研究PC関連更新情報

2019.01.25

【新着事例】マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例 (予算200万)


テグシスWEBサイトに、
「マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例(予算200万)」の
事例をアップしました。


pc-6523.jpg

お客様より、使用ソフトウェア STAR-CCM+(将来的にはparticleworks)を
使用するためのワークステーションPC(予算200万)のご相談を頂きました。

コア数は出来るだけ多く、ストレージは最低10TBの容量、
かつ、将来的にGPUを追加できるよう、拡張性も残したいとの
お客様のご希望を満たした構成でご提案しました。

20コアのCPUを2基(合計40コア)搭載しており、
メモリに関しては、コア数が多い構成なため、
CPUへのメモリ帯域を優先し、192GB(1CPUあたり6枚構成)としています。

GPUについては、計算用兼用として、将来的にQuadroの上位モデルを
増設可能となっております(*TESLAの増設には対応できません)。

【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6148 (2.40GHz 20コア) x2 (合計40コア)
メモリ 192GB (16GBx12) ECC REG
ストレージ システム:SSD 1TB
データ:HDD 10TB (SATA)
ビデオ NVIDIA Quadro P2000
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行 647 mm) + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例(予算200万)

海外製品調達ユニポス

2019.01.25

Intel製 V-SLAM トラッキングカメラ「Intel RealSense Tracking Camera T265」予約受付中です


ユニポスWEBサイトに、Intel製 V-SLAM トラッキングカメラ
Intel RealSense Tracking Camera T265 のページを追加しました。


realsense_t265.jpg

こちらは3月リリース予定の予約受付中製品です

Intel RealSense Tracking Camera T265 は、
スタンドアロンで動作する インサイドアウト方式トラッキングデバイスです。
Intel 独自のVisual SLAM (V-SLAM) テクノロジを採用しています。

搭載したIntel Movidius Myriad 2.0 VPUにより、
1.5Wという省電力でSLAMを実現可能で、
また108x25x13mm / 55g という小型なサイズから、
ロボットやドローンへの搭載など様々な分野での用途が想定されています。


【Intel RealSense Tracking Camera T265 特徴】

・V-SLAM, part of Intel RealSense Technology
High precision Visual Inertial Odometry Simultaneous Localization and Mapping algorithms.

・Intel Movidius Myriad 2.0 VPU
Visual Processing Unit optimized to run V-SLAM at low power.

・Two Fisheye lenses with combined 163±5° FOV
The camera includes two OV9282 imagers with fisheye lenses for a combined,
close to hemispherical 163±5° field of view for robust tracking even with fast motion.

・BMI055 IMU
The Inertial Measurement Unit, allows for accurate measurement of rotation
and acceleration of the device, to feed into the V-SLAM algorithms.

・USB 3.1 Gen 1 Micro B
USB 2.0 and USB 3.1 supported for either pure pose data or a combination of pose and images.

・108 x 24.5 x 12.5 mm
Small form factor designed to mount on any device with ease.

・2 x M3 0.5mm pitch mounting sockets
Securely attach the camera to your device
with these standard mounting points on the rear of the camera.

-----------------------------------------------------

T265は他のRealSenseデバイスとの連携が可能です

T265は赤外線カットフィルタを備えており、
D400シリーズのデプスカメラからの投影パターンを無視することが可能です。
そのため、両デバイスを合わせて使用することで、
例えば室内マッピングや衝突回避、GPSデータが利用できない場所でのナビゲーションなどの
高度なアプリケーションの実行を容易に実現可能です。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Intel RealSense Tracking Camera T265 | Intel製 V-SLAM トラッキングカメラ
メーカー (Intel) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.24

LV124/LV148 自動車テスト用 高速インタラプタ(電子スイッチ)「Ultra-fast Interrupter (UFI)」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
LV124/LV148 自動車テスト用 高速インタラプタ(電子スイッチ)
Ultra-fast Interrupter (UFI) のページを追加しました。

ufi_img.jpg
Ultra-fast Interrupter (UFI) は、
試験対象が、ドイツの厳格な自動車規格要件である
LV 124 と LV 148 のE10 および E13テストケースに準拠するかどうかの
試験実施を補助するための電流遮断器です。

75A用のUFI75 と 125A用のUFI125 の2種類がラインアップされており、
幅広い試験対象の電流ニーズをカバーします。


【取り扱い製品】

・UFI125 - Current interruptions of up to 125A
・UFI75 - Current interruptions of up to 75A


