テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例 (予算200万)

新着情報

研究PC関連更新情報

2019.01.25

【新着事例】マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例 (予算200万)


テグシスWEBサイトに、
「マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例(予算200万)」の
事例をアップしました。


pc-6523.jpg

お客様より、使用ソフトウェア STAR-CCM+(将来的にはparticleworks)を
使用するためのワークステーションPC(予算200万)のご相談を頂きました。

コア数は出来るだけ多く、ストレージは最低10TBの容量、
かつ、将来的にGPUを追加できるよう、拡張性も残したいとの
お客様のご希望を満たした構成でご提案しました。

20コアのCPUを2基(合計40コア)搭載しており、
メモリに関しては、コア数が多い構成なため、
CPUへのメモリ帯域を優先し、192GB(1CPUあたり6枚構成)としています。

GPUについては、計算用兼用として、将来的にQuadroの上位モデルを
増設可能となっております(*TESLAの増設には対応できません)。

【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6148 (2.40GHz 20コア) x2 (合計40コア)
メモリ 192GB (16GBx12) ECC REG
ストレージ システム:SSD 1TB
データ:HDD 10TB (SATA)
ビデオ NVIDIA Quadro P2000
ネットワーク GigabitLAN x2
筐体+電源 タワー筐体 (幅178 x 高さ452 x 奥行 647 mm) + 1200W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
マルチフィジックス数値流体解析(CFD/CAE)用WS例(予算200万)

ページの先頭へ