テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2018年10月の記事一覧

新着情報

2018年10月の記事一覧

海外製品調達ユニポス

2018.10.29

2入力/4出力のUSBマルチプレクサ「USB-Multiplexer 2x4」を追加しましたnew


ユニポスWEBサイトに、2入力/4出力のUSBマルチプレクサ
USB-Multiplexer 2x4 のページを追加しました。


usb_multiplexer_2x4_img.jpg

USB-Multiplexer 2x4 は、USBデバイスのためのPC制御マルチプレクサです。
2つの入力ポート、4つの出力ポートを備えており、
2つの異なるシステムを4つのUSBデバイスに接続することが可能です
(接続アクティビティは1つのみ)。

テスト環境や、PC設定用の様々なソフトウェアをアップロードする場合
(異なるブータブルUSBメモリを用いる場合)などに利用されます。



【各接続ポートについて】

- 入力ポート: 2 x USB Type A
- 出力ポート: 4 x USB Type A
- PCとの接続 : 1 x USB Type B


【制御ソフトウェアについて】

Windows環境:
メーカー提供のソフトウェアを使用しての制御(コマンドcallを通しての切り替え)が可能です。
※メーカーWEBサイトにて無償でダウンロード可能 (ClewareControl / USBswitch / USBswitchCmd)

Linux環境:
ソースコードでプログラムインターフェースとシンプルなサンプルアプリケーションが提供されます



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
USB-Multiplexer 2x4 /  2入力/4出力のUSBマルチプレクサ
メーカー (Cleware GmbH) WEBサイト

研究PC関連更新情報

2018.10.29

【新着事例】VR利用に適したマシンの例 (予算40万)


テグシスWEBサイトに
「VR利用に適したマシンの例 (予算40万)」の事例をアップしました。


pc-6249.jpg

VRヘッドマウントディスプレイ 「HTC Vive Pro」を用いて
VRを利用するのに適したマシンのお問い合わせをいただきました。

ご相談をいただいた時点での弊社よりご提案可能な最新スペックとして、
Core i7 9700K や Geforce RTX 2080 を搭載することを想定し、構成をご案内しました。

快適性を高めるため、VR利用のみのスペックとしては高めでのご提案としております。

なお開発環境としてもご利用される場合は、
環境に合わせてさらにスペックを上げた構成でのご提案も可能です。


【主な仕様】

CPU Core i7 9700K (3.60GHz 8コア)
メモリ 32GB (16GBx2)
ストレージ M.2 SSD 512GB
ビデオ NVIDIA Geforce RTX 2080
ネットワーク GigabitLAN x1
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (幅233 x 高さ465 x 奥行 543 mm) +650W
OS Windows 10 Professional 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
VR利用に適したマシンの例 (予算40万)

海外製品調達ユニポス

2018.10.22

衛星測位システムからのデータ受信ボード「UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready)」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、衛星測位システムからのデータ受信ボード
UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready)
ページを追加しました。


NEO-M8T_receiver_board_img.jpg

UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready) は、
GPS/米国、GLONASS/ロシア、Galileo/欧州、
BeiDou/中国、QZSS/日本、SBAS といった
衛星測位システムからのTIMEとRAWデータを受信する、
UBLOX社製モジュールNEO-M8Tを搭載した評価ボードです。

わずか40×18mm / 8.1g と超小型・軽量のボード上に
SMAアンテナコネクタを備えており、RTKシステムやUAVシステム、
ロボット、ラジコン、FPVシステムなどへの搭載に適しています。


