テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2018年2月の記事一覧

新着情報

2018年2月の記事一覧

研究PC関連更新情報

2018.02.21

【新着事例】TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例new


研究PCおてがら屋に、
「TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例」の事例をアップしました。


pc-5562.jpg

ディープラーニングWS - TITAN Xp 3枚搭載事例 をご覧になったお客様より、
TITAN V を4枚搭載した構成の
ディープラーニングWSのお問い合わせをいただきました。
100V 電源でのご利用をご希望で、ご予算は300万円ほどとご要望をいただき、
これに沿う形で構成を提案させて頂きました。

GPUの入手状況がシビアな状況が続いていることもあり (2018年2月時点)、
早めの部材確保・ご依頼をいただきました。


【主な仕様】
Core i7 6900K (3.20GHz 8コア)  / メモリ 128GB / SSD 500GB /
GigabitLAN x2 / TITAN V 12GB x4 / キューブ筐体+1500W /
Ubuntu 16.04 64bit / CUDA Toolkit インストール


ベースは

CUDA ToolKit & DIGITS インストール済 ディープラーニングWS ですが、
GPUがTITAN Vの場合、CUDA Toolkit 9での対応となる関係上、
DIGITSのインストールに関しては別途ご相談となります

(フレームワークについては、tensorflow/Chainer/CNTK を
弊社にてインストールし、動作確認ができております)。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
TITAN V 4基搭載 ディープラーニング用WS例
海外製品調達ユニポス

2018.02.19

4脚ロボットの研究開発プラットフォーム「Ghost Minitaur」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、4脚ロボットの研究開発プラットフォーム
Ghost Minitaur のページを追加しました。



ghost_minitaur_img.jpg

Ghost Minitaur は、商用無人機(UGV)開発や
高度な歩行研究・シミュレーション、マシン学習などのための、
小型で軽量、俊敏な4脚ロボットの研究開発プラットフォームです。

階段や垂直の障害物(フェンス等)をのぼったり、
岩場や砂地、氷上といった場所でもバランスをとって歩行するなど、
さまざまな環境に対応した無人陸上車両プラットフォームです。





Ghost Minitaur に比べ少し大きな中型の4脚ロボット、
GR Vision 60 が2018年リリース予定です。


ghost_vision60.jpg

Ghost Minitaur と同様にさまざまな環境に対応しており、
一度の充電で 1m/秒の速度で連続8マイル歩くことが可能です。
(2018年5月にパイロットモデルがリリース予定の製品です)


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Ghost Minitaur / 4脚ロボットの研究開発プラットフォーム
メーカー (Ghost Robotics) WEBサイト


研究PC関連更新情報

2018.02.16

【新着事例】TESLA P100搭載ディープラーニング用WS例


研究PCおてがら屋に、
「TESLA P100 搭載ディープラーニング用WS例」の事例をアップしました。

pc-5363.jpg

お客様よりDeepLearning用のワークステーションのご相談をいただきました。
ご利用環境のヒアリングの結果、
半精度計算、ビデオメモリの容量に優れた
TESLA P100搭載のマシンにてご提案いたしました。

【主な仕様】
Xeon E5-2680v4 (2.4GHz 14コア)x2 / メモリ 128GB ECC REG
システム:SSD 960GB + データ: HDD 2TB / GigabitLAN x2
TESLA P100 16GB +GPU Kit / 4Uタワー筐体+2000W冗長電源 (100V時1000W)
Ubuntu 16.04 64bit / CUDA Toolkit インストール


注意事項として、
冷却機構の問題により、P100とGeForce等のビデオカードとの混在は
基本的には不可となります。

また、本マシンに搭載しているTesla P100は
Ubuntu 16.04との組み合わせではGUIでログインすることができません。
GUI環境での作業が必要な場合は別途ビデオカードが必要となります。



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
TESLA P100搭載ディープラーニング用WS例

総合インフォメーション

2018.02.15

【2月のおすすめ情報】ユニポスは世界30ヶ国以上、 160社以上のメーカーから販売認定を受けています


recommends_feb.jpg

【2月のおすすめ情報】

ユニポスは世界30ヶ国以上、 160社以上のメーカーから販売認定を受けています



以下は一部抜粋ですが、メーカーでもユニポス(テガラ)をリセラーとして紹介しており、
メーカーWEBサイトをご覧になった日本のお客様から多くのお問い合わせを頂いています。




teamviewer_logo.jpg tv_badge_reduced_gold.jpg
TeamViewer GmbH / ドイツ

リモートコントロールソフト TeamViewer


cedrus_logo.jpg
Cedrus Corporation / アメリカ

心理学実験ソフト SuperLab


scootersoftware_logo.jpg
Scooter Software, Inc. / アメリカ

ファイル、フォルダの比較・統合・ 同期ユーティリティ Beyond compare


redmineup_logo.jpg
RedmineUP / ロシア

プロジェクト管理ソフトRedmine用 プラグイン Redmine Plugins


aomei_logo.jpg
AOMEI Technology Co., Ltd. / 中国

バックアップソフト AOMEI Backupper
ディスクパーティション管理ソフト AOMEI Partition Assistant


e-iceblue_logo.jpg
E-iceblue Co., Ltd. / 中国

Word・Excel・PDF対応アプリケーション 開発用コンポーネント Spireシリーズ


highcharts_logo.jpg
Highsoft AS / ノルウェー

グラフ作成 JavaScriptライブラリ Highcharts


xbsoftware_logo.jpg
XB Software / ベラルーシ共和国

WEBアプリケーション用 JavaScriptライブラリ Webix


itext_logo.jpg
iText Software Corp. / ベルギー

Java用PDF生成ライブラリ iText



recommends_feb_link.jpg

※ユニポスWEBサイト内のバックナンバーまとめページへ移動します




研究PC関連更新情報

2018.02.08

【新着事例】BrainVoyager向けPC例


研究PCおてがら屋に、「BrainVoyager向けPC例」の事例をアップしました。

pc5513_img.jpg

ユニポスで取り扱いのある、
脳機能イメージングソフトウェア BrainVoyager の購入と合わせて、
ソフトウェアをインストールし使用するためのPCのご相談をいただきました。
PCに割り当て可能なご予算は40万円ほどということで、
ご予算内で出来る限り適した構成とさせていただきました。

【主な仕様】
Core i7 7820X (3.60GHz 8コア) / メモリ 32GB /
システム:SSD 500GB + データ: HDD 2TB / GigabitLAN /
Geforce GTX 1080Ti / ミドルタワー筐体+650W / Windows 10 Pro 64bit


BrainVoyagerは、
マルチコア・GPU計算が有効なソフトウェアですので
ご予算次第ではさらなる速度アップも見込めるかと思われます。
お客様のご予算、ご要望に合わせてご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
BrainVoyager向けPC例

■ BrainVoyagerについてはこちら
BrainVoyager | 海外ソフトウェアの購入なら「ユニポス」

ページの先頭へ