いたしますので、
まずはご相談ください。


なお、Metashapeをクラスタ運用する場合には、
各ノード毎にライセンスが必要となります。
Metasgapeライセンスのご購入もテガラ株式会社 ユニポス事業部で承りますので、
あわせて是非ご相談ください。


【主な仕様】

CPU Core i9 9900K (3.60GHz 8コア)
メモリ 64GB (16GBx4)
ストレージ SSD 1TB(S-ATA)
ビデオ NVIDIA Geforce RTX 2080 Ti
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +750W
OS Windows 10 Professional 64bit

本事例の掲載時点(2019年7月)では、メモリの最大搭載量は64GBですが、
将来的に 最大128GBまで搭載可能になるRevが提供される予定です。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
Metashape クラスタノードPC例

海外製品調達ユニポス

2019.07.11

開発・分析のためのシリアルプロトコルアナライザ「Serial Monitor」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、開発・分析のためのシリアルプロトコルアナライザ
Serial Monitor のページを追加しました。


serial_monitor_img.jpg

Serial Monitorは、Windowsアプリケーションとシリアルデバイス
(モデム、プリンター、オシロスコープ等の制御機器および測定機器、無線LAN機器、
バーコードスキャナ等)との間で交換される通信プロトコルやデータを取り込み、
表示、分析、記録し、再生することができるソフトウェアです。

PCのパフォーマンスを損なうことのないデータ転送速度、
一連の通信ログを記録再生、生のデータストリームの表示方法を設定、
ユーザーインターフェースを要件に合わせて調整、同時に複数のシリアル機器を監視、
セッション後に監視データを保存するなど柔軟性も高く、
アプリケーション開発、デバイスドライバ、ならびに、機器の開発の際に必要となる
コーディングやテストなどの業務効率を最適化するための手助けとなります。

■Serial Monitor

想定されるご用途:
- Windowsアプリケーション間のデータ転送と分析
- シリアルソフトウェアまたはハードウェアのデバッグ
- RS-232、RS-422、RS-485周辺機器の開発
- シリアルデバイスのドライバ開発
- サードパーティ製のソフトウェアやハードウェアの調査
- 周辺装置とデバイスドライバのシリアル通信プロトコルのデバッグとテスト、実装
- シリアルプロトコルの分析やリバースエンジニアリング
- 実装された通信プロトコルのデバッグ中にログを記録や再現
- RS232 / RS422 / RS485通信のスパイとログ記録
- COMポートのブリッジングと分析
- MODBUSプロトコルメッセージの解析
- MODBUSデバイスのデバッグとテスト
- カスタムRS232データ操作用のjavaスクリプトの作成と実行

エディション:
・Standard
・Professional
・Ultimate
※各エディションの違いは、こちらをご参考ください

本ページでご紹介の製品は取り扱い実績のある製品の一例です。
この他の製品につきましても、お気軽にお問い合わせください。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
HHD Software 社 / 開発・分析のためのシリアルプロトコルアナライザ
メーカー (HHD Software Ltd.) WEBサイト

ページの先頭へ

月別アーカイブ

2019
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2018
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2017
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2016
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2015
12
11
10
9
8
7
6
5
4
2
1
2014
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2013
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2012
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2011
12
6
  • TEGSYS 研究用・産業用PCの製作・販売サービス
  • テガラの研究開発向け海外製品調達・コンサルテーションサービス「ユニポス」