テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > 19の関節数を持つ研究用ロボットハンド「qb SoftHand Research」を追加しました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2018.12.07

19の関節数を持つ研究用ロボットハンド「qb SoftHand Research」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、19の関節数を持つ研究用ロボットハンド
qb SoftHand Research のページを追加しました。


qbsofthand_img.jpg

qb SoftHand Research は、soft-roboticsテクノロジーをベースとし、
人間の関節の原理に基づいた擬人化(anthropomorphic)ロボットハンドです。


ドアノブを回す、つまみをひねる、ボタンを押す、
モノを掴んで別のところに移動する...といった
複雑な動作を制御動作を変更することなく実施することが可能です。
異なるオブジェクトを把握し操作することができる柔軟性、適応力の高さが特徴です。


Windows や Linux(Ubuntu)に加え、ROS や Matlabでの制御にも対応しています。


【qb SoftHand 主な仕様】

- Flexible, Adaptive & Robust
- 19 anthropomorphic DOFs, one synergy, one motor
- Dislocatable, self-healing finger joints
- Grasp force 62N (pinch configuration)
- Nominal payload 1,7kg (pinch configuration)
- From wide open to clenched fist in 1.1 s
- USB & RS485 interfaces
- ROS Compatible
- UR+ Certified by Universal Robots
- Weight: 500g
- Feedback: motor position and motor current


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
qb SoftHand Research / 19の関節数を持つ研究用ロボットハンド
メーカー (qbrobotics) WEBサイト

ページの先頭へ