テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2018年4月の記事一覧

新着情報

2018年4月の記事一覧

研究PC関連更新情報

2018.04.24

【新着事例】4Kビデオ編集用ワークステーション例new


テグシスWEBサイトに、
「4Kビデオ編集用ワークステーション例 (予算200万)」の事例をアップしました。


pc-5801_img2.jpg

お客様より4Kビデオ編集用ワークステーション導入のご相談をいただきました。

・コア数は20コア前後
・作業領域のR/Wは
できるだけ高速なもの
・外部接続用に
Thunderbolt3、10GbEに対応している必要がある
・パラメータシート希望

といったご要望を頂きましたので、これらご指定のスペックを満たした構成としています。


またデータ用のストレージはシステムと別にし、
速度を重視したM.2のNVMeの3枚構成としています (RAID0で約6TBとなります)。
構成的には4枚まで取付可能ですので、予算が許すようでしたら+1枚で
さらに高速化、容量UPも可能です。

なおビデオ(Quadro P4000) に関しましては4K出力用としては問題ありませんが、
GPU性能を要するソフトウェア等をお使いになる場合は
さらに上位のモデルがお勧めとなる可能性がありますので、ご相談下さい。


【主な仕様】

CPU Xeon Processor W-2195 (2.30GHz 18コア)
メモリ 128GB  (REG ECC 32GB × 4)
ストレージ システム:SSD 500GB (SATA)
データ:SSD 2TB Samsung 960PRO × 3  (RAID0/約6TB)
RAID HighPoint SSD7100 NVMe M.2 RAID controller
ネットワーク GigabitLAN x2
ビデオ NVIDIA Quadro P4000 8GB
筐体+電源 ミドルタワー筐体 (232x451x521mm) +850W
OS Windows 10 Professional  64bit
I/F Thunderbolt 3.0 PCI-E 追加カード
Intel 10Gbase-T PCI-E 追加カード
その他 パラメータシート発行



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
4Kビデオ編集用ワークステーション例 (予算200万)

海外製品調達ユニポス

2018.04.18

ベイジアンネットワークソフトウェア「Bayes Server」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、ベイジアンネットワークソフトウェア
Bayes Server のページを追加しました。


bayes_server_img.jpg

Bayes Server は、確率的グラフィカルモデルの一種である
ベイジアンネットワーク を構築するためのソフトウェアです。

記述的分析、診断的分析、予測的分析、処方的分析の
4つの観点からデータを分析し、ベイジアンネットワークを構築します。


ベイジアンネットワークを用いることで、
予測、異常検出、診断、意思決定の自動化、
また動的ベイジアンネットワークを用いることで時系列予測などが可能で、
航空宇宙、エネルギー、ファイナンス、健康、防衛、電気通信、自動車など
さまざまな分野で活用されています。


Bayes Serverには、ベイジアンネットワークを構築し
グラフィカルに示すことができるUserInterface ライセンスと、
.NET および JavaのクロスプラットフォームAPIを使用できる
API ライセンスが用意されています。

なおこれらのAPIを利用しBayes Serverを、
Python、R、Matlab、Excel関数、Apache Sparkと統合することも可能です。




■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Bayes Server / ベイジアンネットワークソフトウェア
メーカー (Bayes Server Ltd.) WEBサイト

総合インフォメーション

2018.04.16

【4月のおすすめ情報】ユニポスで取り扱い実績のあるロボット関連製品をご紹介します


recommends_apr2018_eyecatch.jpg

【4月のおすすめ情報】

ユニポスで取り扱い実績のあるロボット関連製品をご紹介します



今回ご紹介するのはユニポス取り扱い実績の一部ですが、
世界中では日々新しいロボット製品がリリースされています。
ユニポスでは今回掲載以外の日本未発売の最新ロボット製品も
世界中から調達し、ご提供することが可能です。


