海外製品調達ユニポス

2019.01.16

【ワークショップ情報】PLA 3.0 @ US and Germany


平行線検定法、平行線ロジスティック回帰分析において求められている
様々な機能を搭載したソフトウェアスイートである PLA 3.0 の、
メーカー(Stegmann Systems) 主催のワークショップ情報です。


■ 該当製品の詳細はこちら
PLA 3.0 / 平行線検定法、平行線ロジスティック分析のためのソフトウェア (ユニポス製品ページ)
メーカー(Stegmann Systems) WEBサイト


pla_workshop.jpg


場所 : San Francisco, CA, USA
日程 : 2019年4月15日~17日

4月15日/16日 : PLA 3.0 Super User Training
4月17日 : PLA 3.0 Advanced Analysis Workshop


場所 : Frankfurt, Germany
日程 : 2019年6月17日~19日

6月17日/18日 : PLA 3.0 Super User Training
6月19日 : PLA 3.0 Advanced Analysis Workshop


■ Super User Training 内容

・Introduction to PLA 3.0
・What has changed from PLA 2.x?
・Basic Operations
・Capabilities (Document Types)
・Advanced Operations
・Workflow Support
・Template Generation
・Statistics
・Setting up complex assays
・IT Administration
・Validation

The training covers all aspects of functional administration of PLA 3.0. During the training, two protocols (a simple and a sophisticated protocol) will be implemented for use by operators.


■ Advanced Analysis Workshop 内容

・Quantitative Response Assays
- Response and Dilution Handling
- Regression Models
- Potency Estimation
- ANOVA Models
- Configuration Optimizer for Parallel-Line Assays
- Assay and Sample Suitability Tests

・Combination Calculations
- Reportable Values from Assay Replicates
- Simple mean calculation vs. combination calculations

・Equivalence Margin Development
- Challenges with Equivalence Margins according to USP
- Development of an Equivalence Test System from historic assay data
- Challenging a developed Equivalence Test System
- Simulation of acceptable curve shapes

・Assay Monitoring
- Control Charts within PLA 3.0

While the PLA 3.0 Super User Training focusses mainly on the workflow aspects and basic analysis tasks, the Advanced Analysis Workshop reveals much more in-depth details


Stegmann Systems 社によるワークショップ情報は下記リンクをご参照ください
(今後のワークショップの日程含む)
Training Overview | PLA 3.0
Events von Stegmann Systems | Eventbrite



テガラではこういった海外メーカーの実施する
ワークショップやセミナー、トレーニングへの
申し込み・参加費の支払い手続きのお手伝いもいたします。

ご興味のあるワークショップ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


産業PC関連更新情報

2019.01.16

【新着事例】1Uラックマウント 製品スクリーニング用マシン


テグシスWEBサイトに、
「1Uラックマウント 製品スクリーニング用マシン」の事例をアップしました。


pc-6231.jpg

お客様より、製品スクリーニング用マシンとして過去に掲載した事例 (PC-3805) の
現行版構成のお問い合わせをいただきました。

本マシンの特徴として、運用するUSBポートは2.0のみとし、
USB 3.0 ポートは使用できないように設定しています
(すべてのUSBポートの動作スピードを同一とするため)。

1UラックマウントにUSBポートを6つ と COMポートが必要ということで、
USBポートについては内部ヘッダからの追加にて6ポート確保し、
ご要望を満たしています。

また、今後のリピートも想定されるとのことでしたので、
CPUは長期供給が可能なEmbedded 製品としています。


【主な仕様】

CPU Core i3-4360 (3.70GHz 2コア)
メモリ 4GB (ECC)
ストレージ SSD 256GB (SATA)
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 1Uラックマウント筐体 (43x437x369 mm) +350W電源
OS Windows 7 Pro SP1 32Bit (Embedded)
I/F COMポート / USB2.0ポート追加 (合計6ポート)
その他 マウント用レールキット


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
1Uラックマウント 製品スクリーニング用マシン

海外製品調達ユニポス

2019.01.11

C3D 形式 から ASCII 形式へのデータ変換ソフトウェア「RData2」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
C3D 形式 から ASCII 形式へのデータ変換ソフトウェア

RData2 - ASCII translation software のページを追加しました。


motion_lab_systems_img.jpg

RData2 - ASCII translation software は、
「C3D」形式を含む、バイオメカニクス分野やモーションキャプチャ等で用いられる
さまざまなデータ形式のファイルを、
ASCII形式のファイルへ変換するためのソフトウェアです。
大量のファイルを高速かつ自動で変換できることが特長です。

