テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2019年8月の記事一覧

新着情報

2019年8月の記事一覧

研究PC関連更新情報

2019.08.16

【新着事例】流体・電磁界解析用サーバー例 (4CPU・予算400万)new


テグシスWEBサイトに、
「流体・電磁界解析用サーバー例 (予算400万)」の事例をアップしました。

pc-6226A_image.jpg


お客さまより、JMAG (電磁界解析ソフト)、STAR-CCM+ (流体解析ソフト)、
Intel Fortran Compiler などを用いた、
解析用ラックマウントPC導入のお問合せをいただきました。

ご予算 400万円以内で可能な限りコア数を増やしたいとご要望いただきましたので、
12コア×4基 (合計48コア)の 4CPU 構成でご提案いたしました。
また Windows Server 2016にて 5人同時ログインするための CAL、RDSライセンス、
およびIntelコンパイラも含めてお見積りしております。

なおストレージはサーバー用途とのことで、
RAIDカード+SSD RAID5構成としています。



【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6126 (2.60GHz 12コア) x4 (合計48コア)
メモリ 384GB (ECC REG 16GBx24)
ストレージ 960GB SSD Intel DC S-ATAx8 (RAID5)
※ハードウェアRAIDカード
ネットワーク GigabitLANx4
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 (幅 437 x 高さ89 x 奥行 780 mm)
+ 1600W リダンダンド電源
OS Microsoft Windows Server 2016 STD 16Core + 追加ライセンス:32 Core
その他 ・Parallel Studio XE 2019 Composer Edition for Fortran & C++
- Windows 商用特定ユーザーライセンス
・Windows Rmt Dsktp Services User CAL Open Business x5
・Windows Server User CAL 2019 Open Business x5

※Intelコンパイラは今回は特定ユーザーライセンスを選定しておりますが、
フローティング利用が必要な場合は別途ご相談ください。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
流体・電磁界解析用サーバー例 (4CPU・予算400万)

海外製品調達ユニポス

2019.08.14

プリント基板設計ソフトウェア「TARGET 3001!」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
プリント基板設計ソフトウェア TARGET 3001! のページを追加しました。


target_3001_image.jpg

TARGET 3001! は、
プリント基板 (PCB) のレイアウトのためのCAD/CAEソフトウェアです。

レイアウト機能、作成したレイアウトの3Dビュー、回路図ツール、
成形回路部品 (MID)レイアウト機能、
SpiceおよびPSpice互換のMixedModeシミュレーション、
コンポーネントと3Dモデルの作成 (Package Generator)、
フロントパネル設計、オートルータなどの機能を備えています。

用途(非商用/商用)や、ピン・パッド数、銅箔レイヤ数などにより
ライセンス形態が細かく分かれており、
作成物の規模に合わせて最適なライセンスをお選びいただけます。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
TARGET 3001! | プリント基板設計ソフトウェア
メーカー (Ing.-Buero FRIEDRICH) WEBサイト

研究PC関連更新情報

2019.08.13

「Geforce RTX 2080 グラフィックボード」数量限定 特価販売しております


ただいま、NVIDIA Geforce RTX 2080 搭載グラフィックボードを、
数量限定、特価販売しております。

■現在使用しているPCの搭載グラフィックボードの性能に不満があり少し性能を上げたい
■PCにGPUを複数枚搭載したい
■保守用として確保しておきたい

このようなご要望をお持ちのお客さまにおすすめいたします。


テガラで購入したPCへのRTX 2080 グラフィックボードの搭載をご検討のお客様は、
PCのシリアルNo.(42で始まる9桁の番号)をお知らせいただけましたら、
該当PCへの搭載可否(相性など)をお調べいたします。


【製品詳細】

geforce_rtx2080_img.jpg

NVIDIA Geforce RTX 2080
GIGABYTE : GV-N2080TURBO-8GC

特価 : 92,800円 (税別・送料込)
※在庫入れ替えによる特価販売のため、弊社在庫分限りでのご提供となります。

■ 主な仕様
コアクロック : 1710 MHz
CUDAコア数 : 2,944基
メモリ : 8GB GDDR6 256-bit
SLIサポート : 2-way NVIDIA NVLINK

GIGABYTE製 TURBO FANクーリングシステム搭載モデル

スペースの限られた筐体で複数のグラフィックカードを使用するシステム用にデザインされています。
特製エアフローによる高い放熱性能が特徴です。


■ご購入のお問合せはWEBフォームよりお気軽にどうぞ


海外製品調達ユニポス

2019.08.13

単結晶構造解析ソフトウェア「SHELX」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
単結晶構造解析ソフトウェア SHELX のページを追加しました。


georg-august-universitat_gottingen_logo.jpg

SHELXは、独国 ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン 名誉教授
George M. Sheldrick氏によって開発された、単結晶X線回折および中性子回折による、
小分子 (smallmolecular -SM) と 高分子 (macromolecular -MM)の
結晶構造決定のためのプログラムです。

SHELXのプログラムは、
shelXle, Olex2, Oscail, WinGX, hkl2map, CCP4I2, CCP4 online などのGUIや、
ターミナルウィンドウのコマンドラインから呼び出すことが可能です。
なおLinux, Windows, MacOSXでの互換性があります。

SHELXは、
アカデミック用途の場合は無償でご利用いただけますが、
営利利用する際にはライセンスをご購入いただく必要がございます。



【SHELX-2019 に含まれるプログラム】

SHELXT
- New small molecule (SM) structure solution program.

SHELXS
- Classical direct methods for SM structure solution.

SHELXL
- SM and MM refinement, more or less compatible with SHELX76 and SHELXL-97.

PDB2INS
- Preparation of .ins and optionally .hkl files for macromolecular refinement with SHELXL. For structures already deposited with the PDB, only the four character PDB code is required. In about 95% of cases where the PDB deposit includes reflection data, a SHELXL refinement may then be started without needing to change these files.

CIFTAB and ShredCIF
- Editing and processing SM CIF files from SHELXL.

SHELXC, SHELXD and SHELXE
- MM phasing. SHELXD is also useful for SM direct methods.

AnoDe
- preparation and analysis of MM anomalous density maps.


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
SHELX | 単結晶構造解析ソフトウェア
開発元 (Georg-August-Universitat Gottingen) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.08.13

研究開発者向けレンタルサービス tegakariのラインアップに「Structure Sensor」を追加しました

tegakari_img.jpg


ユニポスの人気商品を7日間無料で借りられるサービス「tegakari」の
レンタル対象デモ機ラインアップに Structure Sensor を追加しました

tegakari_structure_sensor_img.jpg

レンタルをご希望のお客さまは、
こちらのページの「予約する」ボタンからお申し込みください。

当サービスは、法人ユーザーさま向けサービスとなります



■ Structure Sensorについて

Occipital 社製の Structure Sensor は、iPadに取り付けることで
3Dスキャナとして使用することができる IRカメラデバイスです。
赤外線を照射し反射させて形状を測定する「非接触赤外線照射方式」を採用しており、
高い精度での3Dスキャン・データ化が可能です。




■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Structure Sensor / iPad用赤外線3Dスキャナ

ページの先頭へ