テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】CAEソフトウェア向けPC

新着情報

研究PC関連更新情報

2015.10.14

【新着事例】CAEソフトウェア向けPC


研究PCおてがら屋に、
「 CAEソフトウェア向けPC 」の提案事例をアップしました。

3523.jpg
 
CAEソフトウェアを用いて
有限要素法による構造解析を行うためのPCのご相談をいただき、
テガラが製造・販売しているスタンダードPC「TEGSTAR Professional」をベースに
ご予算20万円ほどで最適な構成をご案内しました。

メモリは32GB程度をご希望でしたので、その通りに確保し、
CPUはクロックを重視したもの(Core i7-6700K - 4.00GHz 4コア)を選定しました。
ビデオカードはソフトウェア側で動作確認が取れている
Quadro K620 とし、
ストレージ(※)には1TBのHDDを採用しています。

※2015年10月時点のTEGSTAR Professionalのカスタム構成では、
 超高速SSD「SM951」を選択可能です。




事例の詳細はこちらをご覧ください
CAEソフトウェア向けPC



ページの先頭へ