テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】予算300万円の計算サーバ 2種類

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.03.25

【新着事例】予算300万円の計算サーバ 2種類


研究PCおてがら屋に、
予算300万円の計算サーバ 2種類の提案事例をアップしました。

pc-3909.jpg

お客さまからのご要望で、
予算申請用として300万円クラスのマシン2種類の
たたき台を提案させていただきました。

細かいパーツの指定がありましたが、
最終的には弊社にて組み合わせの整合性がとれたもの、
コストパフォーマンスに優れたものでの提案とさせていただいております。


パターン1 「
GPU搭載モデル

SC747BTQ-R1K62B.jpg

こちらの仕様に関しては、TESLAのK80をご指定でした。
TESLA K80にはアクティブFANモデルがないため、
ケース側にTESLA用の冷却の仕組みがあるものとしております。
また、ご希望により、拡張RAIDコントローラーによる、
SASドライブのRAID10構成としております。


【主な仕様】
Xeon E5-2697v3 (2.60GHz 14コア) x2 / メモリ256GB (ECC+REG)
300GB SAS x4 (RAID10) / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード)
DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー筐体 + 1620Wリダンダント電源
CentOS 64Bit / TESLA K80 +GPUFANキット


事例の詳細はこちらをご覧ください
300万計算サーバの例1(GPU搭載モデル)




パターン2 「並列計算特化モデル

AS-4041GA-62R_F.jpg

こちらの仕様に関しては、数値計算専用といういうことで、
パターン1 に比べ、CPUコア数に比重を置き、
並列計算に特化した構成としております。
GPUはQuadro、
ストレージはIntel DCシリーズSSD +拡張RAIDコントローラーによる
RAID10構成としております。



【主な仕様】
Xeon E5-2699v3 (2.30GHz 18コア) x2 / メモリ256GB (ECC+REG)
480GB Intel DC SSD x4 (RAID10) / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード)
DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー筐体 + 1400W電源
CentOS 64Bit / Quadro K620 +内部追加クーリングFAN


事例の詳細はこちらをご覧ください
300万計算サーバの例2(並列計算特化モデル)



ご予算に合わせたPCのご提案はテガラの得意とするところです。
ぜひお気軽にお問い合わせください。




ページの先頭へ