テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 【新着事例】PCI-E接続の高速SSDを搭載したLinuxマシン

新着情報

研究PCおてがら屋

2015.11.04

【新着事例】PCI-E接続の高速SSDを搭載したLinuxマシン


研究PCおてがら屋に、
「 PCI-E接続の高速SSDを搭載したLinuxマシン 」の提案事例をアップしました。

3593.jpg

容量128GB以上のPCI-E(M.2)接続のSSD から
openSUSE(13.2 64bit)をブート可能な、機器制御用マシン
...という内容のお問い合わせをいただきました。
ご予算は30万円ほどで、ディスクアクセスが高速であればあるほど良いとのことです。

CPUはCore i7-5930K (3.50GHz 6コア) 、メモリは8GB、
PCI-E(M.2)接続のSSDとして512GBの SAMSUNG SM951を搭載しました。
高速なディスクアクセスを必要とする場合、
現状では最も性能とコストパフォーマンスのバランスが取れた構成になるかと思います。
なお、データ用にHDDを搭載する事も可能です。

※SUSE以外のLinuxも選択可能です。ご相談ください。



こちらの事例で使用している
PCI-E(M.2)接続SSD、SAMSUNG SM951の転送速度を比較測定しました。
M.2スロット型SSD(SAMSUNG SM951)の実測転送速度レポート



事例の詳細はこちらをご覧ください
PCI-E接続の高速SSDを搭載したLinuxマシン


ページの先頭へ