テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2019年4月の記事一覧

新着情報

2019年4月の記事一覧

総合インフォメーション

2019.04.26

GW期間中の休業日のお知らせ 5月1日(水)~5月5日(日)new


拝啓

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながらテガラ株式会社は、
GW期間中 以下の日程で休業とさせて頂きます。


2019年5月1日(水)~5月5日(日)

※休業中も、FAX・メールは休まずお受け致しておりますが、
お問い合わせへのご返答は5月6日 (月)以降となります。



よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

敬具
海外製品調達ユニポス

2019.04.24

「IOI Technology 社製 各種I/Oデバイス」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、ホストアダプタ、ブリッジボード、ハブ等の
IOI Technology 社製 各種I/Oデバイス のページを追加しました。

ioi_products_img.jpg

高速 かつ 費用対効果の高い I/Oソリューションを提供する、
台湾 IOI Technology 社の製品を取り扱っております

Gigabit Ethernet, IEEE 1394, USB, Serial ATA,
PCIe Expansion といった規格を対象とした、
ホストアダプタをはじめとする幅広い製品ラインアップがございます。



【取り扱い実績のある製品の一例】

U31-PCIE2XG322_img.jpg

U31-PCIE2XG322
2-port (Two Std-A) USB 3.1 to PCI Express x4 (x2 mode) Gen 3 Host Card

U3X4-PCIE4XE111_img.jpg

U3X4-PCIE4XE111
Quad Channel 4-port (1-port x 4) USB 3.0 to PCI Express x4 Gen 2 Host Card

U3X8-PCIE8XE102_img.jpg

U3X8-PCIE8XE102
Octad Channel 8-port (1-port x 8) USB 3.0 to PCI Express x8 Gen 2 Host Card


IOI Technology社には幅広い製品のラインアップがございます。
製品名・型番等などをお書き添えの上、お気軽にお問い合わせください。
ご希望の製品を、お見積もりいたします。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
IOI Technology 社製 各種I/Oデバイス / ホストアダプタ、ブリッジボード、ハブ等
メーカー(IOI Technology Corporation.) WEBサイト


研究PC関連更新情報

2019.04.22

【新着事例】下水道流況・氾濫解析用PC例 (予算20万)


テグシスWEBサイトに、
「下水道流況・氾濫解析用PC例 (予算20万)」の事例をアップしました。


pc-6663.jpg

お客様より、数値計算ソフトウェア DHI MIKE、Wallingford InfoWorks を用いた
下水道の流況解析や地表面氾濫解析用のPC導入のご相談を頂きました。

現在ご利用中の環境よりも解析処理速度の向上
およびデータハンドリングのストレスを軽減できるPCを、
ご予算20万程度で入手したいというご要望でしたので、
ご指定の要件につき、最優項目をCPUとして予算内で最適な構成をご提案しました。

なお、マルチディスプレイでの使用を想定されているということでしたので、
本構成でもデュアルディスプレイに対応している旨と、
さらに描画性能を強化する場合は、ビデオカード追加のご検討をいただくよう、
ご案内しています。


【主な仕様】

CPU Core i9 9900K (3.60GHz 8コア)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 1TB (S-ATA)
ネットワーク GigabitLANx1
ビデオ on board (DVI-Dx1 VGAx1 HDMIx1)
筐体+電源 ミニタワー筐体 (幅180 x 高さ363 x 奥行 370 mm) + 400W
OS Windows 10 Pro 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
下水道流況・氾濫解析用PC例 (予算20万)

海外製品調達ユニポス

2019.04.19

【記事】RealSense D415とD435 および D435iとT265の比較と選び方


realsense_series.jpg

人気の3Dカメラ Intel RealSense Dシリーズには
現在 D415、D435、D435i の3種類のモデルがラインアップされています。
また、2019年3月には RealSense トラッキングカメラ T265がリリースされました。

今回はこれらのモデルの違いについてご紹介をしたいと思います。
どの機種を選ぶべきか迷った際のご参考になれば幸いです。


※本記事は以下のWEBページを参照しています
Which Intel RealSense device is right for you
Choosing an Intel RealSense Depth Camera



