テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2016年7月の記事一覧

新着情報

2016年7月の記事一覧

研究PC関連更新情報

2016.07.28

【新着事例】Agisoft PhotoScanを快適に使用するためのマシン例new


研究PCおてがら屋に、
「Agisoft PhotoScanを快適に使用するためのマシン」 事例をアップしました。

pc-4057.jpg
テガラではこれまでにも多くの
Agisoft PhotoScan
向けマシンの事例をご紹介してきましたが、
2015年7月に掲載した事例をご覧になってのお問い合わせを頂きました。

お客さまは既にPhotoScanを使用されており、
UAV (無人航空機)で撮影した画像から3次元モデリングを作成する際に、
現状のマシンでは画像数 「十数枚~数十枚」での作成に数日を要する状態のため
快適に使用できるPCを探していらっしゃるとのことでした。

状況をうかがうに、
現在のマシン構成ではメモリ容量が足りていないことが想定されたため、
お客さまにご覧いただいた 事例No. PC-3419 の事例をベースに メモリを追加し、
高密度ポイントクラウド処理 (Dence Point Cloud)を有利にするため、
GPUは予算内で搭載できる上位モデルを搭載しました。


【主な仕様】
Core i7 6800K (3.40GHz 6コア) / メモリ64GB / HDD 2TB
GigabitLAN x1 / ミドルタワー筐体 + 650W
NVIDIA Geforce GTX1080 / Windows 10 Pro 64bit


Agisoft PhotoScan向けマシン 提案事例一覧

Photoscan_PC_link.jpg


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
Agisoft PhotoScanを快適に使用するためのマシン例

海外製品調達ユニポス

2016.07.28

高速なPCカードドライブ「OmniDrive USB2」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
PCカードドライブ OmniDrive USB2 のページを追加しました。
omnidrive.jpg

OmniDrive USB2 は、

USB2.0接続のデータ転送が高速なPCカードリーダーです。

フラッシュATAカード、コンパクトフラッシュカード(withアダプタ)、
ATA ハードディスク、SRAMカードなど、様々なPCカードに対応しています。




【取扱い製品の一例】
omnidrive_compare.jpg


OmniDrive USB2 Professional については、
2016.07.28 現在、弊社に在庫ございますので、即納でお届けが可能です。


その他の特徴:
・USB 2.0 高速データ転送
・USBバスパワー
・独自のFPGA設計と製造による長期供給


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
OmniDrive USB2 / 高速なPCカードドライブ
メーカー (CSM GmbH) WEBサイト

産業PC関連更新情報

2016.07.23

【新着事例】COMポート×4、複数フルサイズPCIカード搭載可能マシン


産業PCおてがら屋に、
「COMポート×4、複数フルサイズPCIカード搭載可能マシン」 の
事例をアップしました。


pc-4083.jpg

「現在使用中のレーザー加工機用装置PCの調子が悪い」ということで、
お客さまより入れ換えのご相談をいただきました。

各制御機器のそのままの流用を考えていらっしゃるため、
ドライバー入手の制限の理由からOSはWindows XPが必須ということでした。

またハードウェアの構成として、
既存のフルサイズPCIボード 5 枚を搭載可能なこと、
シリアル(COM)ポートが4ポート以上あること、
電源ユニットは500W以上のものであること、
といったご要望をいただいています。


ご要望の要件は全て満たした構成でご案内をしましたが、
PCIカード5枚接続時の実際のサイズ感や動作の相性などについて、
事前の動作確認をおすすめしています。


【主な仕様】
Core 2 Duo E8400 (3.0GHz) / メモリ2GB 
1TB ニアラインHDD / GigabitLAN x2 / DVDドライブ / PCI ×5 
追加シリアルポート・ブラケット (1スロットタイプ) ×2 = 計COMポート ×4
ミドルタワー筐体 +650W電源 / Windows XP Pro Embedded / 専用リカバリーディスク


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
COMポート×4、複数フルサイズPCIカード搭載可能マシン

海外製品調達ユニポス

2016.07.22

遠隔操作で自走するプレゼンスシステム「Beam+」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
遠隔操作で自走するプレゼンスシステム Beam+ のページを追加しました。

beam_plus.jpg

Beam+ は、
インターネットに接続された環境から遠隔操作し、
離れた場所にあるオフィス内の移動、ビデオ通話が可能なテレプレゼンスロボットです。
在宅勤務をしながら会議への参加や
オフィス内スタッフとのコミュニケーションなどが可能になります。

操作は専用アプリケーションをインストールしたパソコンやデバイスから行います。
移動時にはapp上でコースガイドも表示され、直感的な操作が可能です。



【Beam+主な特徴】

・バッテリー駆動で連続2時間使用可能
・10インチの液晶ディスプレイ
・2つの640×480 HDRカメラ (30fps)
・高音質な4-マイクロホンアレイ
・デュアルバンドWiFi (2.4GHz or 5GHz)
・専用充電ドック付(120Vもしくは240V)
・最高移動速度 0.4m/s
・高134.4×幅31.3×奥行41.7(cm) / 17.7kg

アプリケーションをインストールしたパソコン (Winodws/Mac OS X)、
デバイス端末 (iOS/Android) から操作可能です。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Beam+ / 遠隔操作で自走するプレゼンスシステム
メーカー (Suitable Technologies, Inc.) WEBサイト

研究PC関連更新情報

2016.07.19

【新着事例】Deep Learning 用途 K80x8 (16GPU)搭載マシン


研究PCおてがら屋に、
「Deep Learning 用途 K80x8 (16GPU)搭載マシン」 の事例をアップしました。


pc-4054.jpg

お客さまより、
ディープラーニング用途のワークステーションのお問い合わせをいただきました。

仕様については
CPU: Xeon E5-2697v3 (2.60GHz 14コア) ×2」
「GPU: TESLA K80 ×8」 というご指定をいただいており、
それに沿ったものとしています
(CPUはご指定に沿ってv3としましたが、v4でのご提供ももちろん可能です)。

またメモリとSSDは、950万円のご予算内で
可能な限り搭載したいということでしたので、
「メモリ: 256GB (
ECC LR-DIMM)」  「SSD: 1.2TB S-ATA」
としています。

こちらの仕様では、
消費電力の関係上
電源の供給は200V以上で4本必要となります。


【主な仕様】
Xeon E5-2697v3 x2 (2.60GHz 14コアx2)
メモリ256GB ECC LR-DIMM / 1.2TB SSD S-ATA / GigabitLAN x2
4Uラックマウント筐体 +1600W リダンダント電源 x2 (合計3200W)
TESLA K80 x8 +GPU搭載用オプションキット / CentOS 7 64Bit
「あんしん+」5年保証


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
Deep Learning 用途 K80x8 (16GPU)搭載マシン

ページの先頭へ