テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】ラックマウント Deep Learning 開発用マシン

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.08.26

【新着事例】ラックマウント Deep Learning 開発用マシン


研究PCおてがら屋に、
「ラックマウント Deep Learning 開発用マシン」 の事例をアップしました。


pc-4108.jpg

共同研究用のディープラーニング開発用マシンを検討中のお客さまより
お問い合わせをいただきました。

お客さまの現在の開発環境に合わせてGPUはGTX 980をご指定いただいています。
またCaffe (Deep Learning framework)、CUDA の利用、
現在ご使用中の19インチサーバーラックにマウントできるもの、
というご希望をいただいています。

筐体については、
デスクトップ・ワークステーション向けのGPGPUをご指定いただいているため
取り付け構造と冷却の関係でラックマウントが可能な
4Uタワー型筐体でご提案いたしました。
GTX 980にこだわらず、サーバー向けのボードを選択肢とする場合には
1U~2Uでのご提供も可能です。

またOSや出荷時の細かい設定などもご指定いただきましたので、
それぞれを想定したご案内としています。


【主な仕様】
Xeon E5-1650v4 (3.60GHz 6コア) / メモリ64GB ECC REG / 480GB SSD / 1TB HDD
GigabitLAN x2 / 4Uタワー筐体 (OPレール使用) + 850W / GTX 980
CUDA Toolkit 7.5 Install / Ubuntu 14.04LTS Desktop 64bit (英語版/日本語環境無)


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
ラックマウント Deep Learning 開発用マシン

ページの先頭へ

月別アーカイブ

2019
3
2
1
2018
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2017
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2016
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2015
12
11
10
9
8
7
6
5
4
2
1
2014
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2013
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2012
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
2011
12
6
  • TEGSYS 研究用・産業用PCの製作・販売サービス
  • テガラの研究開発向け海外製品調達・コンサルテーションサービス「ユニポス」