RData2をExcel スプレッドシートのAccessデータベースに組み込んだり、
Visual Basicプログラムから呼び出すことも可能です。


【対応ファイル形式】

インプット形式
・ .C3D Adtech - supporting all formats
... DEC, PC and SGI systems - both REAL and INT data.
・ All Oxford Metrics ADC formats
... created on any obsolete RSX or VAX system - 7 different formats).
・ The Motion Analysis Corporation .ANA analog format.
・ All .DAT and .WDQ Dataq Instruments formats (including multiplexed systems).
・ .VAD Oxford Metrics 370 analog data format.
・ .EMG data files from BTS Telemg systems.

アウトプット形式
・DST file format
- VDO lexicon
- RRD lexicon (Whisper)
- MLS lexicon

・TXT format


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
RData2 - ASCII translation software
| C3D 形式 から ASCII 形式へのデータ変換ソフトウェア


メーカー (Motion Lab Systems, Inc.) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.11

ECG/EMG/GSR 等の生体信号計測センサ「Shimmer Consensys Development Kit」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
ECG/EMG/GSR 等の生体信号計測センサ
Shimmer Consensys Development Kit のページを追加しました。


shimmer_img.jpg

Shimmer Consensys Development Kit は、
様々な生体信号を取得可能な小型のウェアラブルセンサです。

慣性(9DoF IMU)、心電図(ECG)、筋電図(EMG)、呼吸(Respiration)、
ガルバニック皮膚反応(GSR)、脈波(PPG)をはじめとした、
生物物理学や運動学などの分野での研究に活用できる、
信頼性の高い高品質なデータを取得することができます。



【取り扱い製品の一例】

・Shimmer3 Consensys IMU Development Kit
測定対象 : 9 DoF inertial sensing

・Shimmer3 Consensys ECG Development Kits
測定対象 : ECG, EMG, Respiration, 9 DoF inertial sensing

・Shimmer3 Consensys EMG Development Kits
測定対象 : EMG, ECG, Respiration, 9 DoF inertial sensing

・Shimmer3 Consensys GSR Development Kits
測定対象 : GSR, PPG, 9 DoF inertial sensing

・Shimmer3 Bridge Amplifier+ Development kit
測定対象 : Load, Weight, Force, Torque, Pressure, 9 DoF inertial sensing

・Shimmer PROTO3 Unit
機能・測定対象 : Integration and prototyping of 3rd party sensors, 9 DoF inertial sensing

・Shimmer3 Consensys Bundle Development kit
IMU / ECG / EMG / GSR / Bridge amplifier の5種のセンサユニットのバンドルキット。


デバイスにより取得可能なデータが異なりますので、
お問い合わせの際にはご希望のキット名をお知らせください。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Shimmer Consensys Development Kit | ECG/EMG/GSR 等の生体信号計測センサ
メーカー (Shimmer) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.09

「HYPERLABS 社製 試験測定機器」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
HYPERLABS 社製 試験測定機器 のページを追加しました。


hyperlabs_image.jpg

米国 HYPERLABS 社が開発・販売する、
広い帯域幅に対応したバラン(平衡 - 不平衡変換器) やTDR測定器をメインに、
インパルス発生器、高速サンプラー等の
高品質な試験測定機器を取り扱っております。



【取り扱い製品の一例】

hyperlabs_balun_250.jpg

HYPERLABS Broadband Balun

帯域幅 500 kHz to 20 / 40 / 50 / 67 GHz (-3 dB) に対応したブロードバンド・バラン。
用途 : 高速アナログ-デジタル変換、信号生成、パルス反転


hyperlabs_spa_250.jpg

HYPERLABS Signal Path Analyzer
時間領域 (TDR, TDT, NEXT, FEXT)、周波数領域 (S21, S11) 測定のためのデバイス

HL2200 Series
立ち上がり時間 : 35 ps
チャンネル : 1-2作動対 (2-4 チャンネル)
測定機能 : TDR、TDT、S21、S11 ※チャンネル数により異なる

HL5200 Series
立ち上がり時間 : 200 ps
チャンネル : 4-8作動対 (8-20 チャンネル)
測定機能 : TDR、TDT、NEXT、FEXT、S21、S11 ※チャンネル数により異なる


お問い合わせの際にはご希望の製品名をお知らせください。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
HYPERLABS 社製 試験測定機器
ブロードバンドバラン / 時間領域・周波数領域測定デバイス


メーカー (HYPERLABS INC) WEBサイト

ページの先頭へ