テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > Google Edge TPU搭載の開発ボード「Google Coral Dev Board」を追加しました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2019.06.10

Google Edge TPU搭載の開発ボード「Google Coral Dev Board」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、Google Edge TPU搭載の開発ボード
Google Coral Dev Board のページを追加しました。


coral_dev_board_img.jpg
Coral Dev Boardは、
IoTなどのエッジデバイス向けのGoogle Edge TPU (Tensor Processing Unit)搭載の
シングルボードコンピュータです。
SoM (システムオンモジュール) により、オンデバイス機械学習推論アプリケーションを
試作することができます。

Edge TPU の利点:
・TensorFlow Lite サポート (デバイス上で推論を短時間で実施)
・低電力
・省スペース


【取り扱い製品の一例】

■ Coral Dev Board
NXP Semiconductors社のi.MX 8Mをコアとして1枚のボードに統合した小型コンピュータで、
Google Edge TPU 搭載はじめ、USB 2.0 / 3.0ポート、
DSI(Display Serial Interface)、CSI-2(Camera Serial Interface)等、
製品開発に必要な複数のインターフェースを有しています。

【主な仕様】
Edge TPU Module
- CPU: NXP i.MX 8M SOC (quad Cortex-A53, Cortex-M4F)
- GPU: Integrated GC7000 Lite Graphics
- ML accelerator: Google Edge TPU coprocessor
- RAM: 8GB eMMC
- Flash memory: 8 GB eMMC
- Wireless: Wi-Fi 2x2 MIMO (802.11b/g/n/ac 2.4/5GHz) Bluetooth 4.1
- Dimensions: 48 x 40 x 5(mm)

Baseboard
- Flash memory: MicroSD slot
- USB: Type-C OTG Type-C power Type-A 3.0 host Micro-B serial console
- LAN: Gigabit Ethernet
- Audio: 3.5mm ayduo jack / 4 pin stereo terminal
- Video: HDMI 2.0a (full size)
- GPIO: 3.3V
- Power: 5V DC (USB Type-C)
- Dimensions: 88 x 60 x 24(mm)

Supported OS: Mendel Linux (derivative of Debian)
Supported Framework: TensorFlow Lite
Languages: Python and C++

メーカーページのFAQに詳細な情報が掲載されております。


■ Coral USB Accelerator
Raspberry Pi や Linuxコンピュータで動作させる機械学習のためのUSB Acceleratorです。
Googleのエッジで推論を行うために設計された Edge TPU を、対応するLinuxコンピュータに
接続することで、デバイス上で ML推論を実行することが容易になります。

【主な仕様】
ML accelerator: Google Edge TPU coprocessor
Connector: USB Type-C* (data/power)
Dimensions: 65 x 30 (mm)
Operating Systems: Debian Linux
* Compatible with Raspberry Pi boards at USB 2.0 speeds only.


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Coral Dev Board / Google Edge TPU搭載の開発ボード
メーカー (Coral / 開発元 Google LLC.) WEBサイト

ページの先頭へ