テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】300万超 計算サーバ (三次元熱流体解析用)

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.04.15

【新着事例】300万超 計算サーバ (三次元熱流体解析用)


研究PCおてがら屋に、
300万超 計算サーバ (三次元熱流体解析用) の提案事例をアップしました。


pc-3915.jpg

お客さまからのご要望で、三次元熱流体シミュレーション用マシンの
予算申請用としてのたたき台お見積りを提示させていただきました。


具体的な内容としては
1台300万前後の構成を2台、合計700万(税抜)以内のお見積りで、
物理コア数は合計36コア、メモリ容量は512GBと できるだけ多く搭載し、
OSはRedHat Enterprise Linux Workstation としています。
さらに8TBの大容量HDDをRAID10で構築し、スペアを持たせた構成です。
なお電源ユニットは冗長構成となります。
現時点でビデオカードの性能は重視しないとのことでしたので
お見積もりではHD6450としていますが、
必要に応じてビデオカードの変更は可能です。


【主な仕様】
Xeon E5-2699v3 (2.30Hz(TB 3.6GHz) 18コア) x2
メモリ512GB (ECC LR-DIMM) / 8TB S-ATA HDD x6 (RAID10 / 2台スペア設定)
HD6450 / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ
GigabitLAN x2 / タワー筐体 + 1200W リダンダント電源
RHEL Workstation Standard 1-2sockets Up to 1guest 3year


事例の詳細はこちらをご覧ください
300万超 計算サーバの例 (三次元熱流体解析用)



ご予算に合わせたPCのご提案はテガラの得意とするところです。
ぜひお気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