テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2017年1月の記事一覧

新着情報

2017年1月の記事一覧

研究PCおてがら屋

2017.01.30

CUDA ToolKit & DIGITS インストール済み ディープラーニングワークステーションのご紹介new


deeplearning_ws.jpg

さまざまな分野の研究で取り入れられている「ディープラーニング」。
そんなディープラーニングに、届いたその日から触れて頂ける、
CUDA Tookit & DIGITS インストール済 ディープラーニング ワークステーション
の特設ページを公開しました。

代表的な利用環境であるNVIDIA社のCUDAの利用環境としてCUDA Toolkit をインストールし、 また 代表的なフレームワークのCaffeをWebブラウザ上から簡単に利用できる環境としてDIGITS をインストールしています。


ディープラーニングワークステーション基本構成】

air540_case.jpg
参考価格:¥374,000

チップセット : Intel X99
CPU : Intel Core i7 6800K 3.40GHz L3/15MB 6C/12T
GPU : NVIDIA Geforce GTX1080 8GB
メモリ : 合計 16GB DDR4-2133 4GB ×4
HDD : 1TB S-ATA
ケース : キューブケース / 1500W電源搭載
I/F : USB3.0 x10 / eSATAx2 / PCI-E Gen3.0 x16(4) / S-ATA 6G x8 / M.2x1
OS : Ubuntu16.04/14.04 (※)
ソフトウェア : NVIDIA CUDA Toolkit/DIGITS

※Windows 10 も選択いただけますが、その場合には
CUDA Toolkit/DIGITS インストール対象外となりますのでご了承ください



こちらはおすすめの基本構成となります。
ここから、CPU、ビデオカード、メモリ容量、ストレージの種類 / 容量など、
お客さまのご要望やご予算に合わせた最適な構成のPC を製作可能です。

「指定のツールをインストールしてほしい」
「届いたらすぐに使えるように、フレームワークがインストールされたものが欲しい」

...といった、ツールやフレームワークなどの追加インストールのご要望についても
お気軽にご相談ください。
ご要望を伺い、それぞれのお客さまに最適な環境構築を検討いたします (オプション)。



↓ おすすめのカスタム構成などもご紹介した特設ページはこちらからご覧ください ↓


CUDA ToolKit & DIGITS インストール済 ディープラーニングワークステーション

海外製品調達ユニポス

2017.01.30

IO-Linkデバイスのデモンストレーション、テストツールキット「IO-Link Device Tool」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、IO-Linkデバイスのデモンストレーション、テストツールキット
IO-Link Device Tool のページを追加しました。

io-link_img.jpg
IO-Link Device Tool は 世界標準の通信テクノロジ「IO-Link」デバイスの、
サービス・販売のためのデモンストレーション、
およびデバイスの開発やテスト・エンジニアリングのためのツールキットです。
IO-Linkデバイスとの通信のためのUSB IO-Link Master(ハードウェア)と
IO-Linkエンジニアリングツールがセットになっています。

またCや.NETの独自ソフトウェアでUSB IO-Link Masterを使うための
ライブラリも提供されています。




【取り扱い製品の一例】

IO-Link Device Tool - Standard Edition

IO-Linkデバイス サービス・販売のためのエディション。
IO-Linkデバイスのデモンストレーションや事前のパラメータ化などに利用できます。


IO-Link Device Tool - Test System

IO-Link Test Specificationに準拠した、 IO-Linkデバイスのテスト向けのエディション。
Standard Edition (Ver.4)の機能に加え、いくつかの追加機能がサポートされています。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
IO-Link Device Tool
| IO-Linkデバイスのデモンストレーション、テストツールキット


メーカー (TMG Technologie und Engineering GmbH) WEBサイト


海外製品調達ユニポス

2017.01.28

3D 顕微鏡の測定・較正のための製品「3D calibration standards」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、3D 顕微鏡の測定・較正のための製品
3D calibration standards のページを追加しました。


m2c_img.jpg

3D calibration standards
走査型プローブ顕微鏡(SPM) や 走査電子顕微鏡(SEM)の
測定・較正のためのキャリブレーション標準サンプルです。
合わせて使用する専用ソフトウェアも取り扱っております。