【主な仕様】

・72-channel u-blox M8 engine GPS/QZSS L1 C/A, GLONASS L10F, BeiDou B1
 SBAS L1 C/A: WAAS, EGNOS, MSAS Galileo-ready E1B/C
・SuperSense Indoor GPS, -167dBm
・On-board Ultra low noise 3.3V voltage regulator and RF filter for noise blocking
・USB, I2C and Uart (Tx,Rx) RAW data out avail
・Support active antenna
・u-center GPS Evaluation Software
・Extensive visualization and evaluation features
・Supports AssistNow Online and AssistNow Offline A-GPS services
・1 TTL UART port, 1 USB port, 1 I2C port
・Time pulse LED
・Flash memory for firmware upgrade and settings inside in the module
 (can save setings without battery)
・Battery for HOT module start
・Dimensions: 40x18mm
・Weight 8.1 gram
・Fully assembled and ready to use



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
UBLOX NEO-M8T TIME & RAW receiver board with SMA (RTK ready)
衛星測位システムからのデータ受信ボード


メーカー (CSG Shop) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2018.10.19

MacOS / Linux対応 リバースエンジニアリングツール「Hopper Disassembler」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、MacOS / Linux対応 リバースエンジニアリングツール
Hopper Disassembler のページを追加しました。


hopper_img.jpg

Hopper Disassembler は、
アプリケーションの逆アセンブル、逆コンパイル、デバッグ機能を備えた、
リバースエンジニアリングソフトウェアです。

Mac OS Ver.では Cocoa frameworkを、Linux Ver.では Qt 5を使用しており、
それぞれのOS環境に完全に適合されています。

Pythonスクリプトを使用しての機能呼び出しや、
Hopper SDKを利用しての機能拡張が可能な点、
また手ごろな価格で多くの機能を備えていることなどが高く評価されています。



【対応プロセッサ】

Hopperでは、これらのプロセッサをターゲットとするバイナリの逆アセンブルが可能です

・Intel (32 and 64bits)
・ARM (ARMv6, ARMv7 and ARM64)
・PowerPC processors

- Hopper SDKを利用することで他のCPUに対応することも可能
- iOSバイナリの逆アセンブルも可能


【対応ファイル形式】

・Mach-O binaries (Mac and iOS)
・PE32/32+/64 Windows binaries
・ELF binaries



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Hopper Disassembler
MacOS / Linux対応 リバースエンジニアリングツール


メーカー (Cryptic Apps) WEBサイト

海外製品調達ユニポス

2018.10.18

Mac OS用 画像処理ソフトウェア「GraphicConverter」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
Mac OS用 画像処理ソフトウェア GraphicConverter のページを追加しました。


graphicconverter_img.jpg

GraphicConverter は、アマチュア写真家からプロのデザイナーまで、
世界150万人以上のユーザーに利用されているMacOS用画像処理ソフトウェアです。

約200種類の画像形式のインポート、
また約80種類の画像形式へのエクスポートに対応するほか、
使いやすい画像ビューアや画像編集ソフトとしての機能も備えています。
マルチリンガル仕様で、日本語にも対応しています。



【GraphicConverter 機能の一例】

インポート&エクスポート機能
- 約200種の画像形式のインポート、約80種の画像形式へのエクスポート
- 画像のカタログデータ作成 (WEB/HTML、印刷、画像ファイル)
- カメラから直接の写真インポート (RAWも可能)
- スキャナ用TWAINインターフェース

画像構成&ワークフロー管理
- グラフィカルなファイルと画像ブラウザ
- スライドショー機能
- バッチ変換処理
- AppleScript対応
- 顔検出

画像編集
- 明度やコントラストなどの調整機能
- WEBでの使用に向けた画像の調整と作成機能
- 基本的な画像編集機能
- エフェクトやフィルタなどの高度な画像操作機能
- プラグイン・アーキテクチャ
- ColorSync と ICC profiles によるカラーマネジメント
- 3Dイメージへの対応

互換性
- さまざまなMacOS バージョンの最新テクノロジに対応
- JPEG2000形式に対応
- 12言語のマルチリンガル仕様 (日本語にも対応)



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
GraphicConverter / Mac OS用 画像処理ソフトウェア
メーカー (Lemke Software GmbH) WEBサイト

ページの先頭へ