テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】TITAN X 3枚搭載 VR開発環境構築用マシン

新着情報

研究PC関連更新情報

2016.02.26

【新着事例】TITAN X 3枚搭載 VR開発環境構築用マシン


研究PCおてがら屋に、
「TITAN X 3枚搭載 VR開発環境構築用マシン」 の事例をアップしました。


pc-3875.jpg


VR開発環境構築用マシン 事例No.PC-3794 をベースとした、
高精度シミュレーションやVRの構築を目的とする
PC導入のお問い合わせをいただきました。

MATLABのParallelComputingToolboxを使ったGPUによる高速化、
HDL Coderを使ったFPGAによる高速化を検討されており、
PC-3794のディスク容量やOSを変更したうえで、
TITAN X 4way が可能な構成の提案をご希望とのことでした。


頂いたご要望により、
Core i7のWSタイプをベースに
Geforce TITAN X を複数搭載可能な構成にて提案させていただきました。

今回は予算との兼ね合いでTITAN Xは3枚仕様としておりますが、
論上は4枚搭載も対応できる構成です。
メモリはCore i7クラスではIntel指定容量最大の64GBとなります。

OSはWindows からLinux(Ubuntu) に変更し、
ディスク容量は

SSD 960GB → 480GB
HDD 2TB →
4TB  x2 へと変更しております。


【主な仕様】
Core i7 5960X (3.00GHz 8コア) / メモリ64GB / 480GB SSD / 4TB HDD x2
DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / キューブ型筐体 + 1500W電源 
Geforce TITAN X x3 / Ubuntu 64bit




事例の詳細はこちらをご覧ください
TITAN X 3枚搭載 VR開発環境構築用マシン



ページの先頭へ