テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2017年12月の記事一覧

新着情報

2017年12月の記事一覧

海外製品調達ユニポス

2017.12.19

高解像度の映像撮影が可能な3Dカメラ「ZED Mini」を追加しましたnew


ユニポスWEBサイトに、
高解像度の映像撮影が可能な3Dカメラ ZEDの最新版、
ZED Mini
を追加しました。

zed_mini_img.jpg
ZEDはStereolabs社の開発するパッシブステレオタイプのデプスカメラです。
搭載された左右2つのカメラでside by side形式の映像を撮影できます。

今回リリースされた最新モデル ZED Miniは、
VR HMDに装着し、AR/MR体験が可能な製品となっています。




ZED Mini
zed_mini_img1.jpg

VR HMDと合わせることで
MR(複合現実)やAR(拡張現実)を実現可能なデプスカメラ。
※HTC ViveやOculus Riftと互換性があります。



セット内容:
ZED Mini camera
4m USB Type-C to Type-A cable
VR mount


主な仕様:
・深度感知距離: 0.1~12m
・センサ解像度: 4M pixels per sensor with large 2-micron pixels
・視野範囲: 最大110度

・映像出力解像度 (side-by-side形式):
...2.2K : 4416x1242 @15fps
...1080p: 3840x1080 @30fps
...720p : 2560x720 @60fps (Stereo Passthrough mode)
...WVGA : 1344x376 @100fps

・本体サイズ: 124.5×30.5×26.5(mm) / 62.9g

・対応OS:
Windows 7 / 8 / 10 or Linux


Mixed-Reality (@90fps) システム要件:
・Quad-core 3.0GHz or faster processor
・8 GB RAM or more
・NVIDIA GTX 1070 or higher
・Windows 7, 8, 10
・USB 3.0




ユニポスでは従来モデル ZED Stereo Camera についても
大好評取り扱い中です。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
ZED Stereo Camera / ZED Mini | 高解像度の映像撮影が可能な3Dカメラ
メーカー (Stereolabs) WEBサイト


総合インフォメーション

2017.12.15

【12月のおすすめ情報】様々な用途の産業用マシン事例


recommends_dec.jpg

【12月のおすすめ情報】

様々な用途の産業用マシン事例



テガラでは研究開発用のワークステーションや、
旧世代のOS/インターフェース搭載のレガシーマシンの他にも、
お客様のご要望に柔軟に対応する
様々な用途の産業用マシンのご提供実績が多数ございます。
今回はそんな事例の一部をご紹介します。




産業用パネルコンピュータ 

12_img1.jpg

粉塵等が発生しがちな環境下での稼働に強い、
省スペースタッチパネルモニタPC

用途:
産業用制御PC、工事現場、車載



マルチランゲージ対応PC 

12_img2.jpg

ご指定の言語に合わせた外国語キーボードも
合わせてご提供可能な、マルチランゲージPC

用途:
海外での利用、外国人スタッフ向けマシン



高性能GPU搭載の小型産業用PC 

12_img3.jpg

放熱性に優れたヒートシンク一体型の特殊筐体
により、高性能なCPU、GPUを搭載する小型PC

用途:
GPUコンピューティング (CUDA、自動運転、AI、VR)



システム監視用小型PC 

12_img4.jpg

24時間365日の稼働を前提とした、
ファンレス かつ 小型の監視PC

用途:
システム監視、複数台のマシン管理




お客様のご要望を叶えるための様々な方法の検討、
長期安定供給可能な仕様や産業用として信頼性の高い仕様での ご提供...など、
オーダーメイドPC製作のテガラだからこそ可能なご提案を致します。
お気軽に、お問い合わせください。


recommends_dec_link.jpg

※ユニポスWEBサイト内のバックナンバーまとめページへ移動します

海外製品調達ユニポス

2017.12.14

IoTモジュール「SCORPION H/W Modules」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、

IoTモジュール SCORPION H/W Modules のページを追加しました。


scorpion_img.jpg

SCORPION H/W Modulesは、
Howchip.com(UNIBEST INC.)製のIoTモジュールです。
ARM 32-bit Cortex M0 のMCUモジュールをメインに、
ボイスモジュール、RFモジュール、タッチパッドなどが用意されており、
組み合わせることでさまざまな用途でご利用いただけます。




【取り扱い製品の一例】

MCU Module - Scorpion Red

scorpion_mcu_module.jpg

Scorpionシステムのメインパートとなる、
32-bitのARM Cortex M0 コアのMCUモジュール。


特徴:
ARM 32-bit Cortex M0 MCU
JTAG Interface
USB Interface
Reset Button
2 Power Input source: USB and 2-pie DC Jack
50-pin header x 2, total 100-pin external connector
Size: 58mm x 81mm



Voice Module - Play Now


scorpion_voice_module.jpg

ボイスシンセサイザー、音声データのメモリデバイス(シリアルフラッシュ)、
オーディオアンプやLDOのようなダイレクトスピーカー駆動コンポーネント
といった機能を搭載したオールインワンモジュール。


特徴:
Voice Synthesizer : D-Voice, as described in Voice Chip Specification
On-board Voice Data Memory : Serial Flash (1MB ~ 8MB)
Built-in Audio Amp and LDO
10-pin x 2, SMT type pin-out
Voice Builder S/W to upload the recorded voice data to the module
Size: 29 x 36.5mm



