テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】4CPUラックマウントサーバー (物理88コア)例

新着情報

研究PC関連更新情報

2018.03.08

【新着事例】4CPUラックマウントサーバー (物理88コア)例


研究PCおてがら屋に、
「4CPUラックマウントサーバー (物理88コア) 例」の事例をアップしました。


pc-5386.jpg

お客様ご指定のご予算内で、できるだけ多数のコア、
また合計 1TBのメモリと8TB程度のHDDを搭載した
ラックマウントサーバーのお問い合わせをいただきました。

お問い合わせの当初、
お客様からは2CPU構成でのご依頼をいただきましたが、
ご相談の結果、用途・条件から4CPU構成のほうがお勧めであるということから
ご提案した案件となります。


【主な仕様】
Xeon Gold 6152 (2.10GHz 22コア) x4 / メモリ 1TB ECC REG /
システム:SSD 480GB + データ HDD 2TBx5 (ソフトウェアRAID) /
GigabitLAN x4 / 2Uラックマウント筐体+1600W / CentOS 7 64bit


運用については、
100V 環境想定、最終的には200V 環境への移行も
検討されているということでしたので、

100V、200V 両対応の電源ユニットとしています
(200V での運用の際は電源ケーブルを変更いただく必要がございます)。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
4CPUラックマウントサーバー (物理88コア)例

ページの先頭へ