テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例

新着情報

研究PC関連更新情報

2018.02.21

【新着事例】TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例


研究PCおてがら屋に、
「TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例」の事例をアップしました。


pc-5562.jpg

ディープラーニングWS - TITAN Xp 3枚搭載事例 をご覧になったお客様より、
TITAN V を4枚搭載した構成の
ディープラーニングWSのお問い合わせをいただきました。
100V 電源でのご利用をご希望で、ご予算は300万円ほどとご要望をいただき、
これに沿う形で構成を提案させて頂きました。

GPUの入手状況がシビアな状況が続いていることもあり (2018年2月時点)、
早めの部材確保・ご依頼をいただきました。


【主な仕様】
Core i7 6900K (3.20GHz 8コア)  / メモリ 128GB / SSD 500GB /
GigabitLAN x2 / TITAN V 12GB x4 / キューブ筐体+1500W /
Ubuntu 16.04 64bit / CUDA Toolkit インストール


ベースは

CUDA ToolKit & DIGITS インストール済 ディープラーニングWS ですが、
GPUがTITAN Vの場合、CUDA Toolkit 9での対応となる関係上、
DIGITSのインストールに関しては別途ご相談となります

(フレームワークについては、tensorflow/Chainer/CNTK を
弊社にてインストールし、動作確認ができております)。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例

ページの先頭へ