テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2019年1月の記事一覧

新着情報

2019年1月の記事一覧

海外製品調達ユニポス

2019.01.18

6軸制御のオープンソース・ロボットアーム「Niryo One」を追加しましたnew


ユニポスWEBサイトに、
6軸制御のオープンソース・ロボットアーム Niryo One のページを追加しました。


niryo_img.jpg

Niryo One は、
3Dプリンタ出力パーツで構成された、6軸制御のオープンソース・ロボットアームです。

教育機関やメーカー、開発者など幅広いユーザー向けに設計されており、
ロボットを直接手で動かし動作を学習させるラーニングモードや、
Blocklyベースのオリジナルデスクトップアプリケーション(Niryo One Studio)により、
プログラミングの知識がなくともロボットアームをコントロールすることが可能です
(ROSやPython, C++でのプログラミングも可) 。

5種のエンドエフェクタパーツを付け替えることで、
様々なオブジェクトを取り扱うことができます。


【Niryo One 特徴】

・手動で動作を学習させるLearning modeと、
ビジュアルプログラミングツールBlocklyベースのデスクトップアプリケーションNiryo One Studioにより、
プログラミングの知識無しに簡単にNiryo Oneの制御が可能

・Xboxコントローラでの操作が可能

・Easy-to-useなPython APIを使用しロボットにコマンドを与えることも可能

・ROSコードに直接dive intoしたり、 Python や C++ でのプログラミングも可能

・Modbus serverが稼動しているため、独自のAPIを開発し産業デバイスにNiryo Oneを接続することが可能

・デジタルピン搭載により、ArduinoやRaspberry Piと接続することが可能

・各パーツの3Dプリントデータ(STL files)をGithabからダウンロードし、ロボットのカスタマイズが可能



テガラ株式会社は Niryo Oneの認定リセラーです

■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Niryo One | 6軸制御のオープンソース・ロボットアーム
メーカー (Niryo.) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.18

【ワークショップ情報】TreeAge @ 米国


医療、ビジネス、金融や法律といった分野の複雑な問題について、
グラフィカルな決定木を構築できるソフトウェア TreeAge の、
メーカー(TreeAge Software, Inc.) 主催のワークショップ情報です。


■ 該当製品の詳細はこちら
TreeAge Pro / 決定木(ツリー)モデリングツール (ユニポス製品ページ)
メーカー(TreeAge Software, Inc.) WEBサイト


treeage_workshop.jpg


場所 : Boston, MA, USA
日程 :
2019年4月9日/10日 : Two-day Training
2019年4月11日 : Advanced Training


場所 : New Orleans, LA, USA
日程 :
2019年5月15日/16日 : Two-day Training
2019年5月17日 : Advanced Training


■ 2-Day Training について

The two-day Healthcare Modeling Course is a comprehensive introduction to health economic modeling using TreeAge Pro.
We introduce the required elements of theory, then provide hands-on instruction for creating and analyzing models.

Day 1 focuses on basic decision trees, cost-effectiveness analysis, and deterministic & probabilistic sensitivity analysis.
Day 2 introduces Markov models, then those models are analyzed using all the techniques used in Day 1.
The course finishes with individual patient simulation models, allowing for both heterogeneity and event tracking in Markov models.


■ Advanced Training について

This one-day course extends training into advanced modeling techniques and tools.

We start by building a complex Markov simulation model with mutli-dimensional calculations driving the probability of events. Those events then lead to long-term changes in costs and utilities, mimicking the impact of events on real patients.

The next section focuses on Discrete Event Simulation (DES) models, where Markov transition probabilities are replaced by time-to-event distribution sampling. We start with simple examples with fixed risk, then extend it with more complex time-to-event calculations.

In the next two sections, we use built-in reporting and debugging tools that help you understand, validate and debug your models.

We then introduce more complicated models. First, we work with dynamic cohort models that focus on population dynamics and budget impact. Then we move to parallel trial models where there is interaction among the individual patients within the cohort.

The course finishes with bootstrapping to use real patient data to assign personal characteristics to our model's simulated patients. We then segregate the output using those characteristics to look for subgroups that might benefit from a different treatment strategy.



TreeAge Software 社によるワークショップ情報は下記リンクをご参照ください
(今後のワークショップの日程含む)
Training | TreeAge Software



テガラではこういった海外メーカーの実施する
ワークショップやセミナー、トレーニングへの
申し込み・参加費の支払い手続きのお手伝いもいたします。

ご興味のあるワークショップ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


海外製品調達ユニポス

2019.01.17

画像から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ・ソフトウェア「RealityCapture」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、画像から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ・ソフトウェア
RealityCapture のページを追加しました。


reality_capture_img.jpg

RealityCapture は、
写真やレーザースキャンのデータから美しく正確な3Dモデルを自動で作成する、
フォトグラメトリ・ソフトウェアです。

高速な処理や仕上がり品質の高さが特長で、
また画像の位置合わせ、メッシュの計算、テクスチャ、平行投影、
DSM、ジオコーディング、座標系変換といった機能も備えています。

写真とレーザースキャンデータを組み合わせて利用することで、
より精度の高いモデルを作成することも可能です。


測量・マッピング、文化遺産・建築、ゲーム、VFX、VR/AR、
フルボディスキャン・プリント、研究・医学、製造業...など、
様々な分野で活用されています。


【ライセンスの種類】

弊社で取り扱いが可能なのは以下2種類のライセンスとなります


RealityCapture


- Perpetual license (永久ライセンス)
- 1 st year free updates
- 1 st year technical support
- 25% maintenance fee
- Offline during export※
- No CLI possibility


RealityCapture CLI ※ 1-year licenseのみ
コマンド・ライン・インターフェース(CLI)が利用可能でバッチ処理に適したライセンス

- 1-year license (年間ライセンス)
- Fully-featured application
- Commandline Interface (CLI)
- Free updates
- Technical support
- Offline during export※

※You can use the application offline without limitations.
The app sends a small batch with statistics like the count of images, scans or triangles only when exporting results.