baxter_img_230.jpg

Baxter Robot - Research Version
双腕ロボットBaxterの研究開発・教育用途向けモデル。


rh_manipulator_img.jpg

RH Manipulator / Dexterous Hand
高性能ロボットハンド・マニピュレーター


double2_img.jpg

Double 2 -Telepresence Robot
iPadを利用したテレプレゼンスロボット


e-puck2_img.jpg

e-puck2 robot
様々なセンサを搭載する小型モバイルロボット



miro_img.jpg

Miro
リアルな遊泳をするロボットフィッシュ



入手をご検討のロボット製品がございましたら、ぜひお問い合わせください。



recommends_apr2018_bana.jpg

※ユニポスWEBサイト内のバックナンバーまとめページへ移動します

研究PC関連更新情報

2018.04.12

テガラのスタンダードPC「TEGSTAR」のプロフェッショナルモデルの仕様を更新しました


手軽にご購入いただけるテガラ製カスタムPCのスタンダードモデル
TEGSTAR」シリーズのプロフェッショナルモデルの仕様を更新しました。


tegstar_pro_logo.jpg

TEGSTAR Professional は、
「デスクトップで快適に使える高性能PC」が欲しい方におすすめのモデルです。
コンパクトながら拡張性も高いミニタワー筐体を採用しています。



mini_tower.jpg

TEGSTAR Proffesional モデル


標準仕様: 116,000円 (税別)

OS : Microsoft Windows 10 Professional 64bit
CPU : Core i5 8400 2.80GHz/9MB 6コア
チップセット :  Intel H370
メモリ : 8GB DDR4-2400 4GB ×2
HDD : HDD 1TB S-ATA
グラフィック : on board (DVI-D×1 VGA×1 HDMI×1)
ネットワーク : 10/100/1000Base-T x1
外部I/F : USB2.0 x2 / USB3.0 x2 / USB3.1 x1(TypeA) / USB3.1 x1(Type-C)
内部I/F : PCI-E Gen3.0x16 (1) / Gen3x2 (1) / Gen3x1 (2) / S-ATA 6G x6
筐体/電源 : ミニタワー型 / 400W電源搭載
外形寸法 :  幅180x高363x奥行370(mm)
入力デバイス : スクロールマウス / USB日本語キーボード
保証期間 : 1年間(延長保証サービスあり)

tegstar_pro_1804_backpanel.jpg
※バックパネル




TEGSTAR シリーズは、
WEB上で主要な仕様の構成を変更した場合の金額目安をシミュレーションでき、
またそのままフォームからお問い合わせいただくことができます。

詳細はこちら↓
tegstar_series.png
海外製品調達ユニポス

2018.04.11

グローバルシャッタータイプの組み込みデプスセンサ「Structure Core」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、グローバルシャッタータイプの組み込みデプスセンサ
Structure Core のページを追加しました。


structurecore_img.jpg

Structure Core は、
3次元形状スキャナ Structure Sensor を開発するOccipita社の開発した
組み込み用の高精度センサです。

グローバルシャッタータイプの赤外線ツインカメラを備え、
正確で低ノイズの深度検出が可能です。

AR/VRのSLAM(Simultaneous localization and mapping)や
ロボットビジョン、その他組み込みアプリケーションに最適です。



Structure Core 主な仕様:

・Range : 0.3 - 5+ m
・Accuracy : ± 0.17% Plane-fit RMS at 1m
・Environment : Indoor & Outdoor
・Shutter : Global IR + Visible

・Size : 104.95 x 21.21x 15.28mm
・Weight : 39g
・Connection : USB 3 (Type-C) / Lightning
・Power : 1.25W (at 30 FPS)


SDKについて:
Structure Core can work with Structure SDK,
which fuses depth, color, and IMU data to enable powerful features like 3D scanning,
large-scale SLAM and now includes Bridge Engine for groundbreaking mixed reality.
※Structure SDK と Bridge Engineについては こちら


※2018年4月現在、開発者向けのDevelopment Kitとして提供がされています
(Development Kitの中にStructure Coreが含まれる形となります)。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Structure Core / グローバルシャッタータイプの組み込みデプスセンサ
メーカー (Occipital, Inc.) WEBサイト

ページの先頭へ