テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > Clojure言語での開発向けIDE (統合開発環境)「Cursive」を追加しました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2017.11.27

Clojure言語での開発向けIDE (統合開発環境)「Cursive」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
Clojure言語での開発向けIDE (統合開発環境)
Cursive
のページを追加しました。


cursive_img.jpg

Cursiveは、プログラミング言語 Clojureで書かれた、
Clojure開発者向け統合開発環境 (IDE)です。

高度な構造編集やリファクタリング、
バージョン管理システム(VCS)との統合といった機能を備えています。


【主な特徴】

・Code completion, syntax highlighting
・First class ClojureScript support
・Navigation (Jump to symbol, Find Usages)
・nREPL and clojure.main based REPLs
・Leiningen support
・clojure.test support
・Symbol renaming, extract let and more
・Paredit-style structural editing
・Code formatting
・A Clojure debugger
・Best in class interop with Java for mixed projects
・All standard IntelliJ features (project management, VCS etc)



Cursiveは、Jetbrains社のIDE IntelliJのプラグインとして動作します。

※Cursiveのご利用にはIntelliJ (Community or Ultimate)が必要です。


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Cursive | Clojure言語での開発向けIDE (統合開発環境)
メーカー (Ideogram Ltd,) WEBサイト


ページの先頭へ