テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > 水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)「Boxfish」を追加しました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2018.04.05

水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)「Boxfish」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)
Boxfish のページを追加しました。


boxfish_img.jpg

Boxfish はニュージーランドに拠点を置く企業、
Boxfish Reserch社の開発する水中撮影機器シリーズです。


水中探査などの分野での活用が期待される、
最大水深1,000mでの4K UHDの映像撮影が可能な Boxfish ROV と、
最大水深300mで5K解像度の360°映像が撮影可能な Boxfish 360
ラインアップされています。




boxfish_rov_img1.jpg

Boxfish ROV

水深1,000mまで対応可能な水中ドローン (ROV - Remotely Operated Vehicle)。
独自の8ベクトルのスラスタ推進システム・安定化システムにより
水中でも揺れの少ない安定した撮影が可能です。
4K UHDの高解像度映像を3-6時間(バッテリー稼動時間)、撮影が可能で、
また重量23kgと比較的コンパクトなため、小さなボートで一人で持ち運び使用することができる
...といった利点があります。



boxfish360.jpg

Boxfish 360

水深300mまで対応可能な水中360度カメラ。
映像で5K (5040x2520)まで、静止画で12.1メガピクセルの解像度に対応しており、
標準バッテリーで最大90分、オプションのバッテリーエクステンダーを用いることで最大3時間、
水中の360度映像や360度のRAW写真を撮影することが可能です。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Boxfish / 水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)
メーカー (Boxfish Research Limited) WEBサイト

ページの先頭へ