海外製品調達ユニポス

2019.06.08

Proteome Profiler Antibody Array用 解析ツール「Quick Spots Tool」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、Proteome Profiler Antibody Array用 解析ツール
Quick Spots Tool
のページを追加しました。


quick_spots_tool_image.jpg

Quick Spots Tool は、
R&D Systems社のProteome Profiler 抗体アレイの測定結果を
処理・解析するためのソフトウェアツールです。

Western Vision Software 社製の
マシンビジョンおよびイメージプロセッシング用ソフトウェア HLImage++ 上で
利用可能なカスタムツールの一つであり、
Proteome Profilerのアレイごとのテンプレートがあらかじめ用意されているため、
テンプレート設定の必要が無く素早く簡単に解析を行うことが可能です。

Quick Spots Toolは、Proteome Profiler専用にカスタマイズされたバージョンの
HLImage++と共に提供されます。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Quick Spots Tool | Proteome Profiler Antibody Array用 解析ツール
メーカー(Western Vision Software) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.06.08

.NET向けのメッセージングとワークフロー サービスバス「NServiceBus」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
.NET向けのメッセージングとワークフロー サービスバス
NServiceBus のページを追加しました。


nservicebus_image.jpg

NServiceBus は、.NET対応のメッセージングとワークフローのフレームワークです。
スケーラブルで信頼性の高い、また変更が容易な
分散システムの作成に適しています。

MSMQ, RabbitMQ, Azure, Amazon SQSといったトランスポートでの
様々なメッセージングパターンに対応しているほか、
モジュール式の設計で拡張性が高く、キューイング、ストレージ、
シリアライゼーション、ロギングなどの オプションを選択できます。

NServiceBus をシステムの中心とし、
.NETサービスのプラットフォームを構築するための、
高度なシステムデバックソフトウェア「ServiceInsight」、
生産モニタリングシステム「ServicePulse」も合わせて取り扱っております。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
NServiceBus | .NET向けのメッセージングとワークフロー サービスバス
メーカー(NServiceBus Ltd. - Particular Software) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.06.06

最大7自由度の産業用ロボットアーム「xArm」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
最大7自由度の産業用ロボットアーム xArm のページを追加しました。


xarm_img.jpg

xArm は、製品の生産性や品質の向上のために開発された
UFactory社製の産業用ロボットアームです。

動作範囲700mm、0.1mm精度の再現性を持ったxArmは費用対効果が高く、
工場などでの運用はもちろん、ロボット工学研究、メーカーでのプロトタイピング、
写真や映像の撮影等、多目的な用途での活躍が期待できます。

専用アプリケーション xArm Studioにより
コーディングなどの必要なく簡単に動作させることができるほか、
Python, ROS, C++に対応した xArm SDKも提供されています。


xArmは有効荷重や自由度により、以下3種類のモデルが用意されています。


【取り扱い製品の一例】

xArm 7
ヒトに似た柔軟性を備える7DoFのロボットアーム。
自動化やAI研究などを取り入れた最先端産業での用途に適しています。

Payload(kg) : 3.5
Reach(mm) : 700
Degrees of Freedom : 7
Repeatability(mm) : ±0.1
Typical Tool Maximum Speed(m/s) : 1
Weight(kg) : 11


xArm 6
6DoFのロボットアーム。
xArmシリーズの中で最も有効荷重が大きく、
5kgまでのものを±0.1 mmの高い精度の再現性で取り扱うことが可能です。

Payload(kg) : 5
Reach(mm) : 700
Degrees of Freedom : 6
Repeatability(mm) : ±0.1
Typical Tool Maximum Speed(m/s) : 1
Weight(kg) : 9.5


xArm 5 Lite
シリーズ内で最も手ごろで費用対効果の高い5DoFのロボットアーム。
特にピック&プレースの作業用途に適しています。

Payload(kg) : 2
Reach(mm) : 700
Degrees of Freedom : 5
Repeatability(mm) : ±0.2
Typical Tool Maximum Speed(m/s) : 0.33
Weight(kg) : 8.5



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
xArm | 最大7自由度の産業用ロボットアーム
メーカー(UFactory) WEBサイト

産業PC関連更新情報

2019.06.06

【新着事例】AI画像検査・解析用ワークステーション例


テグシスWEBサイトに、
「AI画像検査・解析用ワークステーション例」の
事例をアップしました。


pc-6762.jpg

お客様より、AIを利用した画像検査システムの導入を検討しており
汎用PCでは処理能力が足りないため、カスタム提案を希望とご相談頂きました。
試作機でのテスト後、工場へ順次導入が予定されております。

XeonやCore Xシリーズを含めた複数選択肢でのご提案の中、
最終的に単独コアでの高速処理を重視したCore i9をベースにした
構成を採用いただきました。
本事例のCPUのPCI-Eサポートレーン数は16となり、複数枚のGPUを
搭載した場合には、GPU1枚あたり x 8のPCI-E速度となりますが
(*1)
それを差し引いてもGPU2枚挿しによる
負荷分散のほうが有効と考えられたため、
PCI-E速度がx8動作になる点をご了承いただいたうえで、
GPU2枚差しでの構成にて採用いただきました。

*1. CPUに内蔵されているPCI-Eコントローラーによりシステムとして管理できる
PCI-E レーン数の上限が決まります。


【主な仕様】

CPU Core i9 9900K (3.60GHz 8コア ※TB時5.00GHz)
メモリ 64GB (16GBx4))
ストレージ システム:SSD 1TB 高速モデル (M.2) + データ:HDD 2TB (S-ATA)
ビデオ NVIDIA Quadro RTX 6000 48GB x 2台 ※PCI-Eは x 8動作
ネットワーク GigabitLAN x 1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) + 1000W
OS Windows 10 Professional 64bit
ディスプレイ 21.5型ワイドディスプレイ (DP接続可能)


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
海外製品調達ユニポス

2019.06.06

【ワークショップ情報】撮影画像からの三次元点群データ・オルソモザイク画像作成ソフトウェア「Pix4D」 @ 四国・関東・東北


UAV (ドローン)等による空撮画像から、
三次元点群データ、3Dメッシュデータ、数値標高データ(DSM)ならびに
オルソモザイク画像等を作成するための画像処理ソフトウェア Pix4Dmapper
日本正規販売代理店 株式会社イメージワン様 主催の無料説明会情報です。


■ 該当製品の詳細はこちら
Pix4D / スイス Pix4D社製 画像処理ソフトウェア (ユニポス製品ページ)
メーカー(Pix4D S.A.) WEBサイト


pix4d_workshop.jpg

2012年よりPix4D社の日本正規販売代理店としてPix4Dの取り扱いをされている
株式会社イメージワン様 主催のPix4Dmapperの無料説明会となります。

Pix4Dmapperの購入を検討されている方、
および どう使っていいか知りたい初心者の方を対象としておりますが、
中級者向けの困ったときの対処法も説明会テキストにて記載しています。

以下、今後の開催日程です。


場所 : 徳島県徳島市
日程 : 2019年6月11日(火)

場所 : 東京都新宿区
日程 : 2019年6月12日(水)

場所 : 宮城県仙台市
日程 : 2019年6月25日(火)


詳細な情報 および 申し込み方法については
イメージワン様のWEBページをご参照ください (今後のセミナーの日程含む)
セミナー情報 | 株式会社イメージワン


ページの先頭へ