テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】CLC Genomics Workbench向けマシン例 (予算100万)

新着情報

研究PC関連更新情報

2017.11.20

【新着事例】CLC Genomics Workbench向けマシン例 (予算100万)


研究PCおてがら屋に、
「CLC Genomics Workbench向けマシン例 (予算100万)」の
事例をアップしました。

pc-5346.jpg

お客様より、
次世代シークエンス用の解析ソフト CLC Genomics Workbench
動かすマシンのお問い合わせをいただきました。

マシン単体で100万円のご予算で、
お客様の用途に適した仕様のマシンをご提案いたしました。
CPUはXeonをご指定いただいたため、それをベースに
ご予算の範囲でできるだけ高性能な仕様としています。

搭載メモリは1CPU あたり 6枚が速度としてはベストですが、
ご予算の都合と今回の構成ではCPUのコア数がそれほど多くないことから
速度面への影響は少ないであろうと判断し、
1CPU あたり 3枚構成 (16GB ×3枚 ×2CPU 合計96GB) としています。


【主な仕様】
Xeon Silver 4116 (2.1GHz 12コア) x2 (合計24コア) / メモリ 96GB ECC REG
M.2 SSD 512GB+HDD 8TB (SATA) / GigabitLANx2 / Quadro P600
タワー筐体+850W / Windows 10 Pro 64bit / 23.8型ワイドディスプレイ


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
CLC Genomics Workbench向けマシン例 (予算100万)

ページの先頭へ