テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 産業PC関連更新情報 > 【新着事例】バッテリー搭載の生産設備用PC例

新着情報

産業PC関連更新情報

2018.12.27

【新着事例】バッテリー搭載の生産設備用PC例


テグシスWEBサイトに、
「バッテリー搭載の生産設備用PC例」の事例をアップしました。


pc-5213.jpg

お客様より、
24時間運用を前提とした生産設備で使用するPCのお問い合わせを頂き、
弊社からご提案した事例です。

PC自体にバッテリーを搭載することで、
電源供給が止まっても動き続ける(安全にシャットダウンできる)ようにしたいという
お客様からのご要望を実現しています。
また、電源は24時間稼働ということでニプロン電源としております。
200V用のケーブルに変更することで200V環境でもご利用可能です。

その他、RAIDによる冗長かつ、
フロントからSSD交換メンテナンスが可能な構成であること、
OSはマルチランゲージのもの...といった、
ご指定の要件を満たした仕様にて、ご提案させていただきました。


【主な仕様】

CPU Core i5 4590S (3.0GHz 4コア)
メモリ 4GB
ストレージ 500GB SSD  (SATA) × 2 
オンボードRAID (RAID1)
ネットワーク GigabitLAN × 2
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (200x430x460 mm)
+ ニプロン電源 連続最大容量 350W (ピーク500W)
OS Windows 7 Ultimate for Embedded Systems
その他 2.5″ HDDホットスワップ 2Bay /内蔵型ニッケル水素バッテリパック


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
バッテリー搭載の生産設備用PC例

ページの先頭へ