テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > 【ワークショップ情報】決定木(ツリー)モデリングツール「TreeAge」 @ 東京

新着情報

海外製品調達ユニポス

2019.05.24

【ワークショップ情報】決定木(ツリー)モデリングツール「TreeAge」 @ 東京


医療、ビジネス、金融や法律といった分野の複雑な問題について、
グラフィカルな決定木を構築できるソフトウェア TreeAge の、
メーカー(TreeAge Software, Inc.) 主催のワークショップ情報です。


■ 該当製品の詳細はこちら
TreeAge Pro / 決定木(ツリー)モデリングツール (ユニポス製品ページ)
メーカー(TreeAge Software, Inc.) WEBサイト


treeage_workshop.jpg


日本で開催される好評のコースとなります。ぜひこの機会にご参加をご検討ください


場所 : 東京 / 日本
日程 : 2020年4月23日~25日(2日半)


ヘルスケア領域の研究向けのTreeAge活用セミナー


【セミナー内容】

■ イントロダクション
- TreeAge Proとは? 基本的な操作法の紹介

■ 費用対効果評価モデルを作ってみよう
- モデルの構造を作る
- 変数の作り方・組み込み方
- さまざまな条件設定の方法 (tree preference)

■ 費用対効果評価モデルで分析してみよう
- 期待値(expected value)計算の復習
- 費用効果分析 (Cost Effectiveness Analysis) を用いた介入の比較
- Dominant (優位)とは?
- Net benefit (純便益)とは?
- クローン機能を使った分析

■ 感度分析の考え方 - 不確実性評価のために-
- 個々のパラメータの不確実性を評価する
- (演習)
- 複数のパラメータの不確実性を評価する
- 確率分布を組み込んだ感度分析

■ エクストラ
- 込み入った条件式の作り方
- 高度な関数の使用
- モデルの妥当性評価・ベイズ推計に基づく修正

■ マルコフモデル
- マルコフモデルとは
- 状態移行モデルをつくる
- 簡単なマルコフモデルを作る
- Markov Cohort Analysis
- Half-cycle correctionとは?
- (演習)

■ マルコフモデルを使った判断分析
- 判断樹モデルとマルコフモデルの統合
- 統合したモデルを使った分析手法

■ 時間依存性マルコフモデル
- 時間依存性とは?
- テーブルを作ってみよう
- トンネル (Tunnel state)を作ってみよう

■ 個人個人を追跡できるシミュレーションモデル(マイクロシミュレーション)
- 患者の不均一性とは?
- 起こったイベントを追跡・記録する
- トラッカー(tracker)変数を使う
- マイクロシミュレーションの実行

■ マイクロシミュレーションでの感度分析
- 一次元感度分析
- 確率論的感度分析

■ さらに高度なテクニック (※時間次第での開催)
- 高度な分析をちょっと覗いてみよう

■ 質疑応答 (※時間次第での開催)


セミナーのお席には限りがございます。参加をご検討の際にはお早めにお申し込みくださいませ。


TreeAge Software 社によるワークショップ情報は下記リンクをご参照ください
(今後のワークショップの日程含む)
Training | TreeAge Software

※ 2019年5月現在、上記の東京でのワークショップ情報は
メーカーWEBサイトにはまだ掲載されておりません。



テガラではこういった海外メーカーの実施する
ワークショップやセミナー、トレーニングへの
申し込み・参加費の支払い手続きのお手伝いもいたします。

ご興味のあるワークショップ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


agency_service_title.jpg
海外手続き代行サービスの詳細は、上記バナーをクリックしご確認ください

ページの先頭へ