テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】MatlabによるDeep Learning 試験機

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.12.01

【新着事例】MatlabによるDeep Learning 試験機


研究PCおてがら屋に、
「MatlabによるDeep Learning 試験機 (予算70万)」 の事例をアップしました。


pc-4400.jpg

お客さまより、
Matlab のParallel Computing Toolbox を基本とし、
ディープラーニングを実施するための試験機のお問合せを頂きました。

Parallel Computing Toolbox 以外にも、
Caffe / Theano / TensorFlow / CUDA / CuDNN / Python
といった環境を利用しての検証を予定されており、
各ツールの実用が可能かのテスト運用を想定し、
不自由なく利用できるスペックでの提案をご依頼いただいています。

GPUについては、問い合わせを頂いた時点でのMatlabのサポートGPUである
Maxwell世代の TITAN X、Tesla K40 いずれかを希望なさっていましたが、
TITAN X は終息、Tesla K40 の場合にはご予算70万円以内に収まらないことから、
ご予算と互換性を重視し、同じくMaxwell世代のQuadro M5000を提案いたしました。


【主な仕様】
Xeon E5-1650v4 (3.6GHz 6コア) / メモリ32GB ECC REG / HDD 4TB /
GigabitLAN x2 / NVIDIA Quadro M5000 / ミドルタワー筐体+850W / Ubuntu 14.04


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
MatlabによるDeep Learning 試験機 (予算70万)

--------------------------------------------------------------------------------

研究PCおてがら屋ではこの他にも
Deep Leaning用PCの提案実績をご紹介しています。


Deep Learning 用マシン 提案事例一覧

お客さまのご要望に合わせて最適な提案をさせていただきますので、
お気軽にお問合せください。

ページの先頭へ