テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 【新着事例】ビームロスシミュレーション用WS

新着情報

研究PCおてがら屋

2017.08.28

【新着事例】ビームロスシミュレーション用WS


研究PCおてがら屋に、
「ビームロスシミュレーション用WS」 の事例をアップしました。


pc-5047.jpg

お客様より、ビームロスのシミュレーション用のワークステーションとして
「並列計算のモンテカルロ計算を予算内でできるだけ高速化したい」と、
ご要望をいただきご提案した事例です (ご予算300万)。

コア数を重視、ということでしたので

CPUは Xeon Scalable (Xeon Platinum)にてご提案しました。
CPUベースクロックよりも、予算内で出来るだけコア数を確保した構成としています
(26コア×2 :計52コア)。

グラフィック性能は特にこだわらないとのことでしたので Radeon HD6450を、
OSはUbuntu もしくは Scientific Linux を使用することを想定しています。


【主な仕様】
Xeon Platinum 8170 (2.1GHz 26コア) x2 (合計52コア) / メモリ 128GB ECC REG
HDD 1TB (SATA) / GigabitLANx2 / Radeon HD6450
4Uタワー筐体+1200W / ラックマウント用レール / Linux想定


お知らせ:
こちらの事例は使用部材の入手性の関係で
安定供給までに時間のかかる構成となります。
また、導入のタイミングによりましては、若干の構成変更の可能性がございます。
お急ぎの場合は時期に合わせてベストな提案をさせていただきます。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
ビームロスシミュレーション用WS (予算300万)

ページの先頭へ