海外製品調達ユニポス

2019.03.04

固体の電子構造計算プログラム「WIEN2k」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
ワークステーションとしての利用も可能な、高性能・小型ボードコンピュータ
WIEN2k のページを追加しました。

wien2k_img.jpg

WIEN2k
は、DFT法 (密度汎関数法)を用いた
固体の電子構造計算プログラムパッケージです。

フルポテンシャル化された(L)APW法に局在軌道を拡張した
「(L)APW+lo」に基づいており、バンド構造計算のための最も正確な方式の一つです。
WIEN2kは相対論効果を含んだ全電子方式で、多くの機能を備えています。


【ライセンス形態について】

WIEN2kは「Group Licence」での提供となります
(ライセンスにはソースコードやアップデートが含まれています)。
利用マシンの台数に制限はありませんが、同研究グループ内のメンバーでの利用に限ります。

※研究グループの範囲の捉え方 : 研究リーダー(教授)とその下で研究を行う博士研究員、博士課程の学生



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
WIEN2k / 固体の電子構造計算プログラム
プログラム作成元 WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.02.28

ワークステーションとしての利用も可能な、高性能・小型ボードコンピュータ「UDOO BOLT」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
ワークステーションとしての利用も可能な、高性能・小型ボードコンピュータ
UDOO BOLT のページを追加しました。

udoo_bolt_img.jpg

UDOO BOLT
は、AMD Ryzen Embedded V1000 SoC と
モバイルGPU搭載のマルチコアCPU を使用した、
高性能な小型シングルボードコンピュータです。

上位モデルのUDOO BOLT V8では最大3.6GHzでの処理が可能です。
また画像処理に関しても、同時に最大4画面での表示(うち2画面は4K@60fpsに対応)、
クライアントサイド3Dレンダリングが可能で、
AAAゲームをプレイすることができるほどの高機能を備えています。

これらの強力なハードウェアスペックにより、
VR、AR、MR、AI、コンピュータビジョン、ビッグデータ、インタラクティブアート、
ワークステーション、HTPCなど、さまざな用途での利用が想定されています。

UDOO BOLTには以下2種類のモデルがございます。



UDOO BOLT V3
Processor : AMD Ryzen Embedded V1202B
CPU Core : Dual Core/Quad Thread 2.3GHZ (3.2 Boost)
Graphics : AMD Radeon Vega 3 Graphics (3 GPU Cu)

UDOO BOLT V8
Processor : AMD Ryzen Embedded V1605B
CPU Core : Quad Core/Eight Thread 2.0GHZ (3.6 Boost)
Graphics : AMD Radeon Vega 8 Graphics (8 GPU Cu)


こちらの製品は只今ご予約受付中の製品です


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
UDOO BOLT /
ワークステーションとしての利用も可能な、高性能・小型ボードコンピュータ


メーカー (SECO USA Inc. / Aidilab) WEBサイト

研究PC関連更新情報

2019.02.26

【新着事例】バイオインフォマティクス解析用WS例 (予算100万)


テグシスWEBサイトに、
「バイオインフォマティクス解析用WS例 (予算100万)」の
事例をアップしました。


pc-6601.jpg

お客様より、バイオインフォマティクス解析用のワークステーションの
ご相談を頂きました。

ご予算100万円以内で、コア数・スレッドが多く(想定20コア程度)、
コアあたりのパフォーマンスがなるべく高いXeon CPUでの
構成をご希望ということでしたので、
Xeon Silver 4116 2基搭載(合計24コア)にてご提案いたしました。


ストレージに関しては、バイオインフォマティクス解析とのことで、
容量の大きいデータ領域を用意いたしました。
OSインストールはお客様にて行われるとのことで無しとしておりますが、
弊社でのインストールも可能です。


【主な仕様】

CPU Xeon Silver 4116 (2.1GHz 12コア) x2 (合計24コア)
メモリ 128GB (ECC REG 32GBx4)
ストレージ システム:SSD 2TB + データ: HDD 10TB
データ:HDD 10TBx2 (RAID1) ※3.5″リムーバブルトレイ
ビデオ NVIDIA Quadro P620
ネットワーク GigabitLANx2
筐体+電源 ミドルタワー筐体(幅200x高さ430x奥行560mm ※前面パネル含まず) + 850W
OS OS無し(Ubuntu 18.04 LTS予定)


