テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】メモリ1TBを搭載した科学技術計算用マシン

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.09.07

【新着事例】メモリ1TBを搭載した科学技術計算用マシン


研究PCおてがら屋に、
「メモリ1TBを搭載した科学技術計算用マシン」 の事例をアップしました。


pc-4125.jpg

お客さまより、メモリ1TBを搭載した科学技術計算用マシンの
お問い合わせをいただきました。

ご予算250万円程度を想定し、
Linux (CentOS) セットアップ済みで、8並列以上の並列化に対応していることを
ご要望として挙げていただいています。


今回はテガラの研究開発者さま向けワークステーションRADIC
2CPUモデルをベースに、1TBのメモリを搭載した構成を
ご提案させていただきました。

まずは1TBのメモリ搭載が実現可能ということを条件とし、
メモリ以外のスペックについて予算以内で調整しています。


【主な仕様】
Xeon E5-2620v4 x2 (2.10GHz) 8コア x2 (合計16コア)
メモリ1TB ECC LR-DIMM / 1TB HDD S-ATA / GigabitLAN x2
タワー筐体+ 865W / HD6450 / CentOS 7 64bit


その他、大容量メモリ搭載PCの提案事例一覧はこちら



■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
メモリ1TBを搭載した科学技術計算用マシン

ページの先頭へ