テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】NVMe SSDを搭載した3次元動的構造解析マシン

新着情報

研究PC関連更新情報

2015.12.08

【新着事例】NVMe SSDを搭載した3次元動的構造解析マシン


研究PCおてがら屋に、
「NVMe SSDを搭載した3次元動的構造解析マシン」の事例をアップしました。


pc3636.jpg

予算50万程度で、FLAC3Dを利用した
3次元動的構造解析を想定したマシンのご相談を頂きました。

システムディスクはPCI-E接続のSSDを採用することで
アクセススピードをできるだけ高速にしたいと希望なさっており、
その他にもCPUクーラーは水冷、ビデオカードにはQuadroを搭載したい
といったご指定をいただいています。

ご依頼頂いたとおり、システムディスクにPCI-E接続の高速SSD、
またデータ用に1TB HDDを搭載しております。
基本的に、ご要望頂いたスペックはすべて満たしつつ、
CPUに関しては FLAC3D メーカーサイト を参考に、
6コアをベースにてご提案させていただきました。


【PC内部の様子】

pc3636_inside.jpg




事例の詳細はこちらをご覧ください
NVMe SSDを搭載した3次元動的構造解析マシン


ページの先頭へ