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
RealityCapture | 画像から3Dモデルを作成するフォトグラメトリ・ソフトウェア
メーカー (Capturing Reality s.r.o.) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.17

映像品質のモニタリングサービス「Elecard Boro」の情報を追加しました


映像品質の分析や映像圧縮最適化のための
プロフェッショナル向けツールを開発・提供する Elecard 社
モニタリングサービス Elecard Boro の情報を追加しました。


elecard_boro_img.jpg

Elecard Boroは、
全てのデジタル/圧縮映像アプリケーション向けに設計されたモニタリングサービスです。
より良い映像品質のために、
サービス品質(QoS)と体感品質(QoE)のパラメータの主要測定を提供します。

各パラメータについて

QoS
- Signal Loss
- Continuity Counter, Clock Continuity
- ETSI TR 101 290 (priority 1)
- Inter-Packet Arrival Time (IAT)
- Download/Multicast/Payload Rate
- Stream Headers validation
- In-depth HLS Analysis

QoE
- Video Freeze
- Estimated PSNR
- SCTE-35 analysis
- Closed Captions extraction
- Video Thumbnails
- Frame capture by events
- Video recording by event


Elecard Boroはソフトウェア「Boro probe」と
クラウドベースの「Boro server」の2つにより構成されています。


boro_Scheme.jpg

それぞれの主な機能は以下をご覧ください。

Boro probe
- Continuity Counter
- Signal loss
- ETSI TR 101 290 (Priority 1)
- Clock Continuity
- Video freeze
- EPSNR
- Conformance between video stream headers (profile/level values) and actual stream parameters
- Download rate/Multicast rate
- Payload rate
- HEVC /H.265 support
- SCTE-35 analysis
- Closed Caption
- Frame capture by specified criteria (events) and time intervals
- In-depth analysis of HLS protocol

Cloud-Based Server
- Managing probes via web interface
- Saving and loading a probe's task profile on the server
- Email error notifications
- Keeping collected data for 2 weeks or longer by request
- Data backup
- Providing statistical data at the convenient view
- Access to the server data via the browser from any device located in any place


Elecard Boro についてのより詳細な情報は、
メーカーWEBサイト および
サービス紹介パンフレット (英語/PDFダウンロード)をご覧ください。


テガラ株式会社は Elecard社の認定リセラーです
この他のElecard社製品についてもお取り扱いしておりますので、
ご希望の製品名をお書き添えの上、お気軽にお問い合わせください。




■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Elecard ビデオ分析ソフトウェア
メーカー (Elecard company) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2019.01.16

【ワークショップ情報】PLA 3.0 @ US and Germany


平行線検定法、平行線ロジスティック回帰分析において求められている
様々な機能を搭載したソフトウェアスイートである PLA 3.0 の、
メーカー(Stegmann Systems) 主催のワークショップ情報です。


■ 該当製品の詳細はこちら
PLA 3.0 / 平行線検定法、平行線ロジスティック分析のためのソフトウェア (ユニポス製品ページ)
メーカー(Stegmann Systems) WEBサイト


pla_workshop.jpg


場所 : San Francisco, CA, USA
日程 : 2019年4月15日~17日

4月15日/16日 : PLA 3.0 Super User Training
4月17日 : PLA 3.0 Advanced Analysis Workshop


場所 : Frankfurt, Germany
日程 : 2019年6月17日~19日

6月17日/18日 : PLA 3.0 Super User Training
6月19日 : PLA 3.0 Advanced Analysis Workshop


■ Super User Training 内容

・Introduction to PLA 3.0
・What has changed from PLA 2.x?
・Basic Operations
・Capabilities (Document Types)
・Advanced Operations
・Workflow Support
・Template Generation
・Statistics
・Setting up complex assays
・IT Administration
・Validation

The training covers all aspects of functional administration of PLA 3.0. During the training, two protocols (a simple and a sophisticated protocol) will be implemented for use by operators.


■ Advanced Analysis Workshop 内容

・Quantitative Response Assays
- Response and Dilution Handling
- Regression Models
- Potency Estimation
- ANOVA Models
- Configuration Optimizer for Parallel-Line Assays
- Assay and Sample Suitability Tests

・Combination Calculations
- Reportable Values from Assay Replicates
- Simple mean calculation vs. combination calculations

・Equivalence Margin Development
- Challenges with Equivalence Margins according to USP
- Development of an Equivalence Test System from historic assay data
- Challenging a developed Equivalence Test System
- Simulation of acceptable curve shapes

・Assay Monitoring
- Control Charts within PLA 3.0

While the PLA 3.0 Super User Training focusses mainly on the workflow aspects and basic analysis tasks, the Advanced Analysis Workshop reveals much more in-depth details


Stegmann Systems 社によるワークショップ情報は下記リンクをご参照ください
(今後のワークショップの日程含む)
Training Overview | PLA 3.0
Events von Stegmann Systems | Eventbrite



テガラではこういった海外メーカーの実施する
ワークショップやセミナー、トレーニングへの
申し込み・参加費の支払い手続きのお手伝いもいたします。

ご興味のあるワークショップ等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