テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】ANSYS Fluent 向け 4CPUワークステーション

新着情報

研究PC関連更新情報

2018.05.30

【新着事例】ANSYS Fluent 向け 4CPUワークステーション


テグシスWEBサイトに、
「ANSYS Fluent 向け 4CPUワークステーション」の事例をアップしました。

pc-5883.jpg

お客様より、汎用熱流体解析ソフト ANSYS Fluent 向けに
64コア搭載のワークステーションを検討しているとのご相談をいただきました。

16コアCPU×4 の64コア搭載で、
メモリは1TB、ストレージはRAID1 (ミラー仕様)とした構成をご提案しました。

今回の用途ではプリ・ポスト処理は行わず、
解析専用機としての使用を想定しているということでしたので、
グラフィックはオンボードのみとなっています。
GPU搭載の必要がある場合には別途ご相談いただければと思います。

【主な仕様】

CPU Xeon Gold 6142 (2.60GHz 16コア) x4
メモリ 1TB(ECC REG 32GBx32)
ストレージ 960GB SSD Intel DC S-ATAx2 (RAID1)
※ハードウェアRAIDカード
ネットワーク GigabitLANx4
筐体+電源 2Uラックマウント筐体 (幅 437 x 高さ89 x 奥行 780 mm)
+ 1600W リダンダンド電源
OS CentOS 7


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら

ページの先頭へ