まず、D415 と D435 の3Dカメラとしての
スペック上の主な違いについては以下のようなことが挙げられます。

※D435iについては
慣性測定ユニット(IMU)が搭載されている以外の点についてはD435と全く同等となります


その1 : 視野角度 (FoV)
D415 : およそ 65°
D435 : およそ 85°

カメラ性能の観点からみると、D435は視野角度が広いため、
画像の特定部分を見た場合に粒度の値が小さい(つまり解像度が低い)といえます。
ステレオカメラは2つのセンサにより、わずかに異なる視点からの2つの画像を取得し、
それらを比較し深度を特定しています。

compare_d435_d415.png
こちらの画像は各カメラのセンサが取得したイメージを拡大・誇張したものです。
画像中の同じサイズの領域(四角で囲った部分)を見ると、
D415のほうがピクセル密度が高いといえます。
これは同じポイントで特定の領域について
D435よりもD415の方が、より正確だということになります。

これは障害物回避や人検知のような用途の場合には大きな差はありませんが、
3Dスキャンなど精度が最優先の用途の場合には、
D415の方がより優れた正確なスキャンが可能だと言えます
(いうなれば、D415のほうがD435に比べて2倍以上の精度)。


その2 : シャッタータイプ
D415 : ローリングシャッター
D435 : グローバルシャッター

D415で採用されているローリングシャッターは、
左右 もしくは 垂直に素早く対象をスキャンすることで
シーン内の全てのピクセルを記録する方式となっています。
これらは通常、数フレームの間に実施されますが、
データはそれぞれ単一のフレームとして保存されます。

rolling_shutter_img.jpg
※ローリングシャッターのイメージ


一方、D435で採用されているグローバルシャッターは
シーン全体を一つのフレームにスナップする方式で、
各ピクセルが同時にキャプチャされるという点で、
ローリングシャッターとは動作が異なります。

global_shutter_img.jpg
※グローバルシャッターのイメージ


その3 : モジュールに関する違い

D415 : Intel RealSense D415 module を使用
D435 : Intel RealSense D430 module を使用

D415については、Imagers, Emitters, RGBカメラ が
一つのコンピュータボードもしくはstiffener (補強板)上にあるため
キャリブレーションの実施がはるかに容易だという特長があります。

一方 D435においては、RGBカメラはモジュール上にはありません
(RGBカメラはモジュールに別途接続されている状態)。
デプスアルゴリズムはセンサの正確な配置に基づいているため、
同じstiffener (補強板)に固定をしないと、
深度とRGB間のキャリブレーションが困難になる可能性があります。
しかし、「RGBカメラを選択できる」という柔軟性も
以前からユーザーに求められていた機能であるということもあり、
ユーザーの利用方法によってはこれはメリットとなる部分でもあります。


その4 : Imager の違い

D415 : 2メガピクセルのImager を使用
D435 : 1メガピクセルのImager を使用


その5 : 最小Zの違い

カメラとキャプチャ対象との距離(最小Z)について、
D435はD415と比べて任意の範囲でより多くの深度ノイズ (>2倍) があり、
同じ解像度での最小操作距離が小さくなる(約0.5倍)ため、カメラにより近づことができます。
たとえば、848×480の解像度において、
D415の最小Zはおよそ29cm、一方D435の最小Zはおよそ17cmとなります。



■ 3Dカメラとしての比較まとめ

D415 と D435 (D435i)にはそれぞれに特徴があり、
ユーザーさまの用途により使い分けていただくのがベストな選択方法だと言えます
(なお価格はD415のほうがお求めやすくなっています)



それぞれこのような用途におすすめです

D435 :
視野角が広いことにより、ロボットやドローン等のナビゲートやトラッキング用途 に適している。
またグローバルシャッターは高速で動く対象を撮影する際に優れたパフォーマンスを発揮する。

