テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2019年9月の記事一覧

新着情報

2019年9月の記事一覧

総合インフォメーション

2019.09.30

【重要】消費税率変更に関するお知らせnew


logo_tegara.png


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2019年10月1日より消費税率が10%へ変更されます。
それに伴いまして弊社では
改正消費税法に基づき、以下の通りに対応させていただきます。


2019年9月30日までに納品・検収完了
→ 旧税率 8%でのご請求

2019年10月1日以降に納品・検収完了
→ 新税率 10%でのご請求


なお、納期遅延の発生等により、
2019年9月30日以前に納品予定であった商品が
2019年10月1日以降の納品となった場合につきましても、
同様に新税率 10%でのご請求となります。

また、商品代金を2019年9月30日以前にご入金頂いた場合であっても、
商品の納品が2019年10月1日以降となる場合には、
新税率 10% と 旧税率 8% の差額を別途ご請求申し上げます。

恐れ入りますが、何卒ご承知おきのほどお願い申し上げます。


今後とも変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。

2019年9月 テガラ株式会社


海外製品調達ユニポス

2019.09.13

ロボット工学を学習できるオープンソースのAIカー「Duckietown」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、ロボット工学を学習できるオープンソースのAIカー
Duckietown のページを追加しました。


duckietown_img.jpg

Duckietownは、MIT(マサチューセッツ工科大学)発の、
ロボット工学とAIを学ぶためのプラットフォームです。
自由度が高く遊び心にあふれたプラットフォームで、
教育レベルに合わせて様々なカリキュラムに組み込んで頂けます。

小型の自動車両(Duckiebot)、道路、信号機、標識、障害物、
輸送を必要とする人(Duckies)、そして彼らが住む都市(Duckietown)で
構成されています。

Duckiebotは、単眼カメラとRaspberryPiを搭載し、知覚、推論、
および制御タスクの難易度をスライドできるように慎重に設計されており、
対向車両、歩行者、交通ルールを感知し判断します。

小規模で可愛らしさがありながらも、自律運転に必要な様々な課題を
解決するための学習や研究を後押ししてくれます。
資料もオープンソースとして入手ができ、コミュニティを通じて、
教育および研究のために情報交換をすることもできます。


- Duckietown -
小さな疑似都市「Duckietown」で、自動車両(Duckiebot)を走行させ
楽しくロボット工学、AI学習ができます。


海外製品調達ユニポス

2019.09.13

ニューロフィードバック用デバイス「Discovery 20」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、ニューロフィードバック用デバイス
Discovery 20 のページを追加しました。


discovery_20_img.jpg

Discovery 20 は、BrainMaster Technologies社製の
20チャンネルのニューロフィードバック (EEGバイオフィードバック)デバイスです。

脳波を内部サンプリング・レート 1024sps(サンプル/秒) または 256sps、
ビット数 24bit のデジタルデータに変換し、高解像度でエイリアシングの無い
20チャンネル脳波データをPC上で取り扱うことができます。

0.000 ~ 60 Hzの帯域に対応しており、
DCオフセットからγ以上までの脳波(EEG)を正確に記録することが可能です。

Discovery 20で記録したデータは様々な形式の分析での使用が可能であり、
またマッピング、Z-Scores, live Z-Score training,
live sLORETA imaging and Z-Scores に適したノイズ・フリーなシグナルを提供します。
またTrue DC機能により、slow-cortical potential (SCP)、Infra-Low Frequency (ILF)、
Infra-Slow Fluctuation (ISF) の研究や臨床での使用に優れています。



Discovery 20は、BrainAvatarを含む全てのBrainMaster 4.0ソフトウェアで動作し、
また、BrainDX, NewMind, WinEEG, SKIL, EEGLab, NeuroGuide などの
各種業界標準のパッケージとも互換性があります。

ソフトウェアや、電極キャップなどのアクセサリなどがセットになった
各種Discovery 20 スターターキットもございます



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Discovery 20 | ニューロフィードバック用デバイス
メーカー (BrainMaster Technologies, Inc.) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.09.09

NVIDIA DRIVE PXシリーズ用のADASカメラ「SEKONIX Camera」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、NVIDIA DRIVE PXシリーズ用のADASカメラ
SEKONIX Camera のページを追加しました。


sekonix_img1.jpg

Sekonix 社(セコニックス/韓国) の光学技術をベースとして開発製造された、
自動車用のADAS(先進運転支援システム)カメラを取り扱っております。
NVIDIA Drive PXシリーズに対応しており、ベースラインアップは3種類です。
ご希望の製品名・型番(仕様)をお知らせください。

Sekonixについて :
1988年設立以降、持ち前の高い技術力により、自動車用のカメラやレンズの他、
DLP HUD(Head-Up Display)、車載用クラスタ、FFD(Free Form Display)など、
光学関連のさまざまな自動車製品を開発し、世界中の大手企業へも供給している
メーカーです。
またモバイルカメラレンズや各種LED製品のメーカーとしても知られています。


SEKONIX CAMERA

ベースラインアップ:
- SF3324-10X (FOV H:120°)
- SF3325-10X (FOV H:60°)
- SF3326-10X (FOV H:190°)

仕様:
- Onsemi AR0231 image sensor
- Resolution: 1928x1208 (2.3 Mega Pixel)
- Optical format: 1/2.7-inch
- 27MHz clock input
- Analog power supply, from 8V (±10%
- Ultrahigh resolution Lens
- MAXIM: MAX96705 Serializer
- FAKRA Z TYPE Connector
- Waterproof: IP69K
- Dimension: 26x26x20.3

カメラの他、レンズや専用ケーブルもお取り扱い可能です

その他、ご希望のSEKONIX 社製品がございましたらお知らせください
取り扱い可否を確認し、お見積りいたします


海外製品調達ユニポス

2019.09.06

多機能なWYSIWYGエディタ「Froala Editor」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、多機能なWYSIWYGエディタ
Froala Editor のページを追加しました。


froala_editor_image.jpg

Froala Editor は、WYSIWYG型のHTMLエディタを
WEBアプリケーションに実装する、Javascript リッチテキストエディタです。

UXを重視したシンプルなデザインのインターフェースに、
様々な機能を追加することができます
(メーカーWEBのデモページで各種機能をお試しいただけます)。

軽量で動作が高速なことも特徴で、モバイル向けにも最適化されています(※)。
また日本語を含む38の言語に対応しており、
簡単にツールバーメニューをローカライズすることが可能です。


※Pro/Enterprise licenseのみ


【ライセンスの種類】

・Froala Editor - Basic License
ブログやシンプルな個人アプリケーション向けに適したライセンス。

・Froala Editor - Pro License
SaaSやイントラネット、モバイルアプリでの使用にも対応するライセンス。
ドメイン数に制限なくご利用可能です。
※Pro版には、完全なソースコードとメーカーの技術サポートが含まれます

・Froala Editor - Enterprise License
自社のWEBサイト以外で使用されるアプリケーション(製品)にFroala Editorを実装する際に必要な
Redistribution -再配布権 を含んだライセンス。Pro版のすべての機能を備えています。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Froala Editor | 多機能なWYSIWYGエディタ
メーカー (Idera Inc.) WEBサイト

ページの先頭へ