テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】予算30万のSolidWorks用マシン例

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.10.11

【新着事例】予算30万のSolidWorks用マシン例


研究PCおてがら屋に、
「予算30万のSolidWorks用マシン例」 の事例をアップしました。

pc-4252.jpg
SolidWorks Flow Simulationにて流体解析 (内部流れ) を行っているお客さまより、
現在使用中のPCでは流線をアニメーションで見ることができない、
またメッシュの数を増やして(300万メッシュ希望)の解析をしたい、
ということで弊社にお問合せを頂きました。

まずはたたき台として、
ご予算30万円程度を前提としてスペックを割り振り、ご提案させていただきました。
動作の様子やメッシュ数から、メモリが足りていないことが想定されたため、
余裕をもってメモリは64GBとしています。
また、予算の関係でビデオカードはOpenGL対応のローエンドのものとしております。


【主な仕様】
Core i7 6850K (3.60GHz 6コア) / メモリ 64GB / HDD 1TB
GigabitLAN / ミドルタワー筐体+650W電源 / Quadro K620
Windows 10 Pro 64bit


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
予算30万のSolidWorks用マシン例

ページの先頭へ