テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > デジタルマイクロ流体力学向け オープンソースプラットフォーム「OpenDrop」を追加しました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2017.11.08

デジタルマイクロ流体力学向け オープンソースプラットフォーム「OpenDrop」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
デジタルマイクロ流体力学向け オープンソースプラットフォーム
OpenDrop
のページを追加しました。


opendrop_img.jpg

OpenDropは、
スイス GaudiLabsによってオープンソースで開発されている、
エレクトロウェッティング技術を利用し、小さな液滴を制御する小型装置です。

個人レベルのラボラトリーオートメーションを
多くの研究者が利用できることを目指し開発されており、
生物学分野での研究の他、芸術や教育など他分野での活用も想定し
開発が進められています。


OpenDrop V2の特徴:

- 2x High Voltage Driver Chip HV507
- 16×8 electrodes array, 2.75mm2 in size
- Arduino Micro
- 4 buttons
- tiny OLED Display
- WIFI module
- fancy LEDs
- Liquid connection ports
- prepared for Peltier Element / Sensors / Pad Heating
- micro USB
- 10×10 cm PCB
- NixiePSU (voltage readable or controllable)
- Design on open source KiCAD



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
OpenDrop
| デジタルマイクロ流体力学向け オープンソースプラットフォーム


メーカー (GaudiLabs) WEBサイト


ページの先頭へ