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
バイオインフォマティクス解析用WS例 (予算100万)
海外製品調達ユニポス

2019.02.26

コンピュータビジョンに最適な超小型3Dカメラ「Orbbec Astra STEREO S / Embedded S」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、コンピュータビジョンに最適な超小型3Dカメラ
Orbbec Astra STEREO S / Embedded S のページを追加しました。

orbbec_astra_s_image.jpg
単3電池ほどの小さなサイズの3Dカメラ、
Orbbec Astra STEREO S / Embedded S は、
Orbbec Astra シリーズの最新モデルです。



orbbec_astra_stereo_s_img1.jpg

Astra STEREO S

カメラを互いに近接し配置できるようにすることで
マルチカメラアプリケーションでの利用に最適化されており、
また屋外での利用にも対応できるようになりました



用途の一例 : 小売業界、自動車業界、ロボットピッキング、客観測定、ホームセキュリティ 等

主な仕様
Dimensions : 59.6mm x 17.4mm x 10.4mm
Range : 0.3-3.0m
Power Consumption : Average: 2.36W
Depth Resolution Framerate : 640×400@30FPS
RGB Resolution Framerate : 1920×1080@30FPS / 1280×720@30FPS
Depth FOV : H67.9° V45.3° D78°±3.0°
RGB FOV : H 59.8° V46.6° D71.8°
Data Transfer : USB2.0
RGB Interface : UVC
Operating System : Android / Linux / Windows7/8/10
Power : USB
Operating Temperature : 10℃ ~ 40℃
Rating : Class 1 Laser Product



orbbec_astra_embedded_s_img1.jpg

Astra Embedded S

structured-light方式を採用しており、
深度解像度・フレームレートの向上、RGB視野角の拡大、
そしてUSB3.0でのデータ転送に対応するようになりました



用途の一例 : 顔認識、ジェスチャ認識、3次元測定、SLAM、AR/VR 等

主な仕様
Dimensions : 68.6mm x 22.35mm x 14.8mm
Range : 0.25-1.5m
Power Consumption : Average: 2.2W
Depth Resolution Framerate : 1280×800@30FPS / 640×400@60FPS
RGB Resolution Framerate : 1920×1080@30FPS / 1280×720@30FPS
Depth FOV : H67.9° V45.3° D78°±3.0°
RGB FOV : H71.5° V56.7° D84°
Data Transfer : USB
RGB Interface : UVC
Operating System : Android / Linux / Windows7/8/10
Power : USB Type-C
Operating Temperature : 10℃ ~ 40℃
Rating :Class 1 Laser Product



ともにコンピュータビジョン用途として様々な分野での活躍が想定されています。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Orbbec Astra STEREO S / Embedded S |
コンピュータビジョンに最適な超小型3Dカメラ


メーカー (Orbbec 3D Tech. Intl. Inc) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.02.25

After Effects用のスクリプト「AE Sweets」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
After Effects用のスクリプト AE Sweets のページを追加しました。

ae_sweets_image.jpg

AE Sweets
は、
映像制作・加工ソフトウェア Adobe After Effects 用のスクリプトです。

映像に魅力的なエフェクト効果を追加したり、
After Effectsでの作業を助ける6種類のスクリプトがラインアップされています。

各スクリプトでどのようなことが可能かは、
メーカーで公開している動画 (Vimeo aesweets)をご覧ください。


【取り扱い製品の一例】

Sweet
- 様々な種類のアニメーションを映像に組み込むスクリプト

Easy
- 多くのアニメーションプリセットを備えるキーフレームのアシストツールスクリプト

Halftone
- ハーフトーンエフェクトを適応するスクリプト

Lines Creator 2
- オブジェクト同士を線でつなぐエフェクトのスクリプト

Colorize
- 豊富なカラープリセットを備えた、色づけのためのスクリプト

Snap! - Export .png from AE with one click. はFreeスクリプトです。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
AE Sweets / After Effects用のスクリプト
メーカー (Ae Sweets Ltd.) WEBサイト

ページの先頭へ