テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】AMD EPYC Romeを用いた計算用WS例

新着情報

研究PC関連更新情報

2020.01.07

【新着事例】AMD EPYC Romeを用いた計算用WS例

テグシスWEBサイトに、
「AMD EPYC Rome を用いた計算用WS例」の事例をアップしました。


pc-7321_image.jpg

お客さまより、分子動力学計算プログラム LAMMPS を用いた
多人数の計算ジョブに適したワークステーションのご相談をいただきました。

多人数による複数計算ジョブを想定する場合、
一般的に、コア数 (スレッド数)が多いマシンが適しています。
市場シェアの面から多くのソフトウェアは
Intel CPUに処理が最適化されていることが多いのですが、
今回はAMD CPUでの実例も多いLAMMPSでのご利用がメインということでしたので、
より多くのコアを利用することの出来るAMD EPYC を採用した構成を
提案させていただきました (64コアのAMD EPYC 7702P でのご提案)。



【主な仕様】

CPU AMD EPYC 7702P (2.0GHz 64コア/128スレッド)
メモリ 128GB (16GBx8) ECC REG
ストレージ SSD 2TB
ビデオ NVIDIA Geforce RTX 2080
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー筐体 (幅193 x 高さ424 x 奥行 525 mm) +1200W Platinum
OS CentOS 7
その他 LAMMPS インストール (GPU対応)、NVIDIA CUDA Toolkit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
AMD EPYC Romeを用いた計算用WS例

ページの先頭へ