【機能・特徴】

・Every switch follows the input signal up to f < 100kHz
・Every switch has its own input trigger and can be set independently
・Every switch complies with the edge steepness and speed defined in the LV 124/LV 148 test cases
・Bus interruptions are supported for all standard buses (CAN, LIN, etc.)
and BroadR-Reach (Automotive Ethernet)
・Remotely setable between the 2009 and the 2013 LV124 norms
・Remotely controllable through the RTStand SignalGeneration device
・Is delivered with a set of norm resistances for norm compliance tests



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Ultra-fast Interrupter (UFI)
LV124/LV148 自動車テスト用 高速インタラプタ(電子スイッチ)


メーカー (WKS Informatik GmbH) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.24

【ワークショップ情報】MODTRAN/PcModWin @ 米国


世界標準のMODTRAN用Windowsインターフェースである PcModWin
メーカー(Ontar Corporation) 主催によるワークショップ情報です。

pcmodwin_img.jpg

■ 該当製品の詳細はこちら
PcModWin / MODTRAN用Windowsインターフェース (ユニポス製品ページ)
メーカー(Ontar Corporation) WEBサイト


ontar_workshop.jpg


場所 : North Andover, MA, USA
日程 : 2019年8月6日~9日 (4日間)


■ ワークショップ内容

Models for Atmospheric Characterization and Sensor Design

Tuesday 6 August 2019
1. Introduction to MODTRANR/PcModWinR & Transmission Calculation
2. Geometry, Factors effecting Transmission & Radiance Calculation
3. Sensor Design Part 1.
4. Work Through MODTRANR test cases from Book

Wednesday 7 August 2019
1. Model Atmospheres, Band Models, Scattering & related calculations
2. Radiance Calculations
3. Multiple Scatting
4. Custom atmospheres, radiosonde downloads & related calculations
5. Group calculations - how to setup and solve a scenario calculation

Thursday 8 August 2019
1. Aerosols: A tour through the MODTRANR aerosol labyrinth
2. Surface effects
3. Group calculations - how to setup and solve a scenario calculation
4. Sensor Design Part 2
5. Group Calculations - open forum, you bring you own calculations

Friday 9 August 2019
1. Lidar system modeling Lidar-Pc and Hitran-Pc
2. Sensor Design Part 3
3. Work Through MODTRANR test cases from Book
4. Atmospheric turbulence ALTM


Ontar 社 WEBサイト掲載のワークショップ情報は下記リンクをご参照ください
2019 Annual Workshop | Ontar corporation



テガラではこういった海外メーカーの実施する
ワークショップやセミナー、トレーニングへの
申し込み・参加費の支払い手続きのお手伝いもいたします。

ご興味のあるワークショップ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

海外製品調達ユニポス

2019.01.22

USBスティックサイズの小型SDRプラットフォーム「LimeSDR Mini」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、USBスティックサイズの小型SDRプラットフォーム
LimeSDR Mini のページを追加しました。

limesdr_mini_img.jpg
LimeSDR Mini は、デジタル・RF設計の開発とプロトタイピングのための
小型 SDR(Software Defined Radio)プラットフォームです。
FPGAに Intel Altera MAX 10、
RFトランシーバーに Lime Microsystems LMS7002M を搭載しています。


【LimeSDR Miniの特徴】

- Open source
- Full-duplex
- 12 bits/sample
- 10 MHz-3.5GHz range
- 30.72 MSPS


【LimeSDR Mini 主な仕様】

RF transceiver : Lime Microsystems LMS7002M
FPGA : Intel Altera MAX 10 (10M16SAU169C8G)
- 169-pin FBGA package
- 16 K Les
- 549 KB M9K memory
- 2,368 KB user flash memory
- 4 x fractional phase locked loops (PLLs)
- 45 x 18x18-bit multipliers
- 130 x general purpose input/output (GPIO)
- Single supply voltage
- Flash feature
- FPGA configuration via JTAG
EEPROM memory : 2 x 128 KB for RF transciever MCU firmware and data
Flash memory : 1 x 4 MB flash memory for data
General user inputs/outputs :
- 2 x dual color (red + green) LED
- 8 x FPGA GPIO pinheader (3.3 V)
Connectivity :
- USB 3.0 Type-A (FTDI FT601 controller)
- 2 x coaxial RF (SMA) connectors (each can be switched between high and low frequency bands)
- U.FL connector for external clock source
- FPGA GPIO headers
- FPGA JTAG connector
Clock system :
- 30.72 MHz onboard VCTCXO
- Possibility to tune VCTCXO with onboard DAC
- External clock input via U.FL connector
Board dimensions : 69 mm x 31.4 mm
Board weight : 20 grams



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
LimeSDR Mini | USBスティックサイズの小型SDRプラットフォーム
メーカー (Lime Microsystems) WEBサイト

ページの先頭へ