テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2019年11月の記事一覧

新着情報

2019年11月の記事一覧

総合インフォメーション

2019.11.15

研究開発者向けレンタルサービス tegakariのラインアップに「Azure Kinect DK」を追加しましたnew

tegakari_img.jpg


ユニポスの人気商品を7日間無料で借りられるサービス「tegakari」の
レンタル対象デモ機ラインアップに Azure Kinect DK を追加しました

tegakari_azure_kinect_dk.jpg

レンタルをご希望のお客さまは、
こちらのページの「予約する」ボタンからお申し込みください。

当サービスは、法人ユーザーさま向けサービスとなります



■ Azure Kinect DKについて

Azure Kinect DKは、被写体の色や深度を測ることができる
2つのカメラ(深度センサーカメラ(ToF方式)、RGBカメラ)による
充実した画像機能に加え、
円形に配置された7個のマイクにより
遠距離での会話や音声の集音にも優れている開発者向けキットです。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Azure Kinect DK / 2つのカメラ(深度/RGB)を搭載した開発者向けキット
研究PC関連更新情報

2019.11.14

【新着事例】電磁界解析用ワークステーション例(予算200万)

テグシスWEBサイトに、
「電磁界解析用ワークステーション例(予算200万)」の事例をアップしました。


pc-7243_img.jpg

お客様より、RSoftを用いた電磁界解析、特に計算負荷の大きい
FDTD(時間領域差分)をより高速に計算し、
かつLightTools、Zemax、MATLAB、FloTHERMといったソフトウェアも
並行で利用することを想定したワークステーションの導入を検討している
とご相談をいただきました。

マルチプロセッサ(並列)処理に対応している、RSoft FullWAVE を
お使いになられる前提で、コア数を重視した構成としております(※)。
またWindowsの場合、プロセッサグループの関係上、64スレッドまでの対応
といったソフトウェア (今回ご利用のソフトウェア候補である Zemax等)
もあるため、使用想定ソフトウェア全体を加味し、
今回は64スレッド付近での動作クロックを優先した仕様といたしました。

スレッド上限を加味せず、最大コア数や、データ用のストレージを
増やすことも可能ですので、別途お問い合わせください。

※マルチプロセッサ(並列)処理対応ソフトウェアは、
 コア数が多いほうが計算効率が上がり、結果を取得するまでの時間が
 短くなる(早くなる)傾向があります


【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6254 (3.10GHz 18コア、36スレッド) x 2 (合計36コア、72スレッド)
メモリ 384GB ECC REG
ストレージ SSD 1TB S-ATA
ビデオ Quadro P620
ネットワーク GigabitLAN x 2
筐体+電源 ミドルタワー筐体(幅200x高さ430x奥行560mm ※前面パネル含まず)+1000W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
海外製品調達ユニポス

2019.11.13

電子機器の設計/製造用、CADデータの相互変換ソフト(CAD/CAM)「CAD-X.IO」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、
電子機器の設計/製造用、CADデータの相互変換ソフト(CAD/CAM)
CAD-X.IO のページを追加しました。


cadxio_img_b1.jpg

CAD-X.IO は、Oscillated Recall Technology社 が、
Gehriger Engineering社(スイス)と共同開発した
CADデータの相互変換ソフトウェアです。

1nmの最小Design-Unitをサポートしますので、半導体設計からLSIパッケージ設計、
プリント基板設計まで 幅広くご使用頂けます。

GDSII, DXF, Gerber(RS-274X), ODB++, GDS-TXT (GDSII準拠のASCII形式) 間の
フォーマット変換だけでなく、 昨今の設計ニーズに応え、
2次元CADデータから3次元CADデータ (STEP) を出力する機能が追加されています。


CAD-X.IO 主な機能:

1. 2次元CADデータの相互変換
GDSII、DXF、Gerber(RS-274X)、ODB++、GDS-TXT間の相互変換 等

2. 2次元CADデータから3次元CADデータの生成
2次元CADデータからSTEP(3次元CADデータ)が生成可(※オプションで追加可能) 等

3. CADデータ⇔画像データの相互変換
画像データ(BMP, JPEG, PNG等)からエッジ抽出を行いCADデータで取り出す 等

4. 図形処理機能(各種)
1)図形処理(Polygon変換 等)
2)Layer処理(単層図形の一筆書き形式 等)


CAD-X.IOは、初年度保守を含みます
そのほか、ぜひお気軽にお問い合わせください


海外製品調達ユニポス

2019.11.13

2D/3D CAD ソフトウェア「Graphite」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、2D/3D CAD ソフトウェア
Graphite
のページを追加しました。


graphite_img.jpg

Graphite は、精密なワイヤーフレーム作成が可能な
2D CAD / 3D CADソフトウェアです。
自由度が高く作業しやすい3Dモデリング設計を実現するために、
ノンリニアな創造プロセス (Organic Workflow) を採用していることが
本ツールの最大の特長です (Organic Workflow についてはこちら)。

小数点以下16桁までの精度での2D/3D製図が可能で、
Drafting Assistant機能による X・Y・Zのスナップと自動アライメントが、
快適な製図をサポートします。


以下のAshlar-Vellum 製 3Dモデリングツールにつきましても
お気軽にお問合せください


Cobalt - for Parametric 3D Modeling
Xenon - for Associative 3D Modeling
Argon - for History-free 3D Modeling


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Graphite / 2D/3D CAD ソフトウェア
メーカー (Ashlar-Vellum) WEBサイト


海外製品調達ユニポス

2019.11.08

統計用プログラミング言語Rのための、統合開発環境(IDE)「RStudio」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、
統計用プログラミング言語Rのための、統合開発環境(IDE)
RStudio のページを追加しました。

rstudio_img.jpg

RStudio は、統計処理に特化したプログラミング言語「R」を利用するための
統合開発環境(IDE)です。
Windows、Mac、およびLinux のデスクトップマシンに対応した
RStudio Desktopと、Linuxサーバー上のRをブラウザべースで使用する、
RStudio Server があります。

4ペイン(ソースエディタ/コンソール/ワークスペース/グラフスペース)に
画面が分かれており、操作性もよく作業効率が高いところが魅力です。
クラスター分析、パケット分析、アソシエーション分析などの
統計分析に加え、ヒストグラム(量的データ分布の視覚化)等も可能です。

また処理速度にも優れており、ビックデータの分析に長けているため、
科学、教育、および産業分野において幅広くお使い頂けます。


RStudio

RStudio には RStudio Desktop と RStudio Serverの 2種類がございます。

■RStudio Desktop
デスクトップマシンに対応(Windows, Mac, and Linux)。
ローカルのワークステーションにインストールした Rのバージョンで動作するIDE。
RStudio Serverを必要としない、あるいはRStudio Serverに接続する
スタンドアロンのデスクトップアプリケーション。

■RStudio Server
Linuxサーバー(Debian, Ubuntu, Red Hat, CentOS, およびSUSE Linux)上の
Rのバージョンへ、WEBブラウザ経由でアクセスする、
Linuxサーバーアプリケーション

RStudio の機能:
- R専用(プログラミング言語)に構築されたIDE
- ワークフローをまとめる
- 強力なオーサリングとデバッグ

ご用途に合わせ、RStudio のバージョンをご選択ください
またRStudio Serverのアカデミック版、スモールビジネス向け、
その他の、RStudio製品につきましても、お気軽にご相談ください

ページの先頭へ