テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > スタンダードPC「TEGSTAR」の仕様をリニューアルしました

新着情報

研究PC関連更新情報

2017.01.24

スタンダードPC「TEGSTAR」の仕様をリニューアルしました


banner_main1_660x194.jpg


テガラが製造・販売しているスタンダードPC「TEGSTAR」シリーズ、
「TEGSTAR  Premium」 「TEGSTAR Professional」の仕様を変更しました。

TEGSTARは、WEB上でカスタマイズが可能なテガラのスタンダードPCです。
お見積もりシミュレーションにて構成変更時の金額めやすを確認でき、
そのままフォームからお問い合わせいただくことができます。


TEGSTAR Premiumは、
一般的なPCとして最高クラスのモデルです。
今回の更新では ストレージの選択肢にM.2 SSD (256GB / 512GB)を追加、

またビデオカードにNVIDIA TITAN X(Pascal) を選択できるようになる等、
より構成の選択肢が広がりました。

TEGSTAR Professionalは、
小さなボディに高い性能が詰め込まれた、プロフェッショナルモデルです。
デスクトップで快適に使える高性能PCをお探しの方におすすめです。
今回の更新からマザーボードが変更となり(チップセットがH170からH270に)、
それにともない対応OSは Windows 10 / CentOS
7 / Ubuntu 16.04 となりました。
その他にもCPUを一新し、またこちらもストレージにM.2 SSD (250GB)を選択可能です。


bnr_tegstar.jpg
詳しくはこちらをご覧ください。


※「研究PCおてがら屋」「産業PCおてがら屋」と同様に、全国のお客様がお求めになれます。

ページの先頭へ