RF Module

scorpion_rf_module.jpg

EM198850トランシーバー、12MHz クリスタル(水晶発振子)、Inverted-Fアンテナ
で構成される、小型の2.4GHz ISMバンド RFモジュール。


特徴:
On-board X-Tal Oscillator: 12MHz
COB Type RF chip
On-board Pattern Antenna
Size: 12mm x 22mm



Touch Pad

scorpion_touch_pad.jpg

静電容量式のタッチボタンコントローラIC eKT5705の機能を
デモンストレーションするためのモジュール。


Touch Button ICの仕様:
Part name: eKTF5705
Operating Voltage: 2.8 ~ 3.6V
Sensing type: Capacitive Sensing
Number of Buttons: Max 48
Support Slider feature with 2/4/8 buttons, Maximum 3 levels resolution
Water proof: Max 16 touch buttons
Interface: Standard I2C mode @ 100 Kbps, Fast I2C mode @ 400 Kbps
Low Standby Power Consumption
Normal: 3.5mA @3.3V
Low Power: < 300uA
Sleep mode: < 4uA




■商品の詳細、お問い合わせはこちら
SCORPION H/W Modules | IoTモジュール
メーカー (UNIBEST INC.) WEBサイト


海外製品調達ユニポス

2017.12.13

ToF方式のデプスカメラ「LIPSedge」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
ToF方式のデプスカメラ LIPSedge のページを追加しました。


lipsedge_img.jpg

LIPSedgeは、
3D認識に関するハードウェア、ミドルウェアを設計・カスタマイズ製作する
台湾のメーカー LIPS社製の3Dカメラです。
Time-of-Flight (ToF)方式を採用しています。

室内の三次元計測や、顔認識、ドローンへの搭載など
室内/室外での様々な用途が想定されており、
またWindows, Linux, Androidといったマルチプラットフォームに対応しています。




【取り扱いモデルの一例と各モデルの主な仕様】

LIPSedge DL
LIPSedgeのフラグシップモデル。

Depth
Operating Range : 20cm ~ 4m (Near Mode:20cm~1.2m / Normal Mode:1m~4m)
Accuracy : up to < 1% of measured distance
Resolution : VGA@30fps
Aperture : f/1.2
FoV (H x V x D) : 75.4°x60.2°x88°

RGB
Resolution : FHD@30fps
FoV (H x V x D) : 79° x 50° x 88°

Dimension : 113 x 36.5 x 27.1mm
Environment : Indoor & Outdoor
Output Format : YUV / MJPG



LIPSedge M3

37×28×15mmの超小型組み込み向けデプスカメラ。

Depth
Operating Range : 0.2 ~ 4m
Accuracy : < 1.5% of measured distance
Resolution : 80x60@120fps
Aperture : f/1.2
FoV (H x V x D) : 74.1° x 57.5° x 92°

RGB
Resolution : N/A
FoV (H x V x D) : N/A

Dimension : 37 x 28 x 15mm
Environment : Indoor & Outdoor
Output Format : YUV / MJPG



LIPSedge AT
FPGAベースの組み込み向けデプスカメラ。

Depth
Operating Range : 0.5 ~ 8m
Accuracy : < 1.5% of measured distance
Resolution : VGA@30fps
Aperture : f/1.2
FoV (H x V x D) : 75° x 58° x 88°

RGB
Resolution : FHD@15fps
FoV (H x V x D) : 68.9° x 54.7° x 81.3°

Dimension : 190 x 50 x 56mm
Environment : Indoor
Output Format : N/A



LIPSedge M5

3Dスキャンに適したデプスカメラ

Depth
Operating Range : 0.3 ~ 4m
Accuracy : < 1.5% of measured distance
Resolution : 640x480@60fps
Aperture : f/2.2
FoV (H x V x D) : 60° x 47°

RGB
Resolution : 1600x1200
FoV (H x V x D) : TBD

Dimension : 70 x 15 x 5 mm
Environment : Indoor & Outdoor
Output Format : N/A




■商品の詳細、お問い合わせはこちら
LIPSedge | ToF方式のデプスカメラ
メーカー (LIPS Corporation) WEBサイト


海外製品調達ユニポス

2017.12.12

歩行者シミュレーションソフトウェア「MassMotion」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
歩行者シミュレーションソフトウェア MassMotion のページを追加しました。


massmotion_img.jpg

MassMotionは、
建築物の中などを多くの歩行者が移動する際に、
それぞれの人がどのような経路を選択し、結果どのような場所で混雑が生じるかなどを
シミュレーション・解析するためのソフトウェアです。

2D/3D CADモデルの中を移動するそれぞれの歩行者モデルに
個々のアジェンダやパーソナリティが定義されることで、
各歩行者モデルが独自に経路を選択し行動していくため、
とてもリアルなシミュレーションを実施することが可能です。

各種建築設計や災害時のシミュレーション、
既存施設の再開発などで利用されています。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
MassMotion | 歩行者シミュレーションソフトウェア
メーカー (Oasys Limited) WEBサイト


ページの先頭へ