D415 :
取得する画像データに正確さが求められる3Dスキャンなどの用途 に適している。

-------------------------------------------------------------------------

続いて、D435i と T265についてのご紹介です。

d435i_t265_img.jpg

D435iは3Dカメラとしての仕様はD435と同等ですが、
慣性測定ユニット(IMU)が追加搭載されています。

※ IMUは、深度データと同期して装置そのものの動きを測定することを可能にします。

T265にもこのIMUが搭載されていますが、
さらに2つの魚眼カメラと独自のアルゴリズムを使用し、
空間内の自身の位置を高い精度でトラッキングすることができます。
なおT265は3Dカメラではないため、深度データを得ることはできません。
ただし、T265をD400シリーズの3Dカメラと組み合わせることで、
高精度のトラッキングと高品質の深度データとを組み合わせることが可能です。

なおD435iを使用して、SLAM向けに同様のアルゴリズムを実行することも可能です
(この場合、D435iが接続されているホストデバイス上で実行され、
T265アルゴリズムはカメラ自体で実行されます)。
アプリケーションによっては、これで十分なトラッキング精度を得ることができます。
ただしトラッキング精度が非常に重要な場合や、
カメラが何度も素早い回転をするといった大きな動きをすることが想定される場合には、
T265の方がより優れた能力を発揮します。


■ トラッキングカメラとしての比較まとめ


それぞれこのような特徴があります

D435i :
・トラッキング情報に加え、深度情報も同時に取得が可能
・生のIMUデータを接続されたホストデバイスへ直接配信する


T265 :
・より精度の高いトラッキング情報が必要とされる場合に適している
・デプスカメラではないため、深度情報は取得できない (※)
・魚眼レンズ搭載センサにより、163±5°という広範囲の視野をカバー
・IMUの読み取り値を自身のIntel Movidius Myriad 2.0 VPUにリダイレクトする

※ ただしDシリーズと組み合わせて使用することで、深度情報も取得可能
(組み合わせ例 : T265+D435 or T265+D415)

-------------------------------------------------------------------------

なおいずれのデバイスでも、
同じオープンソースのIntel RealSense SDK 2.0を使用しているため、
後に別のデバイスへ切り替えるような場合にも
互換性のあるコードを簡単に作成することができます。

これは今後リリースされるデバイスにおいても同様ですので、
構築したデータは将来的に機能するといえます。

-------------------------------------------------------------------------

テガラの研究開発者向け海外製品調達サービス「ユニポス」でも
RealSense Depth Camera D シリーズ および
RealSense Tracking Camera T265 をお買い求めいただます。

■ 商品の詳細、お問い合わせはこちら
Intel RealSense Depth Camera (D415/D435/D435i)
Intel RealSense Tracking Camera T265


海外製品調達ユニポス

2019.04.19

3Dホログラムを表示可能なデスクトップディスプレイ「Looking Glass」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、3Dホログラムを表示可能なデスクトップディスプレイ
Looking Glass のページを追加しました。


looking_glass_img.jpg
Looking Glassは、厚みのあるガラスの中に3Dホログラムを表示することができる、
デスクトップ型ホログラフィックディスプレイです。
VRやARのヘッドセットを必要とせずにに3Dを確認・表示することが可能で、
また複数人で同時に同じ3Dを確認することができることも特長です。

8.9インチのStandardモデルと15.6インチのLargeモデルの2種類が用意されており、
それぞれUnity向けのHoloPlay SDK と Appライブラリが付属します。



Looking Glassは、このようなユーザーにおすすめです

・Unity開発者
- Construct 3D game scenes and test how your character or asset behaves in real-time.

・3Dアーティスト
- Share your work with others, using tools like Maya, Blender, and AutoCAD.

・インダストリアル/プロダクトデザイナー
- Iterate with your team in real time, streamlining your design process.

・建築・インテリアデザイナー
- Enhance your client experience by manipulating a 3D scene within a truly spatial display.

・デジタル・ファブリケーション関係者
- Create full-on "3D classrooms" without needing 3D glasses, VR/AR headgear, or 3D printers - products that often require huge upfront investment.

・その他 3Dに携わる制作者やファン
- Help create the future of 3D. Photogrammetry, experimental lightfield capture, iPhone X depth mapping, and more!


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Looking Glass | 3Dホログラムを表示可能なデスクトップディスプレイ
メーカー(Looking Glass Factory) WEBサイト

ページの先頭へ