テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 【新着事例】予算100万前後での熱流体解析 (CFD) 用マシン例

新着情報

研究PCおてがら屋

2016.12.23

【新着事例】予算100万前後での熱流体解析 (CFD) 用マシン例


研究PCおてがら屋に、
「予算100万前後での熱流体解析 (CFD) 用マシン例」 の事例をアップしました。

pc-4426.jpg

お客さまより、熱流体解析用マシン製作のご相談を頂きました。
使用ソフトウェアとしてANSYS Fluent、
また将来的にParticleworks の利用も検討されているとうかがっています。

仕様として、CPUにXeon、GPUにTesla K40、
そしてストレージは可能な限り大容量なものを、というご要望を頂きましたので、
ご指定の各種用件を満たした以下のような仕様をご提案しました。


【主な仕様】
Xeon E5-2687w v4 (3.0GHz 12コア) / メモリ64GB ECC REG
システム: SSD 480GB + データ: HDD 10TB / GigabitLAN x2
NVIDIA Quadro K620 + NVIDIA Tesla K40C Active FAN 
ミドルタワー筐体+650W / Windows 7 Professional SP1 64bit / 21型ワイドモニタ


こちらの仕様では、PCI-E x16のスロットをすべて使用することとなります。
ビデオカードなどの新規増設は不可となりますので、ご注意ください。


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
予算100万前後での熱流体解析 (CFD) 用マシン例

--------------------------------------------------------------------------------

研究PCおてがら屋ではこの他にも
CFD(流体解析)向けPCの提案実績をご紹介しています。


CAE(構造解析)・CFD(流体解析)向けPC 提案事例一覧

お客さまのご要望に合わせて最適な提案をさせていただきますので、
お気軽にお問合せください。


ページの先頭へ