テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】2CPU、4GPU構成の映像合成AI学習用WS例 (予算400万)

新着情報

研究PC関連更新情報

2019.07.01

【新着事例】2CPU、4GPU構成の映像合成AI学習用WS例 (予算400万)


テグシスWEBサイトに、
「2CPU、4GPU構成の映像合成AI学習用WS例 (予算400万)」の事例をアップしました。


pc-6766.jpg

お客様より、映像合成のためのニューラルネットワーク学習を行うことを目的とした
ワークステーションの購入検討のご相談をいただきました。

GPUはお客様のご要望に応じ、TITAN V での構成でご提案しました。
また各種必要なフレームワークのインストールのご要望もいただきましたので、
弊社にてご指定のフレームワークのインストール及び、
GPU対応のOpenCVをCUDAサポート付きでビルド設定して出荷いたしました。


なお本構成は2CPU+4GPU搭載のため
、消費電力が大きく、
200V環境でのご利用を前提としております。ご注意くださいませ。


【主な仕様】

CPU Xeon Gold 5120 (2.20GHz 14コア) x 2 (合計28コア)
メモリ 192GB ECC REG
ストレージ システム:SSD 4TB (S-ATA) + データ:HDD 4TB (S-ATA)
ネットワーク 10GBase-T x 2
ビデオ NVIDIA TITAN V 12GB x 4 + NVIDIA Quadro P400 (画面出力用)
筐体+電源 4Uタワー筐体 (幅178x高さ462x奥行673mm)
+ 2200W リダンダント電源 ※100Vでのご利用時は1200Wまで
OS Ubuntu 18.04
その他 250V/12A用 オプション電源ケーブル x 2、GPUキット、
NVIDIA CUDA Toolkit、 フレームワークインストール
「あんしん+」 3年保証


なお今回のご提案ではお客様のご希望により
3年延長保証 (あんしん+)を適用しております。


弊社ではGeForce系のシステムに関しても
保証を3年まで延長可能ですのでご検討ください。


geforce_system_anshin_plus.jpg


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
2CPU、4GPU構成の映像合成AI学習用WS例 (予算400万)


ページの先頭へ