テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > ブラウザからの印刷設定を制御・定義するツール「ScriptX」を追加しました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2018.09.08

ブラウザからの印刷設定を制御・定義するツール「ScriptX」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、ブラウザからの印刷設定を制御・定義するツール
ScriptX のページを追加しました。


scriptx_logo.jpg

ScriptX は、インターネットブラウザベースでの印刷において、
各種印刷設定を定義することが可能なツールです。
ScriptXが適応された特定のURLやWEBアプリケーションにおいて
印刷を実施しようとした際に、ユーザー環境に依存せず、
常に同様の印刷設定にて印刷されるようにすることができます。

出力プリンタ、給紙元、印刷用紙サイズや、ヘッダやフッタ、
余白、印刷の向きといった項目が設定可能です。



【ライセンスの種類】

ScriptX.Add-On
Windows PC環境のInternet Explorer 8 ~ 11で使用が可能なScriptX フル機能版。

For Internet Explorer
インターネット、イントラネット、エクストラネット上で、
IEで表示するWEBアプリケーションから
ローカルもしくはネットワークプリンタへのプリントが可能です。

For Windows Applications
単一のWindows(VBやVB.NET/C# 等)実行ファイルに
ScriptXの機能を盛り込む場合に適応されるライセンス。
アプリケーションやインターネットインフォメーションサービス(IIS)などでの
HTMLプリントエンジンとして使用することが可能です。


ScriptX.Services
Firefox, Chrome, Edge, Safari等の環境でも使用が可能なScriptX。
※2018年9月現在、メーカーより提供されているのは
オンプレミス向けの「For On-Premise Devices」ライセンスのみとなります。

For On-Premise Devices
Windows Server 2012以降もしくは適切なワークステーション(IIS)にホストされた
ScriptX.Services サーバーで利用することができる
ローカルもしくはネットワークプリンタへのプリントが可能です。

ページの先頭へ