テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】流体・電磁界解析用サーバー例 (2CPU・予算200万)

新着情報

研究PC関連更新情報

2019.08.27

【新着事例】流体・電磁界解析用サーバー例 (2CPU・予算200万)


テグシスWEBサイトに、
「流体・電磁界解析用サーバー例 (予算200万)」の事例をアップしました。

pc-6226b.jpg


こちらの事例は、先日ご紹介いたしました PC-6226A の事例をベースとした
単独クロック重視の2CPU 構成マシンのご要望をいただき、ご提案したものとなります。

CPUは、ご要望に沿ってクロック 3.60GHz (TB時 4.4GHz) の
Xeon Gold 2基を選定しています。
またご予算が200万円ということで、PC-6226Aとは異なり
オンボードRAIDでのHDD2台 (RAID1) 構成となっています。

PC-6226Aと同様に流体・電磁界解析用としてのサーバー運用を想定されており、
ライセンスなどの構成も同じく
Windows Server 2016にて 5人同時ログインするための CAL、RDSライセンス、
およびIntelコンパイラも含めてお見積りしております。


【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6244 (3.60GHz ※TB時 4.4GHz 8コア) x2  (合計16コア)
メモリ 96GB (ECC REG 16GBx6)
ストレージ 4TB HDD ニアライン S-ATAx2 (RAID1)
※オンボードRAID
ネットワーク GigabitLANx2
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 (幅 437 x 高さ89 x 奥行 647 mm)
+ 800W リダンダンド電源
OS Microsoft Windows Server 2016 STD 16Core
その他 ・Parallel Studio XE 2019 Composer Edition for Fortran & C++
- Windows 商用特定ユーザーライセンス
・Windows Rmt Dsktp Services User CAL Open Business x5
・Windows Server User CAL 2019 Open Business x5

※Intelコンパイラに関しましては、特定ユーザーライセンスx1を選定しております。
フローティング利用が必要な場合は別途ご相談ください。

■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
流体・電磁界解析用サーバー例 (2CPU・予算200万)

ページの先頭へ