【取り扱い製品の一例】

3D calibration standards SPM
 / 製品詳細ページ

SPM (走査型プローブ顕微鏡)用の
3Dキャリブレーションスタンダード(較正標準)。
水平スケール、高さスケール、横・縦方向せん断の同時較正が可能です。


3D calibration standards SEM
/ 製品詳細ページ

反射電子検出器(4-Quadrant BSE detector)のついた
SEM(走査電子顕微鏡)用の3Dキャリブレーションスタンダード(較正標準)。
水平スケール、高さスケールの同時較正が可能です。


3D calibration software microCal / 製品詳細ページ

3Dキャリブレーションを簡単かつ自動で実施するためのソフトウェア。
上記のキャリブレーションスタンダードと共に使用します。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
3D calibration standards | 3D 顕微鏡の測定・較正のための製品

メーカー (m2c microscopy measurement and calibration) WEBサイト

研究PCおてがら屋

2017.01.24

スタンダードPC「TEGSTAR」の仕様をリニューアルしました


banner_main1_660x194.jpg


テガラが製造・販売しているスタンダードPC「TEGSTAR」シリーズ、
「TEGSTAR  Premium」 「TEGSTAR Professional」の仕様を変更しました。

TEGSTARは、WEB上でカスタマイズが可能なテガラのスタンダードPCです。
お見積もりシミュレーションにて構成変更時の金額めやすを確認でき、
そのままフォームからお問い合わせいただくことができます。


TEGSTAR Premiumは、
一般的なPCとして最高クラスのモデルです。
今回の更新では ストレージの選択肢にM.2 SSD (256GB / 512GB)を追加、

またビデオカードにNVIDIA TITAN X(Pascal) を選択できるようになる等、
より構成の選択肢が広がりました。

TEGSTAR Professionalは、
小さなボディに高い性能が詰め込まれた、プロフェッショナルモデルです。
デスクトップで快適に使える高性能PCをお探しの方におすすめです。
今回の更新からマザーボードが変更となり(チップセットがH170からH270に)、
それにともない対応OSは Windows 10 / CentOS
7 / Ubuntu 16.04 となりました。
その他にもCPUを一新し、またこちらもストレージにM.2 SSD (250GB)を選択可能です。


bnr_tegstar.jpg
詳しくはこちらをご覧ください。


※「研究PCおてがら屋」「産業PCおてがら屋」と同様に、全国のお客様がお求めになれます。

研究PCおてがら屋

2017.01.23

【新着事例】Agisoft PhotoScan、Pix4d 等のソフト向けマシン


研究PCおてがら屋に、
「Agisoft PhotoScan、Pix4d 等のソフト向けマシン」 の事例をアップしました。


pc-4119.jpg

空撮写真などの処理ソフトであるAgisoft PhotoScan や Pix4d を
ご利用中のお客さまより、 1,000枚程度の画像を取り扱う上での
最適なPC製作のお問合せをいただきました。

Agisoft PhotoScan、Pix4dの他にも
ArcGIS、TerraScan といったソフトウェアも併用でき、
保証期間は 5年間、予算は150万円程度を上限としたいという
ご要望を頂いています。


ご指定いただいたソフトウェアのほとんどはGPGPU計算が有効なため、
ビデオカードには Geforce GTX 1080 を搭載しています。
画面出力部分では、Agisoft PhotoScan 以外のOpenGL推奨ソフトに
合わせて
、Quadro M2000としています
(Quadroはあくまで表示用で、各ソフトのGPGPU用としては
使わない設定を前提としております)。



【主な仕様】
Xeon E5-1680v4 (3.4GHz 8コア) / メモリ 128GB ECC REG
960GB SSD / GigabitLAN x2 / Quadro M2000 + Geforce GTX 1080
ミドルタワー筐体+850W / Windows 10 Pro 64bit / 「あんしん+」 5年保証



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
Agisoft PhotoScan、Pix4d 等のソフト向けマシン

--------------------------------------------------------------------------------

研究PCおてがら屋ではこの他にも
Agisoft PhotoScanの利用を想定したPCの提案実績をご紹介しています。

Agisoft PhotoScan向けマシン 提案事例一覧

お客さまのご要望に合わせて最適な提案をさせていただきますので、
お気軽にお問合せください。


ページの先頭へ