テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 【新着事例】予算100万のCFD解析向けマシン例

新着情報

研究PCおてがら屋

2016.09.23

【新着事例】予算100万のCFD解析向けマシン例


研究PCおてがら屋に、
「予算100万のCFD解析向けマシン例」 の事例をアップしました。


PC-4120.jpg

お客さまより、予算100万程度で
熱流体解析ソルバ STAR-CCM+、MATLAB 等を動かすことを主目的とした
計算サーバー導入のご相談を頂きました。


お問合せを頂いた時点で、お客さまの方では
CPUについて、クロックと並列、どちらを重視するか迷っていらっしゃるようでした。
CFD解析系のソフトに関しては、並列に特化したものがほとんどのため、
選択するCPUのコア数の差が少ない場合はクロック重視という選択もありかと思いますが、
コア数の差が大きくなる場合はコア数重視が望ましいと考えます。
そのため、今回のは予算内で出来るだけコア数の多くなる仕様でご提案いたしました。

またビデオカードは、解析格子1000万弱の解析結果を
ある程度滑らかに処理できるものをご希望ということでしたので、
NVIDIA Quadro M2000 としています。



【主な仕様】
Xeon E5-2680v4 (2.40GHz 14コア) x2 (合計28コア) / メモリ 64GB ECC REG / HDD 1TB
GigabitLAN x2 / タワー筐体+850W電源 / Quadro M2000 / CentOS 7


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
予算100万のCFD解析向けマシン例


ページの先頭へ